有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く予想通りといえば予想通りだが、海が悪かった。船がポイントに至り、キャビンから出た第一声は「これ、ダメでしょ!!」。釣れる気が全くしない時間が続く。なんとか25センチ級を午前中にゲット。今季のカワハギはこれで終わり? 有終の美を飾る1尾が欲しいと言っていたら本当に来てくれた!!

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く風の予報は陸で10メートル、海上では15メートル。さすがにこんな日は釣り人が少ないだろうと思っていたら、京急品川駅には竿&クーラー持参の人の姿がちらほら。金沢八景駅で降りた釣り人はさすがに普段よりは少なかったが、その大半が金沢八景・一之瀬丸の感謝デー釣り大会に参加するために受付を目指す。こんな日に釣行するなんてアホだなぁと思ったが、自分もそのアホの1人である。カワハギ船は2隻出し。釣り座のクジを引くと「8-21」。8号船の21番という意味で西村船長船の右舷艫から2番目だった。一昨年優勝したときも昨年惨敗したときもこの席だった。3年連続同じ席なんて奇跡?と思っていたら大艫は埋まらずにVIPシートに格上げ。船は7時30分に桟橋を離れる。
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

■釣れる気しないレベルの激時化。ピカイチくん投入しできる釣りを

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く予報では朝のうちはまだいくらか風が弱く昼前から本格的に吹き始める。良型を選んで釣りやすい宙での釣りは朝のうちしかできない気がしたので、近藤名人がこの大会のために間に合わせてくださったピカイチくんSP炸裂・赤ピカイチくんの集魚効果を最大に活かせる3本針密集仕掛けを用意する。飛沫を被りそうだったのでキャビンに避難。船は約1時間かけて竹岡沖へ。戦闘開始と意気込んでキャビンを出た瞬間に戦意喪失。海の荒れ具合が想像を凌駕していた。台風が接近している日に行われた昨年の江戸前釣りサーキット大会カワハギの部よりも悪い。宙での釣りは無理と判断し、ピカイチくんを一投もせずに時化用仕掛けに付け換える。オモリから針まで30センチ放してゼロテンション以下をキープするという戦略だったが…それでもときどきオモリが底を切ってしまう。魚信は何度かあったが底での釣りが苦手な上に、波による上下で全く掛けられない。エサは取られるのでカワハギはいるのだが……。
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く焦れる。焦れるが有効な手が思いつかない。1つだけ間違いないのは、このまま釣り続けていても楽しくないし、魚を手にできる気がしない。どうせダメならという考え方がうまくハマることがある。ピカイチくんSP炸裂・赤と3本針密集仕掛けに仕掛けを戻す。底を意識してたまにトンとオモリが底に着くように竿を操作する。魚信があっても掛け方が分からないという状況はいっしょだが、宙で釣っているので知らないうちにエサがないということは減った。それだけでも前進である。1匹目のカワハギが釣れたのは10時40分頃。まずまずの引きで25センチくらい。これで検寸はしてもらえる。少しずつ釣り方が分かってきた。波で船が上がっているときはタタキなど激しい誘いを入れてアピール。船が下がっているときに集中して誘い下げて魚信を出す。底にオモリが着いたら少し待って聞き上げる。2匹目、3匹目と釣れるが……15センチに満たないものばかり。
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

■デカハギを釣った気分を味わえる有終の美飾る一尾がやっと来た!!

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く波も風も朝よりも少し弱まった。人間は順応する。どう考えても釣りやすいはずがない時化の海のままなのに随分と釣りやすくなったと感じる。バラシや掛け損ないは相変わらず多いが魚信はコンスタントに出せるようになってきた。でも、20センチを少し超えた物を1尾追加しただけでほかは15センチ以下ばかり。2018年カワハギの締めくくりにしては盛り上がりを欠く。「優勝サイズでなくていいから有終の美を飾れるサイズが欲しいなぁ」なんてことをほざいていたら、本当に来た。底から離すときに重量感があり竿を持ち上げるのに少し苦労する。巻き上げ中は竿を送っていなさないといけない激しい抵抗をみせる。ドラグが滑る。尺超え?という手応えだったが、計測してもらうと尺には足らず。29センチだった。優勝だって狙えるサイズのデカハギが釣れたことでなんとか格好がついた。
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く29センチを釣った少しあとに左舷舳がざわっざわっとする。船長もマイクで「デカいな」。32.9センチの竹岡沖の主サイズのカワハギが釣れた。これが優勝魚。もう1船でも尺超えが釣れていたようでこれが2位。へた釣りの29センチは3位に。賞品はダイワのライフジャケット。今使っているライフジャケットは桜マークなし。2022年まではこれでも罰則はないが、いずれ買い替える必要がある物だったのでこれはうれしい。大会にはチーム・ミニオンズのリーダーにしてステファーノGPファイナリストの中村名人も参加しており11位。仲良く並んで写真を撮る。朝、ポイントに着いた瞬間、2018年のカワハギシーズンは最悪の幕引きになるかもと不安を抱いたことを思えば、上々の出来ではないかと……。
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く



Twitter

2018年12月24日 19:17

« 大会が中止になってないことを確認してファイナルハギポン | メイン | 時化の日のカワハギの掛け方に何かいい方法ってあるの? »

最近の釣りに行った記事

手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日
食っておくれと泣いてます…越冬シロギスでヒュルリララ
ほぼ25upのA5ランクアジで初釣りビシアジデート大成功
アマダイのやる気感じず…なんとか雑煮の具&ステッカー
誘うとキダイもサバも食わない海にこてんぱんにされたよ
シマアジは俺のこと大嫌いみたいだ。コマいのが1匹だけ

著者: へた釣り