三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗

三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗ちょっぴり自信があったんだ。沖のウィリーは昨シーズン3戦して全戦クーラーが満タン。釣れるのが当たり前だと思っていた。だからカイワリ、アマダイ、オニカサゴの三兎を追うぞと粋がっていた。蓋を開ければ一兎をも得ずな大惨敗。メダイの引きに一瞬夢が見られただけでゲームセット。

三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗甘く見すぎていた。三兎追う宣言に「何でもいいからと狙うと釣れすぎる釣りなので、これくらいの目標を立てて、夢破れてから、何でもいいから釣ってやるぅぅうう!!と涙目でウィリーシャクリに勤しむのも面白いのではないかと」なんて書いている。身の程知らずのへた釣りは開幕戦から涙目でウィリーシャクリに勤しむことになった。船は金沢八景・一之瀬丸。少し風が吹きそうだけど、土曜日の方が空いてそうなので三兎を狙いやすかろうと、凪予報の日曜日ではなく土曜日に出撃。舐めすぎだ。釣りの神様にきっちりお灸を据えられた。

■沖のウィリー開幕戦第一投でオキメバルの一荷。出だしだけは好調

三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗なかなか寝付けずほぼ徹夜で始発に乗って金沢八景へと向かう。電車の中で目蓋が重く、ときどき記憶が寸断する。乗りすごすことなく金沢八景駅に降りられたのが奇跡なくらい朦朧としていた。この時点で風はさほどではない。船宿の席札を見ると、予想通り空いている。左舷の舳に釣座を決める。左舷は結局3人だけ。前日の釣果があまり芳しくなかったことは知っていたが、この時点では釣れない予感なんて微塵もない。船は1時間ほど走って館山沖へ。少し波はあるが本格的に荒れるのは沖上がり直前からだと思っていた。

三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗館山沖に着いてみると、思った以上に風が強い。白波は立っていないがウネリがあるので、ちょっと釣りにくい。船はなかなか止まれずに魚の反応を探す。ようやく止まって「アジだと思いますが、底から10メートルまで反応でてますよ」という船長のアナウンスで釣り開始。アジを狙うという経験を沖のウィリー五目でしたことがなかったので、このとき初めて嫌な予感がよぎる。水深80メートル。アジなので30センチ刻みの速めのシャクリ。魚信はすぐに出た。アジっぽくないぞ? と思ったらオキメバルのダブルでスタート。オキメバル用にシャクる速度を落とすと、すぐに1匹追加でき、やっぱり釣れるんじゃん♪と有頂天。
三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗

■久々にハードな船酔い。今日はダメだぁ~、このまま寝ちゃおうかなぁ

三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗よかったのは最初の数投だけで、あとが続かない。いい反応が見つからないようで、船がなかなか止まれない。大流し気味に攻めるしかないような時間帯が続き、船長の指示は「ウィリー針にもオキアミ付けて、ハリス分底切って。コマセは撒かなくていいです」。アマダイ狙いに作戦を切り替えたようだ。ヒメやアズマハナダイ(だと思う)は釣れるがアマダイの魚信はない。移動、移動を続けて11時前にようやくウィリー釣りに戻る。またも「アジの反応」とのアナウンス。今度は本当にアジだった。30センチくらいのアジを3匹ほど釣る。カイワリ混じらないかなぁ~と速めのシャクリを繰り返すが、アジも入れ食いって感じではなく。忘れたころに釣れる程度。
三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗

三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗昼前から風がどんどん強くなり、波は2メートル近い感じになってくる。高い波を乗り越えての移動の繰り返し。飛沫を被りまくって、釣るぞという気力がどんどん削られていくという展開。寝不足のせいで気分まで悪くなってくる。飛沫を避けてキャビンに逃げ込み横になると、「今日はダメだぁ~、このまま寝ちゃおうか」なんて普段のへた釣りではありえないことまで考え始める。軽く船酔いするのは毎度のことだが、釣りをやめて寝てたいってレベルの船酔いは何年かぶり。このままでは終われないと自分を奮い立たせるのだが、今日は頑張ったって釣れないよって気分がどんどん強くなっていく。黒い服が真っ白になるくらい飛沫を被るとやる気が……。
三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗

■メダイが釣れて××ダイに愛された男のジンクスだけがなんとか継続

三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗船は風を避けて、北上し保田沖へ。館山沖よりはいくらかマシなんだろうけど、ここはここで海が悪い。魚の反応もよろしくないようで……ここでも船がなかなか止まれない感じ。船酔い&飛沫攻撃に辟易して「釣れなくてもいいから移動しないでぇ~」と言いだす始末。船長もそのへんの事情を汲んでくれたようで、「コマセを撒いてしばらくここで粘りましょう」。そしてそれがやってきた。本日唯一のまともな手ごたえ。魚信の出方はアジに似ていたが、この重量感はアジではない。アマダイでもオニカサゴでもない未知の手ごたえ。釣れてきたのはメダイ。目がクリッとして愛らしいけど、ヌルヌルなお魚。キツネダイマトウダイアマダイときてメダイ。沖のウィリーをやると未知の××ダイが釣れるというジンクスだけは生きていたようである。

三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗その後、アジとシロムツ(ワキヤハタ)を追加して、沖上がりの時間に。「今入っている仕掛けが上がったら片づけてください」って言われた瞬間に電動リールの巻き上げレバーをフルパワーにしてたもんね。船酔いがかなり限界に近付いていたのである。釣果はオキメバル(~23センチ)×4、マアジ(~32センチ)×3、メダイ(38センチ・1.1キロ)×1、シロムツ(~22センチ)×2、ムシガレイ(15センチ)×1、ほかトラギス、ヒメがちょっとだけ。本日の教訓は寝不足だと船酔いするは本当。沖のウィリーは舐めたらあかん!……たぶん、来週も行く。
三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗三兎追うと宣言してたのにこの体たらく。沖のウィリーで大惨敗



Twitter

2013年03月16日 19:51

« あ~あ、アジ…沖のウィリーはどうやら苦戦な感じの幕開け | メイン | 低活性時の沖のウィリー五目にはアマダイ仕掛けが必須かも »

最近の釣りに行った記事

6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹

著者: へた釣り