いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!

いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!かみやフィッシングクラブ(KFC)の月例会でメバルシロギスリレー。メバルシロギス東京湾を代表する癒し系の釣り。小気味よい引きに楽しく癒される1日という企画だったはずなのだが……東京湾は厳しかった。でも、厳しい中にも優しさを見せてくれて美味しそうなアイナメ35センチ!!

いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!メバルシロギス…道具立てが全く違う。竿はもちろん、使うリールも両軸とスピニングだし、錘も20号と15号だしとほとんど共通で使える道具がないので想像以上の大荷物に。シロギス竿は2本持っていこうかと思っていたが、これ以上荷物を増やすと船宿にたどり着く前に嫌になっちゃいそうだったので1本にしておく。桟橋に着くとメバルの特等席である左舷は満員。右舷舳が空いていたので釣り座を決める。舳が空いてた理由……釣り座を確保したあとで教えてもらう。「今日、午後から春一番吹くかも」。右舷の他の席も埋まっていっていたので今さら席は変えられない。海、荒れませんようにと神頼み。

■癒してくれないメバルに悪戦苦闘の前半戦。アイナメに救われる

いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!定刻の7時半の少し前に出港。船長からのアナウンスは「40分ほど走ります」だった。本牧沖からスタートだとばかり思っていたら、随分手前の扇島のシーバースで減速。メバル釣りでは初めて攻めるポイントだ。ストラクチャの下に船を入れての釣りとなった。構造物の影に大型のメバルが潜んでいる可能性があると期待して仕掛けを投入したのだが……何もない。メバルどころかカサゴも食ってこずにそのポイントから撤退。今日は厳しいかもな予感。

いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!その後大黒防波堤でこれまた魚信なし。本牧海づり公園沖へ。ここでようやく本日最初の魚信。心の準備ができてなかったので、十分食い込ませる前に竿を持ち上げてしまい空振り。もう一度落とし直して、粘っていると竿先がフルフルと揺れてからグゥと手元に重さを伝えながら沈んでいく。釣り開始から1時間近く経って本日1匹目のメバル、24センチ。ようやくメバル釣りらしくなるかな?と期待するも、その後再び沈黙。

いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!結局、南本牧の国際埠頭へ。ここも渋い。渋いけどここしか釣れそうなポイントはないようで、東京湾奥出船のメバル船のほとんどがここにいた。リリースサイズのメバルカサゴは何匹か釣れたがそれっきり。すぐ目の前に壁があるポイントで、今がチャンスと壁際に仕掛けを放り込むと根掛かり?な感じに竿先がグゥ~ンと沈む。竿を立てて巻き上げてみるとドラグが少し滑りながらも巻き上げられる。メバルのギューンって感じの力強い引きではなく、ときどきいやん♪いやん♪と暴れる(首を振る)この引き、東京湾ではなく北海道で経験がある。海面に姿を現したのは35センチのアイナメ。これにて本日前半戦メバル釣りの見せ場は終了。
いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!

■良型ダブルに冬のシロギスちょろいかもと考えたのがいけなかった?

いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!11時になるとシロギスにリレーして、中ノ瀬に移動。このころから風が少し強くなってきていた。水深は18メートル。パラシュートではなくエンジン流しでの釣りだった。冬場のシロギスの釣り方はよく分かってないので、水深を気にせずロングキャスト。竿を扇状に動かしながら仕掛けを引いてくると、竿先プルプル。ゆっくり竿を持ち上げて針掛かりさせる。夏のシロギス釣りと同じ要領で釣れた。サイズもいい。20センチの良型だった。
いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!

いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!その後もキャストして引いてくれば、魚信が出る。良型シロギスのダブルなんぞも達成し、冬のシロギスってちょろいかもなんて不遜なことを考えたのがいけなかった。東京湾の釣りの神様が気を悪くされたようで、風はどんどん強まり、海荒れまくり。魚信がほとんどなくなってしまった上に、たまにあった魚信も船が上下して糸が弛んだり、急に張ったりするせいでアワセられずに、ぱったり釣れなくなる。結局17匹だけで沖上がりの時間に。

いやん♪いやん♪と抵抗するアイナメを引きずり出しドヤッ!!船酔いしてちょぴり胸が悪くなりながらも無事帰港。この日はあまり良型のメバルが出なかったようで、アイナメを大物賞にしてもらえる。賞品はかみやオリジナルメバル竿。試しに振ってみると、5:5調子で竿先はペニョンペニョン。こんな調子の船竿は見たことがない。触ったことがある竿で一番似た竿は渓流竿のような気がする。普段マゴチ竿でメバルを釣っているので、この竿でメバルを釣るとどんな感じなのか、一度試してみたい。



Twitter

2014年03月16日 19:46

« フォースマスター400にスーパーAIRコードはマジでお勧め | メイン | 北海道では下魚扱い…東京湾では高級魚♪になるアイナメ »

最近の釣りに行った記事

釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日

著者: へた釣り