いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!

いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!かみやフィッシングクラブ(KFC)の月例会でメバルシロギスリレー。メバルシロギス東京湾を代表する癒し系の釣り。小気味よい引きに楽しく癒される1日という企画だったはずなのだが……東京湾は厳しかった。でも、厳しい中にも優しさを見せてくれて美味しそうなアイナメ35センチ!!

いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!メバルシロギス…道具立てが全く違う。竿はもちろん、使うリールも両軸とスピニングだし、錘も20号と15号だしとほとんど共通で使える道具がないので想像以上の大荷物に。シロギス竿は2本持っていこうかと思っていたが、これ以上荷物を増やすと船宿にたどり着く前に嫌になっちゃいそうだったので1本にしておく。桟橋に着くとメバルの特等席である左舷は満員。右舷舳が空いていたので釣り座を決める。舳が空いてた理由……釣り座を確保したあとで教えてもらう。「今日、午後から春一番吹くかも」。右舷の他の席も埋まっていっていたので今さら席は変えられない。海、荒れませんようにと神頼み。

■癒してくれないメバルに悪戦苦闘の前半戦。アイナメに救われる

いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!定刻の7時半の少し前に出港。船長からのアナウンスは「40分ほど走ります」だった。本牧沖からスタートだとばかり思っていたら、随分手前の扇島のシーバースで減速。メバル釣りでは初めて攻めるポイントだ。ストラクチャの下に船を入れての釣りとなった。構造物の影に大型のメバルが潜んでいる可能性があると期待して仕掛けを投入したのだが……何もない。メバルどころかカサゴも食ってこずにそのポイントから撤退。今日は厳しいかもな予感。

いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!その後大黒防波堤でこれまた魚信なし。本牧海づり公園沖へ。ここでようやく本日最初の魚信。心の準備ができてなかったので、十分食い込ませる前に竿を持ち上げてしまい空振り。もう一度落とし直して、粘っていると竿先がフルフルと揺れてからグゥと手元に重さを伝えながら沈んでいく。釣り開始から1時間近く経って本日1匹目のメバル、24センチ。ようやくメバル釣りらしくなるかな?と期待するも、その後再び沈黙。

いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!結局、南本牧の国際埠頭へ。ここも渋い。渋いけどここしか釣れそうなポイントはないようで、東京湾奥出船のメバル船のほとんどがここにいた。リリースサイズのメバルカサゴは何匹か釣れたがそれっきり。すぐ目の前に壁があるポイントで、今がチャンスと壁際に仕掛けを放り込むと根掛かり?な感じに竿先がグゥ~ンと沈む。竿を立てて巻き上げてみるとドラグが少し滑りながらも巻き上げられる。メバルのギューンって感じの力強い引きではなく、ときどきいやん♪いやん♪と暴れる(首を振る)この引き、東京湾ではなく北海道で経験がある。海面に姿を現したのは35センチのアイナメ。これにて本日前半戦メバル釣りの見せ場は終了。
いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!

■良型ダブルに冬のシロギスちょろいかもと考えたのがいけなかった?

いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!11時になるとシロギスにリレーして、中ノ瀬に移動。このころから風が少し強くなってきていた。水深は18メートル。パラシュートではなくエンジン流しでの釣りだった。冬場のシロギスの釣り方はよく分かってないので、水深を気にせずロングキャスト。竿を扇状に動かしながら仕掛けを引いてくると、竿先プルプル。ゆっくり竿を持ち上げて針掛かりさせる。夏のシロギス釣りと同じ要領で釣れた。サイズもいい。20センチの良型だった。
いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!

いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!その後もキャストして引いてくれば、魚信が出る。良型シロギスのダブルなんぞも達成し、冬のシロギスってちょろいかもなんて不遜なことを考えたのがいけなかった。東京湾の釣りの神様が気を悪くされたようで、風はどんどん強まり、海荒れまくり。魚信がほとんどなくなってしまった上に、たまにあった魚信も船が上下して糸が弛んだり、急に張ったりするせいでアワセられずに、ぱったり釣れなくなる。結局17匹だけで沖上がりの時間に。

いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!船酔いしてちょぴり胸が悪くなりながらも無事帰港。この日はあまり良型のメバルが出なかったようで、アイナメを大物賞にしてもらえる。賞品はかみやオリジナルメバル竿。試しに振ってみると、5:5調子で竿先はペニョンペニョン。こんな調子の船竿は見たことがない。触ったことがある竿で一番似た竿は渓流竿のような気がする。普段マゴチ竿でメバルを釣っているので、この竿でメバルを釣るとどんな感じなのか、一度試してみたい。



Twitter

2014年03月16日 19:46

« フォースマスター400にスーパーAIRコードはマジでお勧め | メイン | 北海道では下魚扱い…東京湾では高級魚♪になるアイナメ »

最近の釣りに行った記事

小サバ湧いてカイワリお留守。カンパチはいてくれたよ~
新山下デビュー戦は美味しいサイズのベイブリアジ17匹♪
25cmが小さく見える尺超え×2で夏カイワリ攻略の糸口!?
ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと
タコを釣ったらキャーキャー騒ぐへたれなおっさんが8杯♪
本日、大人はウィリーにおさわり禁止…カイワリほげたぞ
居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹
天秤&仕掛けを和彦丸SPにしてシロギス58匹でにんまり
アカムツどころか魚信が一度もなく城ヶ島沖で大撃ち~ん
暑さとサバに無口になるも船長冴えててカイワリを9匹!!
あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い

著者: へた釣り