天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた

天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた雨は降っても午後からで雨が降るまで風は強まらず凪、最高気温は21度という予報だったはずなのだが、9時には雨が降り出し風も吹き始める。十分な防寒をしていなかったので体感だと真冬の釣りよりも悪条件。「竿を置くな、置いたらホゲるぞ」と自分を励まし、良型クロムツ2匹ゲット。

天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた今思えば、朝から天気予報通りではない感じだった。家を出ると少し肌寒く、もう1枚服を着ていくかどうか悩んで、気温が21度まで上がるなら不要と判断した。LT深場五目は全釣り物中最も荷物が多く、服1枚でも無駄になりそうな荷物は減らしたい。JR蒲田駅からの送迎を利用して羽田・かみやへ。ゴールデンウィーク初日ということで、スーツケースを持った旅行出発組と夜通し飲んでいたグループで電車は混んでいた。一方で雨の予報のためかクーラー持参の電車釣行組は1人見ただけ。受付を済ませると受付番号10番。ゴールデンウィークにしては空いている。

■アカムツを狙うと言われアカムツの釣り方を知らないことに気づく

天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた淳ちゃん船長が療養中のため、本日の船長はギャンブラーしゃちょう船長。「アカムツ狙いの時間も作る」とのことで、餌はコノシロの身餌とホタルイカが配られた。さらには「これを使って」と仕掛けを一組いただく。枝ス4号くらいの歯の鋭い魚が多い深場の釣りでは少し頼りない仕掛けだが、チャマ名人によると「東京湾のアカムツは細い方が食いがいい」んだそうだ。ポイントは久里浜とのアナウンスがあり、1時間半走る。水深190メートルのポイントで釣り開始。

天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでたアカムツの釣り方…実はよく分かっていない。外房ではなんとなく釣れているが潮がかっ飛んでいて底を追いかける以外に何もしていない。東伊豆では何戦かしたことがあるが1匹も釣ったことがない東京湾口では数匹釣ったことはあるがクロムツ狙いで何かの間違えで釣れただけ。今回もクロムツと同じ釣り方でやるしかない。枝スの長さ分ずつストンストンと落として誘う。あまり浮いていないそうなので、底から2メートルくらいを50センチずつ落として誘ってみたが……ドンコが1匹釣れただけで久里浜をあとにする。

■富浦沖に移動すると良型クロムツ。シロムツ、ユメカサゴで三目6匹

天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでたこのころから少しずつ雨が強くなってきており、船が走ると猛烈に寒かった。次のポイントは富浦沖の水深240メートル。船長によれば「アカムツもクロムツも実績のあるポイント」とのこと。釣り方の分からないアカムツは素直に諦め、底8メートルくらいからストンストンと誘ってクロムツを狙ってみることに。第1投目でいきなり大きな魚信。落として底にオモリが着いたと同時に竿先がというより竿全体がガコガコ揺すられる。巻き上げ中の抵抗も間欠的でいい感じ。海面に姿を現したのは…アラ? コアラでもまぁよしと喜んだが、水圧変化に強く目玉も胃袋も飛び出していない格好いいクロムツだった。35センチくらいの炙り刺しサイズ。

天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた底近辺がいいのかと探る範囲を狭くしたらリリースサイズのユメカサゴばかり釣ることに。もう一度上からやってみようと8メートル底を切ると微小な魚信があり、シロムツがダブル。お次は底を切って1誘い目で明確に竿先ガコッ。タナが高めだししっかり針掛かりした雰囲気だったので追い食いを狙うが不発。横の人とオマツリしながら取り込めたのは、1匹目よりは少しだけ小さいが良型のクロムツだった。このサイズをあと2匹で家族分と欲張ったことを考えたら釣りの神様に嫌われた。誘えども誘えどもな時間帯に。雨風はどんどん激しさを増し、釣りを続けるのがかなりつらい。それでも最後まで竿は置かず、シロムツ1匹とユメカサゴ(ギリキープサイズ)を追加して沖上がりの時間に。
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた


Twitter

2022年04月29日 20:09

« イワシのついでに夜メバルも初体験済ませておくかと画策 | メイン | 【動画】寒くてもっとつらい感じの釣行だったはずなのに… »

最近の釣りに行った記事

23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に

著者: へた釣り