自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪

自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪魚がくれる釣り方の最高のヒントは魚信である。東京湾で毎年何戦かしているオニカサゴ釣りは魚がなかなかヒントをくれず、釣れても偶然釣れたという以上の手応えをつかめないでいた。深場の勇者様からお誘いいただき、富戸・庄吉丸より初めての夏オニカサゴ釣り…笑いが止まらん。

自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪勇者様に深夜に迎えに来てもらって、東伊豆の富戸港へ。当初はオニカサゴ釣りの予定だったが、アカムツの模様がよさそうならアカムツも釣りたいということで、アカムツ・オニカサゴリレーに。極鋭 コンセプト ゲームP HHH-205AGSのメインの対象魚がアカムツとオニカサゴなので両方釣れたら右手にアカムツ、左手にオニカサゴ、口には極鋭という釣り人冥利に尽きる写真を撮ってやろうとを考えていたが……。5時少し前に港に到着すると船長は既に準備して待ってくれていた。大慌てでタックルを準備して、日の出とほぼ同時に出港する。

■本日も伊豆のアカムツには相手にされず。一方のオニカサゴは順調♪

自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪まずはアカムツから。水深200メートル以深のポイントなのでしばらく走るのかなとのんびり構えていたら、ものの数分走っただけで船は止まる。富戸沖はドン深になっているようだ。外房で実績のある仕掛け&サバ短+ツボ抜きホタルイカで釣り開始。伊豆のアカムツは浮いていることがあると聞くので底から4~5メートルを誘いながら探る。極小魚信でまずはシロムツ。続いてカラスザメ。底近辺にはカラスザメが群れており、仕掛けを底に近づけるとこいつらの餌食となる。1時間くらいで3個所のポイントを攻めたが…アカムツを釣りなれている勇者様の見切りは早かった。期待薄なのでオニカサゴに切り換えることに。本日も伊豆のアカムツには相手にされずに終了。伊豆のアカムツ…いつになったら顔を拝めるんだろう?
自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪

自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪オニカサゴも港からすぐ近くの水深100メートルくらいのポイントで釣る。勇者様からダブルスナップサルカンをお借りして30号のピカイチくんを120号のオモリと接続した。ピカイチくんのおかげか、魚からのコンタクトは多い。迫力のある魚信ではない。勇者様がリリースサイズのオニカサゴを何匹か釣っていたので魚信の正体はたぶんそれ。ようやくちょっとこましな魚信があり、キープするかどうかで悩む25センチ前後のオニカサゴ(フサカサゴ)。船長ジャッジで取り合えずキープ。その5分後に今度はしっかりと竿先を曲げてくれる魚信。巻き上げ中も重量感があり断続的に暴れて抵抗する。40センチくらいの東京湾でならこの1匹でもう満足サイズをゲットする。勇者様も40センチ超えの良型をあっさりゲットし、順調な滑り出し。
自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪

■人生最大オニカサゴの迫力に言葉出ず。リリース込みなら楽勝ツ抜け

自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪2匹目を釣って魚信の出し方が少し見えてきた。2メートルほど底を切った位置からオモリを落とす。餌はオモリ着底後も0~20秒くらいかけてゆっくり海底に落ちていくと想像して、オモリを着底させたまま15秒待つ。オモリを底なら離そうと竿を持ち上げリールを巻くと巻いている最中に魚信が出た。落下中にオニカサゴが餌を咥えて、仕掛けが張ったら魚信になっていたと思われる。小型を1匹、30センチ超えの中型を1匹追加したのち、それの魚信が訪れた。竿を持ち上げようとすると根掛かり?という手応え。穂先に生体反応あり。持ち上げきれなかった竿をリールを巻きながら海面に戻し、もう一度えいや!と持ち上げると、魚の暴れる感触が伝わってくる。底を切ってからは重量感はあるものの意外と大人しかったが、海面にその姿を見た瞬間、「おおっ!」って以外の言葉がでなかった。47センチ(計測:勇者様)の自己最大のオニカサゴをゲットする。
自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪

自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪富戸沖はオニカサゴの魚影が抜群に濃いのか? たまたま活性がすごく高い日にあたったのか? ピカイチくんのおかげか? 釣行データが今回しかないので理由は定かでないがその後もとにかく絶好調。35センチ級を中心にご立派サイズのオニカサゴが順調に釣れ続ける。終了間際には35センチ級のオニカサゴのダブルなんてもう一生こんなことはないのでは?という奇跡も。魚信の出し方は最後まで一緒でオモリ着底後しばらく待って持ち上げるで通用した。だんだんキープサイズの閾値が上げっていき、最初のころキープしておいた25センチのものもリリースし、特大47センチ×1匹、大40センチ×1匹、中35センチ×5匹、小30センチ×1匹の8匹をお持ち帰り。35センチあっても中型なんだから、これはもう笑うしかない。しばらくオニカサゴ三昧を楽しめそう。
自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪


Twitter

2020年07月24日 16:22

« オニカサゴにピカイチくん効くか試してみる。水深大丈夫? | メイン | 【動画】オニカサゴがバンバン釣れるのは人生最初で最後? »

最近の釣りに行った記事

役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日
食っておくれと泣いてます…越冬シロギスでヒュルリララ
ほぼ25upのA5ランクアジで初釣りビシアジデート大成功
アマダイのやる気感じず…なんとか雑煮の具&ステッカー
誘うとキダイもサバも食わない海にこてんぱんにされたよ
シマアジは俺のこと大嫌いみたいだ。コマいのが1匹だけ
妻ノーピクで闇墜ち&僕もカイワリ2匹だけでデート失敗

著者: へた釣り