厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか

厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか2戦目のジンクスがある。初挑戦のときは丁寧に釣り方をあれこれ工夫する。それでうまくいったときハマるのが2戦目のジンクスだ。イシダイだけでなく久里浜沖の魚は激渋。船長の指示を無視してスローなシャクリで挑んでなんとか40センチ弱のご立派イシダイ1匹を釣る。ボウズは回避。

厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか品川駅から東海道線で横浜へ。横浜で京急に乗り換えて久里浜。久里浜駅からバスに乗って久里浜港へと向かう。初めての釣行のときは乗り継ぎに失敗したらどうしようとビビっていたが、横浜駅でも久里浜駅でも時間に余裕がある。お腹が痛くてトイレからしばらく動けないなんて状況でなければ問題なくたどり着けそう。久里浜・平作丸の五目船(イシダイ五目?)は2隻出しでの出船。前回乗った船に乗ろうとすると、別の船でと指定され大型船へ。左舷は9人でへた釣りの釣り座は舳からも艫からも5番目。コマセを使う釣りなので胴でも勝負できるはず。船長の合図があってからロッドキーパーを装着するのが平作丸流。

■船長から釣り方指導されるも馬鹿の一つ覚えでシャクることしか……

厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか船は定時に出港し近場のポイントから攻めていくとのアナウンス。船長から釣り方の説明がある。タナ取りは底から。オモリが着底したらすぐに仕掛けの長さ分底を切ってそこから2メートルコマセを撒く。そのあとは上へ上へと聞きあげてくるように釣ると指導される。少量のコマセを撒いてその中に付けエサを通すようなイメージとのこと。ウィリーの要領でシャクっても「少量のコマセを撒いてその中に付けエサを通す」ことになるので問題なしと判断し釣り始めるが……魚信が遠い。エサ取りすら食ってこない。オキアミがそのまま付いて返ってくるという状況。8時すぎに本日最初の魚信がある。掌サイズのシマダイ。22センチ以下はリリースというルールなので、写真を撮ったらすぐにリリース。
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか

厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとかここで船長から出た追加の釣り方指導に悩むことになる。「シャクっている人は魚信出せませんよ。エサを使った釣りですからね」。馬鹿の一つ覚えでシャクって釣りたいへた釣りは少々混乱。前回釣行ではシャクって釣れていたが、低活性時はシャクって仕掛けを動かすよりすうっと持ち上げる(聞きあげる)方がいいのかもとシャクらずに海面から竿先水平の位置までをゆっくり持ち上げるようにしてみたが、ネンブツダイやスズメダイが釣れるようになっただけ。両隣の人も竿をゆっくり持ち上げるように釣っていた。両隣が釣れたら真似すればいいやと、船長の指示は無視して大好きなシャクっての釣りに戻すことに。
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか

■ラードたっぷりが期待できる良型を持っているのだから吾唯足知だね

厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか信じる者は救われる? 風7メートルくらいまでの予報だったはずだが、予報よりはるかに風が強い。海はポチャポチャしており、こういうときはスティを長めにとって仕掛けが海中で潮になじむように心がける。少し深めの50メートルくらいのポイントでシャクった直後に穂先がグッと沈むような魚信。ゆっくり聞きあげると力強い引きに変わる。常時引いているわけではないが時々鋭い引き込みをみせ、竿をおくっていなさないといけない。手巻きでゆっくりとイシダイらしい間欠的な引きを楽しむ。海面にくっきりとした縞模様を確認。40センチに少し足りないご立派サイズ。船長に見てもらうと「余裕でキロ超え」とのこと。2釣行連続で口が黒くなった満足サイズのゲットに成功した。
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか

厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとかシャクっても(へた釣りに関してはシャクった方が?)釣れるということが確認できたのであとはいつもの調子で、筋トレのようにシャクリ倒してきたが、イシダイだけでなくほかの魚も全く元気がない。魚の大好物のオキアミをコマセに使っているのに付けエサがそのまま残ってくることが多い。船長が魚がいない場所に船をつけるわけないのだが…その後はイナダを1匹追加しただけで沖上がりの時間に。帰港中に船長が低活性の理由を明かしてくれた。前日に比べ急に水温が落ちてしまったんだそうだ。イシダイは船中7匹だけでそのうちの1匹、しかもラードたっぷりが期待できる良型を持っているのだから、吾唯足るを知るだね。


Twitter

2020年02月01日 19:10

« 針先だけナノスムースコート。ナノポイントの針使ってみたいぞ | メイン | 【動画】船長からシャクらない方がと指導され一周回って »

最近の釣りに行った記事

八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に
キントキ、尺イサキ込みクーラー六分で沖の瀬ウィリー堪能
春の海に癒し求め午前メバル・午後アジでひねもすリレー♪
3年ぶり3戦目で3匹。一ノ瀬丸マゴチ童貞の呪縛から解放♥
アジへた女王はまさかまさかの…妻1号。アジうま女王は…?
でっぷりアラフォーアマダイ込み4匹釣って俺、ピカチュー?
イカも二度目なら少しは上手に…? ツ抜けはしたが敗北感
潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息
掛からんバレる…キンメに続いてクロムツにも嫌われたかも
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ
初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白い
釣り納め2020はアマダイ改めコレジャナイ十目釣りでチ~ン
チャンスタイムは根掛かりで…白間津シマアジまたもボウズ
久しぶりの宇佐美沖はカイワリ9匹込みで五目15匹と満足♪
ヤリイカデビュー戦ツ抜けに届かずも面白いのは分かった
どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会
ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?
タチウオはポンコツだけど頑張って9匹。アマダイはちっちゃ!!
一枚足らず…2020年のカワハギ開幕戦は竹岡ハギ屋敷?
高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店
カンパチガチャはハズレ! カイワリ2匹でなんとかなったぁ!!
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!
居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る
雨中の筋トレのご褒美はラスト15分に30upクロムツを2匹だ
暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり
極鋭CGクロムツの章入魂。スミヤキ元気すぎて難しかった!!
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹
気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄されるのもいと嬉しで35匹♪
自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪
A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功

著者: へた釣り