G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり

G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまりアラフォーアマダイにイサキお刺身サイズのカイワリで、昨年までのゴールデンウィークは撃沈するという悪いジンクスは払拭されんとしていた。最終戦は羽田・かみやからLT深場五目へ。なにかの間違いでアカムツが釣れたら今年のゴールデンウィークは激旨で最高!!と宣言しての釣行だ。

G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまりJR蒲田駅を6時20分に出発する送迎バスを利用して船宿へ。前回の出船でアカムツが釣れていたので少し混雑するかもという予感はあった。受付番号は12番。7時出船の場合、送迎バス利用組が最後の受付となることが多いので片舷6人。左舷の胴が空いていたので舳から3番目に座る。左舷の顔ぶれは……大艫にS藤名人チャマ名人、舳にOK名人。チームガス欠率が高い。出船前にデカッw船長が写真を撮るというので隅っこに入れてもらったが…船上でこの顔見たら×××な人たちばかりである。ちゃんと起きて釣っていれば船下の魚を全部持っていきかねない(※へた釣りは除く)。船は1時間10分ほど走って剣崎沖に到着する。

■釣り開始20分であっけなく東京湾口アカムツを釣るという野望は達成

G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり水深は200メートルを少し超えるくらいのポイントで釣り開始。竿を垂直にして少しでも早く仕掛けを落とす。オモリが着底したらすぐに5メートルくらい巻き取って、余計な糸が出過ぎないように注意する。あとは枝スの長さと同じ70センチ刻みでストンと落として10~20秒待つという誘いを繰り返す。オモリをストンと落として止めることで親子サルカンを要に枝スが扇状に動いていることを想像する。枝スが水平に近づいたタイミングで魚が食ってくることが多い。今回はアカムツ本命なので探るタナは底から5メートルくらいに絞る。ゆっくりと枝スが動くように真鯛フロートのMをすべての枝スに装着した。アカムツ狙いにはマシュマロボールという定番の浮力玉があるが枝スに通すだけで使える真鯛フロートの方がオマツリなどのトラブルに強いと判断した。
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまりG:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり

G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり東京湾口でアカムツを釣るなんて目標を立てたものの、2年前の4月に1匹釣ったことがあるだけで、それ以降東京湾はもちろん、宇佐美にプチ遠征しても釣ることができていない魚である。宝くじに当たるくらいの大まぐれが起きなければそうそう釣れるものではないと考えていた。釣りの神様は気まぐれだ。釣れるときはあっさりと釣れる。竿先を小さくガコガコと揺さぶるような魚信。クロムツほどの迫力はない。ゆっくり竿を持ち上げると穂先を何度か引き込むような動き。針掛かりした。大事をとってゆっくり巻いてくる。ハリスを手繰る。魚の姿はなかなか確認できない。魚は一番下の針に。海面下に赤いような金色のような魚影。30センチを少し超えるサイズのアカムツを釣り始めて20分ほどであっけなくゲット!! うれしいかって? めっちゃくちゃうれしいに決まっている。2019年のゴールデンウィークは最高!!!!!!!
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまりG:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり

■アカムツ以降はシロムツしか釣れねぇ~な展開に。アラは時合を逃す

G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまりアカムツ1匹釣ったら満足とはならないのが釣り人である。1匹釣れたのなら2匹目だって3匹目だって釣れるはずと底から5メートルを70センチ刻みで落とし込みながら誘い続ける。魚信は頻繁にあったが、どの魚信も迫力不足でシロムツばかりが釣れてくる。ほかの誘い方は知らないので我慢して釣り続けるしかない。船中、アカムツがポツリポツリと釣れているようだが、2匹目のそれらしい魚信は訪れない。唯一のもしかしてという魚信が50センチくらいのギスとシロムツ2匹の一荷だった。シロムツは最初の2匹だけ型がまずまずだったのでアヒージョ用にキープして以降は食べきれないのでリリースした。
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまりG:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり

G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまりデカッw船長はその後も水深を変えながら流し換えてくれた。アラが釣れるポイントもあったがアラの釣れている間は残念なことにオマツリで切った仕掛けを作り直している最中でアラはゲットできず。沖上がりの時間までシロムツやユメカサゴが遊んでくれたが、クーラーには入らず。船中アカムツ5匹、アラ5匹、ほかにシロムツとユメカサゴ、ギス、ギンメダイ、チゴダラ(ドンコ)、カラスザメが釣れていた。かみやのLT深場五目の本命の1つであるクロムツやへた釣り的にはクロムツよりうれしいカゴカマスは釣れなかった。アカムツとはポイントが違うのかな?
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまりG:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり



Twitter

2019年05月06日 19:53

« 白間津シマアジ…数釣りシーズンになったら再戦予定だが | メイン | 貴重だから最高の状態で。アカムツは何日寝かすが正解? »

最近の釣りに行った記事

A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功
推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた
イサキ開幕戦は尺級5匹込み23匹。でも剣崎は撃ちーん!
復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…
【コロナで自粛】試行錯誤で美味しく! 日田風焼きそば開店
【コロナで自粛】大阪の居酒屋の味を求め串揚げやさん開店
【コロナで散財】美味い乾麺のそば番外編。ほうじ茶蕎麦編
【コロナで自粛】大阪の匂いに包まれお好み焼き屋さん開店
【コロナで自粛】子供1号バイト先より肉着弾し焼肉屋開店!!
【コロナで散財】一番美味い乾麺のそばを探す。天狗そば編
【コロナで自粛】陽気がよいので玄関先で焼き鳥屋さん開店
【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない

著者: へた釣り