撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪

撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪イサキカイワリに忙しくって久しぶりの羽田・かみやデカッw船長船。苦手なタチウオ、それも超苦手な浅場に挑戦する。リレー船なので目標は10匹。結果は8匹。健闘したともいえるがすぐ横で船長と呼ばれていた人は16匹釣っていたのでダブルスコア。アジも40匹くらいで下手だなぁ。

撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪6時20分のJR蒲田駅からの送迎バスを利用するので金沢八景に向かうより30分ほどお寝坊できる。なのに目覚ましよりぴったり30分前に目覚めるのだから俺の釣り用体内時計って結構正確なのかも。タチアジリレー船の受付番号は11番目。左舷の胴の間3番目に釣り座を決める。本日の余計なことの1つめは船べりの穴にビデオカメラをセットする棒。何日か前に見た三石忍先生の動画と似たアングルにならないかなぁと期待したのだが……。もう1つはアミノ酸とニンニクでタチウオを狂わせる二刀流。効果のほどは……。
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪

■アジ前半戦は癒されねぇな展開。タチウオは出だしだけは良かったが

撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪タチウオで酷い目に遭ってからアジに癒してもらうというパターンだと思っていたら、デカッw船長からのアナウンスは「先にアジやっていきます。横浜のブイ巡りをします」だった。30分ほどして辿りついたのは「よこはま2」と書かれた赤いブイ。ブイに寄せての釣りとなる。アジ釣りでできることは限られている。なるべく正確に底を取って、1メートル巻き上げてコマセを1振り、50センチ巻きあげてもう1振り、50センチふわりと持ちあげて待つ。潮が速いのでこのコマセワークを可能な限りスピーディに行う。魚信はなかなかない。本当にアジの反応あるの?と疑いだすとポツンと釣れる。船長が魚のいない場所に船をつけるわけがない。このポイントでは最後までこの調子で1時間ほど粘ったがサイズがよいのが6匹だけ。
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪

撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪タチウオに転戦する。ポイントは富津沖で水深18メートルくらい。底から3メートルくらいまで反応があるとのことだが追いかけてくることを期待して6メートルくらいを探ることに。30センチ刻みでフワフワと誘い上げているとすぐに魚信。一度掛け損ねるがフワフワと誘い上げ続けていると何度か餌にアタックしてくる感触がある。ただし、なかなか穂先をグンッとは持って行ってくれない。そろそろ餌全部齧り取られちゃうのではと不安になったその瞬間に穂先を引き込む魚信に。たぶん、船中1匹目の指3本のタチウオタチウオに関しては出遅れることが多いので、もしかして今年はちゃんと釣れるヤツに進化したかもと悦にいる。調子がよかったのは最初の1匹だけで以降は、魚信はあれども掛けられないいつものへたに戻った。富岡沖では3匹だけ。いずれも指3本。
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪

■田浦沖に至りタチウオ8匹。入れパクありでアジ40匹。そしてタコ3杯

撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪船は食い気のあるタチウオの群れを探して少しずつ南下する。小柴沖、八景沖で船団に合流する。へた釣りはいつもの通り掛け方がさっぱり分からずあいうえおから始まる感嘆詞しか喋れないお馬鹿な人と化す。餌を齧ってはくるけどチェイスはしてこず一齧りされて終わりというパターンが多かった。誘いがj速すぎるのかと速度を落とすと魚信がなくなる。魚信があったら竿をシェイクさせてみたり、少しだけペースを落として誘い上げ続けてみたりしたが状況は変わらず。すぐ左隣で何の苦労もなく船長と呼ばれていた人がタチウオを掛けていた。自分の下手さ加減を痛感するしかない。小柴沖、八景沖で3匹追加。さらに南下した田浦沖(吾妻島沖?)で2匹追加してタチウオは終了。結局何もつかめなかったが、タチウオ釣りに関してはいつもそうなので気にしないことにする。浅場で針掛かりした瞬間の猛烈な引きを8回も味わえたのでよしとする。
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪

撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪12時を少し過ぎから再びアジへ。デカッw船長が選んだ最初のポイントは南本牧沖。いきなりのダブルスタートでここで癒してもらえるのかと期待したが、あとが続かず5匹追加しただけ。横浜1の緑ブイを経由して至ったストラクチャーでようやく癒し系アジの群れに遭遇する。底2メートルのタナに合わせればすぐに穂先をグンと引き込む小気味よい魚信がある。1時間半ほど入れパクを楽しめたが、へた釣りはなぜかエイや謎の大型魚(姿見えず)に仕掛けを切られるなどのトラブル多発で数を伸ばせず。30匹くらい追加してアジは40匹で終了。タチウオ8匹、アジ40匹はいずれも半日船の目標の8割。でも、桟橋でチャマ名人からほど良い大きさのマダコを3杯お裾わけいただいた。タチウオ、アジ、マダコの3種お持ち帰りで釣行の満足度は上々だったりする。
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪



Twitter

2019年09月01日 20:12

« 釣行後ほんの5分のひと手間でPEラインの寿命が半永久に | メイン | 午前は好調で午後はダメ。何がカイワリの機嫌を損ねてる »

最近の釣りに行った記事

特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ

著者: へた釣り