デカッwなマゴチだがへた釣りにとっては大きな一歩である

デカッwなマゴチだがへた釣りにとっては大きな一歩であるマゴチ釣ったくらいで人類初の月面歩行に例えるのが無茶なのは承知の上で、マゴチ大会マゴチ釣れたよ~~。達人さんに囲まれてヒィヒィ言いながらも2匹も釣れたよ~~。でも、サイズ勝負では船中3位に入れなかったよ~~。入賞できなかったけど検量まで進めてうれしいぞぉ!!

デカッwなマゴチだがへた釣りにとっては大きな一歩である江戸前釣りサ-キット大会マゴチの部羽田・かみやから参加してきた。大会前週の練習釣行でボウズを食らったもんだから、釣れないかもな予感があった。昨年もこの大会に参加したが1匹も釣れなかった。達人さんに囲まれると、潮先の席でないとマゴチのおこぼれにあずかれないと知って、いい釣り座に恵まれますようにと神頼みモードに突入していた。6時20分の送迎バスに乗って桟橋に到着してみると……既に席は2つしか空いていない。右舷の前から4番目と5番目。片舷9人なのでどちらを引いても胴の間。神様なんて大嫌いだぁ~。でも、結果を見れば、神様はいい席を残してくれていたのであった。
デカッwなマゴチだがへた釣りにとっては大きな一歩であるデカッwなマゴチだがへた釣りにとっては大きな一歩である

■開始早々右隣で優勝マゴチ。下手の竿にもデカッwな大会初マゴチ

デカッwなマゴチだがへた釣りにとっては大きな一歩である5船宿の共同開催で深川・吉野屋は2隻出しだったので、合計6隻。海堡の手前で一度集結して、大会スタート。船長は気合入りまくりでスタートの合図とともに猛スピードで大貫沖へと走り出す。10分ほどでポイントに到着し、第一投。船長のとっておきのポイントなのか、投入するとすぐにエビが暴れるような手ごたえ。コッコッという前魚信が続くのだが、ちっとも竿先がグンとは持っていかれない。イカかなぁ?と悩みつつ、少し聞きあげてみたのだが、変化なし。大会でイカを釣っても仕方がないので、そろそろダメ元でアワセるかなぁ~と考えていると…。
デカッwなマゴチだがへた釣りにとっては大きな一歩であるデカッwなマゴチだがへた釣りにとっては大きな一歩である

デカッwなマゴチだがへた釣りにとっては大きな一歩であるすぐ右隣で「乗った~~~~♪」という大きな声。右隣の席といえば、釣り座抽選で残っていたもう1つの席である。結構いい竿の曲がり具合。上乗りさんが飛んできて、無事タモ入れに成功したのは、57センチのご立派サイズ。一投目でこのサイズが出るのだから、今日は期待してもいいのか!とうれしくなるが、結局これがこの日の最大サイズ。一投目で勝負がついてしまったのだった。へた釣りは一度、仕掛けを回収。エビはきれいになくなっていた(イカかマゴチかは不明)。エビを付け直して第二投目。へた釣りにもキターーーーーー!! 今度はちゃんとマゴチらしい魚信の発展があってアワセも決まった。でも…サイズは35センチ。船長より「デカッw」というお褒め(?)の言葉を頂く。優勝したマゴチと同じ発泡に入れたら…同じ魚種には見えないwww
デカッwなマゴチだがへた釣りにとっては大きな一歩であるデカッwなマゴチだがへた釣りにとっては大きな一歩である

■2匹目の48.4センチで目標だった検量を!! そして奇跡は…起きた!?

デカッwなマゴチだがへた釣りにとっては大きな一歩であるその後しばらく沈黙するも、10時半すぎに再度、マゴチの魚信。これまた教科書通りに発展したのだが…へた釣りはもう少し大きく引き込んでくれるんじゃないかと竿を下げて粘りすぎていたようで、「いつアワセる気? 大丈夫?」という声(異次元・A井師匠かな?)が聞こえる。でも、結果オーライ。それまでの手ごたえより少し大きく引き込んだタイミングでアワセると、乗った! 1匹目よりはちょっといい竿の曲がり具合。「へた釣りさ~ん! ちゃんと竿45度になってますよ~」という(H賀達人からの)応援を受ける。下手なのがバレるからやめてよ~wと思いつつ無事取り込みに成功したのは48.4センチ。これはちゃんと検量してもらえた。検量してもらうがこの大会の目標だったのでうれしい。発泡の中は大中小とそろった(大は右隣の人のねw)。この時点で暫定2位だった。
デカッwなマゴチだがへた釣りにとっては大きな一歩であるデカッwなマゴチだがへた釣りにとっては大きな一歩である

デカッwなマゴチだがへた釣りにとっては大きな一歩であるその後、潮止まり~上げ潮になってからは大苦戦。魚信がほとんど出せなくなってしまう。船ではポツポツとマゴチが上がり、53センチが釣れて暫定3位に、51センチが釣れて入賞圏外へ。大きさ勝負なので、最後の最後まで辛抱強く頑張ったのだが……追加できたのはスミイカが1杯だけ。そして奇跡が起こる。竿先がずっとフルフル揺れ続ける妙な手ごたえ。マゴチじゃないし、イカでもないし、なんだろう?と巻き上げてみると、エビより小さなヒイラギが釣れていた(ちゃんと口に針掛かりしていた)。これって70upのマゴチ釣るより難しいんじゃない?と一人悦に入る。これにて本日終了。5船宿で最大は63センチだったそうだ。へた釣りは参加賞と抽選で当たった冷凍された謎の食べ物をもらって家路に着く。1匹釣って検量してもらいたいという目標は達成したので、下手は下手なりに満足♪ 満足♪
デカッwなマゴチだがへた釣りにとっては大きな一歩であるデカッwなマゴチだがへた釣りにとっては大きな一歩である



Twitter

2013年05月26日 19:21

« フォースマスター400はサマーセールまで待て!が正解だね | メイン | マゴチ釣りの次の課題…潮の速さってどうやれば分かるの? »

最近の釣りに行った記事

佳肴求めて鴨川沖へ。クエ・クロムツ・アカハタでえっへん♪
プルルと魚信るが掛からない!? でも44匹でキス天食べ放題
40センチのデカイワリ含む5匹で夏の美酒佳肴作戦は大成功
気難しベイブリアジに翻弄され二人で83匹。釣りデート成功
【番外編】妻と釣りじゃないデートで大阪食い&呑みだおれ
猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹

著者: へた釣り