厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか

厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか2戦目のジンクスがある。初挑戦のときは丁寧に釣り方をあれこれ工夫する。それでうまくいったときハマるのが2戦目のジンクスだ。イシダイだけでなく久里浜沖の魚は激渋。船長の指示を無視してスローなシャクリで挑んでなんとか40センチ弱のご立派イシダイ1匹を釣る。ボウズは回避。

厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか品川駅から東海道線で横浜へ。横浜で京急に乗り換えて久里浜。久里浜駅からバスに乗って久里浜港へと向かう。初めての釣行のときは乗り継ぎに失敗したらどうしようとビビっていたが、横浜駅でも久里浜駅でも時間に余裕がある。お腹が痛くてトイレからしばらく動けないなんて状況でなければ問題なくたどり着けそう。久里浜・平作丸の五目船(イシダイ五目?)は2隻出しでの出船。前回乗った船に乗ろうとすると、別の船でと指定され大型船へ。左舷は9人でへた釣りの釣り座は舳からも艫からも5番目。コマセを使う釣りなので胴でも勝負できるはず。船長の合図があってからロッドキーパーを装着するのが平作丸流。

■船長から釣り方指導されるも馬鹿の一つ覚えでシャクることしか……

厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか船は定時に出港し近場のポイントから攻めていくとのアナウンス。船長から釣り方の説明がある。タナ取りは底から。オモリが着底したらすぐに仕掛けの長さ分底を切ってそこから2メートルコマセを撒く。そのあとは上へ上へと聞きあげてくるように釣ると指導される。少量のコマセを撒いてその中に付けエサを通すようなイメージとのこと。ウィリーの要領でシャクっても「少量のコマセを撒いてその中に付けエサを通す」ことになるので問題なしと判断し釣り始めるが……魚信が遠い。エサ取りすら食ってこない。オキアミがそのまま付いて返ってくるという状況。8時すぎに本日最初の魚信がある。掌サイズのシマダイ。22センチ以下はリリースというルールなので、写真を撮ったらすぐにリリース。
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか

厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとかここで船長から出た追加の釣り方指導に悩むことになる。「シャクっている人は魚信出せませんよ。エサを使った釣りですからね」。馬鹿の一つ覚えでシャクって釣りたいへた釣りは少々混乱。前回釣行ではシャクって釣れていたが、低活性時はシャクって仕掛けを動かすよりすうっと持ち上げる(聞きあげる)方がいいのかもとシャクらずに海面から竿先水平の位置までをゆっくり持ち上げるようにしてみたが、ネンブツダイやスズメダイが釣れるようになっただけ。両隣の人も竿をゆっくり持ち上げるように釣っていた。両隣が釣れたら真似すればいいやと、船長の指示は無視して大好きなシャクっての釣りに戻すことに。
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか

■ラードたっぷりが期待できる良型を持っているのだから吾唯足知だね

厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか信じる者は救われる? 風7メートルくらいまでの予報だったはずだが、予報よりはるかに風が強い。海はポチャポチャしており、こういうときはスティを長めにとって仕掛けが海中で潮になじむように心がける。少し深めの50メートルくらいのポイントでシャクった直後に穂先がグッと沈むような魚信。ゆっくり聞きあげると力強い引きに変わる。常時引いているわけではないが時々鋭い引き込みをみせ、竿をおくっていなさないといけない。手巻きでゆっくりとイシダイらしい間欠的な引きを楽しむ。海面にくっきりとした縞模様を確認。40センチに少し足りないご立派サイズ。船長に見てもらうと「余裕でキロ超え」とのこと。2釣行連続で口が黒くなった満足サイズのゲットに成功した。
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか

厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとかシャクっても(へた釣りに関してはシャクった方が?)釣れるということが確認できたのであとはいつもの調子で、筋トレのようにシャクリ倒してきたが、イシダイだけでなくほかの魚も全く元気がない。魚の大好物のオキアミをコマセに使っているのに付けエサがそのまま残ってくることが多い。船長が魚がいない場所に船をつけるわけないのだが…その後はイナダを1匹追加しただけで沖上がりの時間に。帰港中に船長が低活性の理由を明かしてくれた。前日に比べ急に水温が落ちてしまったんだそうだ。イシダイは船中7匹だけでそのうちの1匹、しかもラードたっぷりが期待できる良型を持っているのだから、吾唯足るを知るだね。


Twitter

2020年02月01日 19:10

« 針先だけナノスムースコート。ナノポイントの針使ってみたいぞ | メイン | 【動画】船長からシャクらない方がと指導され一周回って »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り