「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?

「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?理系女の星は「STAP細胞はあります」と言い切った。信じているからこそたどり着ける答えがある。「カサゴの入れ食い餌はあります」と言いたい。でも…言えない。羽田・かみやカサゴ大会に特餌候補をたっぷり持ち込んだ。入れ食いの予感はあったが、期待していた結果は得られず。

「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?2隻出しで30人が参加したカサゴ釣り大会。送迎バスで桟橋に着いてみると既に1隻は満席で、残っていたのは、「沖の根周り狙います!」と宣言していたしゃちょう船長船の右舷のみ。ストラクチャーが何もないポイントで根魚を狙うのは、ボウズをくらった金沢八景・一之瀬丸でのメバル釣りで懲りていたので、なるべくならもう1隻の方に乗りたかった。電車釣行の悲しさで、空いている席に座るしかない。しゃちょう船長からのアナウンスは「1時間ほど走ります」。…沖の根ってどこまで行く気だっ!!

■特餌でも釣れるよ…って、それは特餌とは言わないよね( TДT)

「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?本日、持ち込んだ特餌候補は、オイカワ×6匹、ドジョウ×3匹、Gハゼコ(ゴリ)、キビナゴ、オキアミ、磯エビ。これに船宿で配られたサバ短にモエビ。なんと、餌は活きたのが3種類、冷凍餌が4種類。まさに下手な鉄砲なんとやら式に、どれかは特餌になってくれるよねと考えていた。結果は……カサゴはどの餌でも釣れた。持ち込んだ餌に外れはなかったわけだ。でも、大当たりした餌もなかった。お金を掛けて持ち込むだけの価値はなかったかなぁというのが正直なところ。もう一度試してみてもいいかなと思えるのはオイカワくらい? ただし、カサゴ狙いではなくメバル狙いで。
「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?

「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?どこまで行く気?の答えは大貫沖より少し南に行ったポイントだった。水深は30メートル~40メートルくらい。20号の錘で釣るには少し深すぎる感じだった。水深もあるし、カサゴ狙いではかつてないほど南下してもらったわけで、さぞかし大きいのが釣れると期待したのだが、1匹目は20センチくらい、続いて15センチくらいのキープするかどうか悩むサイズ、お次はこれまた20センチくらい。魚信はあるのだが、大物は姿を見せない。大貫沖のカサゴは湾奥で釣れるカサゴに比べて色が赤い。どうやら「カラス貝が付いているストラクチャー辺りのカサゴは茶色っぽくなる」(T築キャプテン)らしい。緑色に塗られたイケスに放したメバルは緑色になったと言うのだが…本当?
「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?

■カサゴ釣りの基本的な方法について不勉強なまま…大変情けなく

「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?特餌候補は船宿の支給の餌より大きく、小さなカサゴは食いついてこないと考えていたのだが、餌の大きさは釣れるカサゴのサイズに全く影響ないってことだけはよく分かった。自分の体長よりも長いドジョウにミニチュアサイズのカサゴが食らいついてくる。でもって、しっかりドジョウを食い殺してくれるので、コスパ悪っ!! えらい赤いカサゴだなと思えばこれまたミニサイズのオニカサゴだったりして、結局大貫沖では最大サイズが22センチくらいと、どうにもならない感じ。しゃちょう船長も焦れたのか、本牧沖へと移動する。
「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?

「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?本牧沖にて、特餌の存在を完全に否定されることになる。この日最大の25センチのカサゴが釣れたのだが、食いついてきたのはせっかく用意した持ち込み餌にではなく、メバル狙いで付けていたモエビにであった。さらにこの日唯一のメバルが飛びついてきたのは、特餌ではなくワームにであった。計算通りの実験結果が全く得られない。STAP細胞はあるかもしれんが、カサゴの特餌はないかもと思い始める。やけになってキビナゴのメザシでアピール抜群なんてことをやってみた。これでも釣れるには釣れるがサイズアップせずで大会終了。
「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?

「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?計測したもらった2尾は25センチと21.8センチで、合計長46.8センチ。3位入賞まで4.7センチの不足。優勝までは7.4センチも足りない。デッカいカサゴを釣るための特餌、特餌と騒いだ末の大惨敗である。桟橋で入賞者を称える拍手をして、肩を落として帰る前の抽選会。ワインセットをいただく。たらふく飲んで今日のことは忘れるようにってことやねw
「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?



Twitter

2014年04月20日 19:26

« カージナルテトラが生きたルアーにしか見えなくて困ってる | メイン | GW伊豆釣り合宿は中止。東京湾で釣り三昧かなぁ~~~ »

最近の釣りに行った記事

猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ

著者: へた釣り