路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです

路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです下手だ。本当に下手だと船上で頭を抱える釣りだからハマるのが暑いこの時期限定で楽しめる浅場のタチウオだ。エサ取り名人と呼ばれるカワハギよりも難敵なのではないかと思っている。今日も船上で魚信はあれど針掛かりしてくれないタチウオ相手に涙目になりつつしのぎを削る。

路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです京急線は事故の影響で川崎・横浜間が運休している。本日始発から通常運転になると案内されていたが、朝起きて運行状況を確認すると復旧は昼以降に延期されていた。仕方がないのでもう1回ベッドへとはならない。起きてしまったらなんとしても釣り行きたいぃぃぃぃいいいいな駄々っ子モードに。品川から東海道線に乗って金沢八景駅に到着するルートを検索すると、戸塚で地下鉄に乗り換えて上大岡から京急線に乗るというルートが見つかる。これならなんとか辿りつけそうといつもより少し早めに家を出る。東海道のホームから「こんなルートで無駄にパワー使い中」とSNSに投稿するとシーバス師匠改めサンマ漁の未来は担ってません部長から「横浜から京急走ってませんか?」との指摘。本当だ……横浜駅で京急線に乗り換えてあっさりと、いつもより早い時間に一之瀬丸に到着した。今思うと東海道線から京急線に連絡できる路線を探して横浜を何故見落としたのかは…謎である。

■最初のポイントはシーパラダイス横!! 田浦沖で本日の1匹目、2匹目

路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです釣り物は午前タチウオ。桟橋に瀧本船長がいたので挨拶を兼ねて、船はどれですか?と聞くと、なんと午前タチウオ船の船長が瀧本船長だと知る。席も定位置の右舷舳だし、なんだか釣れそうな気がしてきた。定刻より少し遅れて桟橋を離れる。釣行報告には「八景沖~富津沖の浅場ポイント」とあったのでどこに行くのかな?と思っていたら八景島シーパラダイスを越えたらすぐに「仕掛けにエサ付けて準備しておいてくださいよ」とのアナウンス。ヘリポート付近のポイントで釣り開始となる。水深は15メートルくらいで底から7~8メートルを探るという指示だった。夜ならともかく、昼間っからこんなところにタチウオいるの?というポイントだがマゴチ釣りでもこの辺りをやったことがあるのでベイトが豊富でフィッシュイーターが集まってくるポイントなんだろうか? ただしこの日は何カ所か攻めたものの魚信なく、移動することに。
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです

路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです八景沖を離れて向かったのは田浦沖(吾妻島沖?)。2週連続でほかのこのポイントでタチウオを狙うことになった。ここではすぐに魚信があり誘いのリズムを変えずにいると最初の1匹は素直に食い込んだ。5分後にはもう1匹。今日は楽勝の日かもと気をよくしたが、たまたま迂闊なタチウオが1匹目、2匹目に魚信ってきたというだけで、3匹目以降はなかなか針掛かりしてくれない。魚信は30センチ刻みで少し速めに誘っているといい頻度で出るが誘い続けるとショートバイトが1回あったきりでエサを追ってくれない。それではと誘いの速度を落とすと魚信が全く出なくなる。例によってあー、うー、えーと母音の感嘆詞しか話せない頭の悪いおっさんになる。
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです

■誘い止めてゆっくり聞き上げで7匹。苦戦? いつもこんなもんだい

路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです結局、3匹目以降はショートバイトがあったら誘い上げるのをやめて一度竿を止めるというタチウオ釣りの定石とは違う方法で釣ることに。タチウオがエサにじゃれついているのを感じながらゆっくりと竿を持ちあげ、穂先を持っていく魚信になるのを待つ。打率は2割以下とよくないがほかに針掛かりに持ちこめる方法が見つからないのでこの方法に賭けるしかない。エサが齧り取られてなくなってしまうことが多かったが少しペースアップしていいペースで3匹目、4匹目、5匹目をゲットする。指2.5本も混じったが指3.5本級も。リリースサイズが混じらないのが救いだ。
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです

路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのですそのままペースアップせずに11時15分の沖上がりの時間を迎える。最後の20分になんとか2匹追加することができ7匹。先週8匹で今週は7匹。竿頭の人は15匹くらいとダブルスコア。ほとんど同じような釣果なので、これが実力なんだと思う。下船時に瀧本船長から「苦戦してましたね~」と声をかけていただく。タチウオに関してはいつもこんなものなので、当人には今日は特に苦戦したという印象はない。魚信は出せてるのに全くモノにできてない姿は船長からすると「苦戦」に映るようだ。「竿を止めてしまうとエサだけなくなりますよ」と教わったがほかに掛けようがなかった。浅場のタチウオってどうやったら釣れるねん!! 暑かったので午後船にはリレーせずに帰途に着く。
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです



Twitter

2019年09月07日 17:01

« 刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で | メイン | どうやったら釣れるねん!! 浅場タチウオ早々にギブアップ »

最近の釣りに行った記事

特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ

著者: へた釣り