フィッシングショーでシーボーグvs.フォースマスターに決着!!

フィッシングショーでシーボーグvs.フォースマスターに決着!!ジャパンフィッシングフェスティバル2013の目的の1つが、シーボーグ150Jにすべきかフォースマスター400にすべきか、どちらを買うかで頭を悩まし続けている小型電動リールの結論を出すことだった。ほかにもいくつか気になる製品を見つけたので、お買い物リストを兼ねてレポートする。

フィッシングショーでシーボーグvs.フォースマスターに決着!!フィッシングショーといえば、釣り具フェチの祭典であるはずなのだが、めぼしい新製品は既に2月頭の大阪フィッシングショーで発表されてしまっている。既に店頭に並んでいる物も多く、新製品を見て感動したいなら大阪まで行かなきゃダメなのかなぁ~と思っていたり。それにしても、大阪と横浜のフィッシングショーってどうして1月半以上も間が空いているんだろう? ブースなどはほぼ流用されていることを考えると、近い時期にまとめてショーを開催した方がメーカーも楽だと思うんだけど……。ショーの目玉がアングラーズアイドル候補のフラフープバトルや釣りドルのサイン会では…ちょっと寂しい気がする。フィッシングショーでシーボーグvs.フォースマスターに決着!!今回、へた釣り的な新製品の目玉は小型電動リールだった。シーボーグ150Jは店頭で既に触ってしまっている。フォースマスター400は初めて触れたが、最初に手にした感動に時間的な隔たりがあるため、こっちに決~めたという直感が働きにくいと感じているのはへた釣りだけだろうか?

■シーボーグ150Jはウィリーためにある!? シングルはダブルに換装可

フィッシングショーでシーボーグvs.フォースマスターに決着!!シーボーグ150Jの展示ブースに、よく分からないことを質問しにいく。「あの~、ドラグとかも違うって聞いてるんですが、ダブルハンドルとシングルハンドルはどういう基準で選べばいいんですか?」。展示担当者はよく分かってないヤツが来たぞとちょっと弱った様子で、「釣り物によって選ぶのが一番ですよ」とカタログを開いて説明してくれる。LTタックルで釣りたいというのであればダブルハンドルの方がという結論になりかけたのだが、カタログにはウィリーはダブルでとは書いてない。「あの~、ウィリーだとどっちがいいんですか?」。相手は釣りのプロでこっちはへた釣り。成績のよろしくない小学生が先生に質問しているような口調にどうしてもなってしまう。生徒にやる気(買う気w)を出させるのも先生の勤め。「ウィリー! シーボーグ150Jはまさにウィリーのためにあるようなリールです!!」と、展示品でウィリーシャクリをやってみるように促される。

フィッシングショーでシーボーグvs.フォースマスターに決着!!確かにダブルハンドルならすぐにリールのハンドルに手が伸ばせるので、シャクった後の動作に入りやすい。やっぱりダブルハンドルなのかなぁ~と思いつつ、ダブルハンドルは不要って結論に以前至ったことを思い出しまだ悩んでいると、これ以上教えることが思いつかない先生も困ったようで「迷っているならシングルハンドルがいいですよ。ダブルハンドルはシングルハンドルにできませんが、シングルハンドルを買っておけばダブルハンドルに付け替えられます」とのこと。ダブルハンドルのパーツ組みは1万円くらいするので価格的には上がるが、ダブルかシングルか悩んでいるなら将来どちらにも使えるシングルハンドルのモデルにしておけばいいってことらしい。というわけで、シーボーグを買うなら150Jという右ハンドルのシングルモデルに決定した。へた釣りに掴まってしまったダイワの展示担当者さま……何も分かってない人の話に長時間付き合っていただき、感謝!!

■軽さが魅力。手が大きいのでダイヤル操作もOKなフォースマスター

フィッシングショーでシーボーグvs.フォースマスターに決着!!フォースマスター400は初めて触った。軽いとは聞いていたが、持ってみると確かに軽い。イサキ釣りに使っている手巻き両軸のSC小船800XHよりもひょっとしたら軽いかもと驚き、自重を聞いてみると385グラムとのこと。のSC小船800XHの自重は390グラムとあるので、電動リールでモーターが入っているはずなのにカタログスペック上でも軽かった。一日ウィリーシャクリを続けられることが確認できている重さなのがうれしい。実際に持ってみると、手が大きいへた釣りの場合、どのボタンにも親指1本で届いてしまうコンパクト設計。パワーレバーの位置はシーボーグ150Jのジョグダイアルの方がいいかなと思っていたが、誤操作で巻き上げスイッチがオンになりにくいフォースマスターのスマートダイアルの方が実は使いやすいかもって気がしてきた。これまたウィリーシャクリの素振りをしてみた。ダブルハンドルを触った後なので、シャクリあげた動作のあとにハンドルを握るのがもどかしさを感じるが…もともとシングルハンドルでやっていた釣りなのでこれで十分。念のため「ダブルハンドルにできます?」と聞いてみると「1万2000円しますが、夢屋のパーツが使えます」とのこと。「パワーとドラグのバランスを考え抜いて設計したリール。大型の魚だってこれで十分獲れる」との説明が心強い。

フィッシングショーでシーボーグvs.フォースマスターに決着!!そろそろ結論を出すべきだ。フィッシングショーに行く前までは実はシーボーグ150Jが本命だった。ブースもまずダイワに行った。でも、フォースマスター400にしようと気が変わった。一番の理由は軽さ。1日シャクリ続けるウィリーなので軽さは魅力。スマートダイアルが使いやすいかどうかだけが不安だったのだが、これも親指1本で操作するのに何の問題もなしと確認できた。ダメ押しが価格。シーボーグ150Jの実勢価格は5万9000円前後なのに対して、フォースマスター400の実勢予想は4万6000円前後。1万3000円の差は節約モードで購入費用を貯めているへた釣りには大きい。1万3000円あれば釣り物によって使い分けられるようにダブルハンドルが買えちゃうのである。というわけで、5月末までに4万6000円貯めて、フォースマスターを買う。イサキ釣りも電動でやっちゃおうかなぁ~。

■T3は買うならSVに変更。フリーズドライ餌になぜか触手がピクピク

フィッシングショーでシーボーグvs.フォースマスターに決着!!ダイワのブースではシーボーグ150J以外にもいろいろ楽しい展示があった。カウンタックみたいで格好いい!!と気になっていたT3 MXにも初めて触ったのだが……TWSのローエンド機なので持った感じが少し安っぽいと感じる。スーパーカーに憧れる子供のような気分で買いたいリールなので、ここはお金をケチってはいけないという気になった。すぐ横にT3 SVという6月発売予定のモデルが。こちらも手に取ってみると、スーパーカー気分を味わうならこっちだなぁ~と思い知る。ソルト対応だし、買うかなT3 SV。フィッシングショーでシーボーグvs.フォースマスターに決着!!もう1つスーパーメタルトップ体感機を触らせてもらった。グラスソリッドトップとスーパーメタルトップの竿を並べて海中からのカワハギの魚信がどのように手元に伝わってくるかの差が体験できるという展示。左右両手に竿を握って海中のカワハギの映像を見ながら竿の感度を確かめる。しばらくやってみたのだが……その差がよく分からない。あれ? あれ? って感じで怪訝な顔してやり続けていたら、展示担当者さんに「はっきり違いが分かるでしょ?」と声をかけられる。これには弱った。違いがよく分からないのでずっと触り続けていたのである。「え? あ…はい……よく分からない」と答えると、「そんなことはないはず、映像によく集中して」と言われる。カワハギ釣りをする人のほとんどが認めるスーパーメタルトップの感度を台無しにしてしまう手感度の悪い男、それがへた釣りってことなのかも。

フィッシングショーでシーボーグvs.フォースマスターに決着!!VAGABONDというブースで見つけた「ボンドベイト」というフリーズドライ餌がものすご~~~く気になる。フリーズドライ食品というのはよく目にするが、釣り用の餌までフリーズドライしちゃうなんて……。5分~10分水に漬けて戻すと餌として使える状態に戻るらしい。マムシ(イワイソメ)やイソメ、コイカ、ムキガイ、エビ、ミルワームなどがフリーズドライされていた。水で戻すと生きかえるわけではないので、ルアーのように動かして誘い続けるのが基本みたいだが、見た目だけでなく臭いも味も本物なわけでルアーにバイトがないときの必殺餌になるようだ。2年間、常温で放っておいても大丈夫なので、タックルケースの隅っこに常備しておけってことかな。

■釣りガール商品に子供が反応。キティロッド&手が汚れないサビキ

フィッシングショーでシーボーグvs.フォースマスターに決着!!子供たちが激しく反応していたのがエム・オンブースで展示されていたハローキティロッド。第一声が声をそろえて「かわいい~~~~~」である。ピンク色のブランクに小さなキティちゃんのイラストでデコってある。トラウト、バス、アジング、メバリング、エギング、シーバスなどのラインアップがあり、値段も手ごろだったので、そこまで気に入ったのなら1本ずつくらい買ってやってもいいかなぁ~という気にさせてくれる。かわいい竿袋も付いているので、子供たちの誕生日プレゼント用にどうかなぁ~っと。

フィッシングショーでシーボーグvs.フォースマスターに決着!!釣りガールを意識した商品はフィッシングウェアを中心にほかにも展示されていた。子供1号はときどき反応していたが、へた釣りは女の子の服に興味ないのでスルー。唯一こういう釣りガール向けの商品展開もあるんだなぁ~と感心したのが、第一精工で参考展示されていた「サビキカゴ アミグリップ」。ピンクのサビキカゴに手を汚さずにコマセを詰められるというだけのものなのだが、ちょっぴりデザインを考慮するだけで商品が与えるイメージって変わるもんだなぁ~驚いた。子供2号に「今度、釣り行くまでにこれ買って」とねだられるが、まだ売ってないw



Twitter

2013年03月25日 17:56

« 大阪のおばちゃん視点でみるとフィッシングショーは惨敗だ!! | メイン | マゴチ好調! 乗合船が続々開始するも…ウィリー一途で!? »

最近の釣りに行った記事

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す

著者: へた釣り