アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない

アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃないゴールデンウィークはゲキチンウィーク。ここ数年、釣果に恵まれたことがない。それでも休めるから釣行する。初戦は金沢八景・一之瀬丸から遠征五目。撃沈しにくい釣り物を選んだつもりだが……今年はなんとかなった。アラフォー食べ頃アマダイに癒してもらえてそれなり以上のお土産あり。

アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない家を出た瞬間、樹木がザーと音を発する強風。しかも寒い。予報通りなら10時まで我慢すればあとはベタ凪のはずだが、あと数時間で収まる風という雰囲気ではなかった。釣り座は指定席ともいえる右舷の舳。風を嫌って舳は敬遠されたのかと思ったが、船に乗ると舳が空いていた理由が分かった。右舷は艫から3人を除いて貸し竿のグループ。船宿で席を割り当てたので舳だけおひとり様用に空いていたってことみたい。レンタルライフジャケット率が高く子供連れも多い。ゴールデンウィークらしい賑やかさ。左舷の大艫には極悪連合のA部名人、左舷大艫にはN○b名人の姿も。名人2人が大艫だと艫寄りの方が有利なのかな?と不安になったがほかに席は空いてない。
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃないアラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない

■マダイは釣況悪くなし。洲崎沖も最初の1時間何もなしで焦ったよ~

アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない出船前に伊東船長にマダイからやるのかと確認すると、今日はマダイは狙わないとのこと。マダイ船の瀧本船長に聞くと「簡単じゃないです。昨日はハリス15メートルとかで食ってきた」という釣況らしく、遠征途中の行きがけの駄賃でマダイもゲットは無理と判断したようだ。船は約1時間かけて洲崎沖へ。飛沫をかぶるので退避していたキャビンから出ると想像よりもかなり海が悪かった。波の上下で舳だと生命の危険を感じるレベル。それでも頑張って釣る。船長からの指示は「90メートルから85メートルまで探って」だった。タナは海面から取る。波の上下があるのでスティ0は諦めてスティ3秒のスローな釣りに。魚信はない。タナがおかしいのかたま~にヒメが食ってくるだけ。やっぱり撃沈ウィークなのかもな幕開け。
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃないアラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない

アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃないポイントを何度か変わる。船中オキメバルやイサキの型を見たというアナウンスがあるが、蚊帳の外。オキアミにしか食ってこない日なのかもとも考えたが、そのオキアミすらヒメ以外には齧られないのだから成す術なしで時間が過ぎる。釣り始めてから1時間近く経った10時少し前にようやく魚信。重量感はないが小気味よく穂先を引き込んでくれるイサキらしい魚信だった。ゆっくり巻き上げていると追い食いが発生した気配。2019年ゴールデンウィーク最初の釣果はイサキのフォースだった。その後、しばらくイサキが遊んでくれた。追い食いこそなかなか発生しないが、頑張ってシャクっていると穂先をキュンと持って行く。12時少し前まで洲崎沖で釣ってイサキを10匹。オキメバルは1匹も釣れなかった。アカイサキやシキシマハナダイなどの定番ゲストも現れず。
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃないアラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない

■熟アマダイ2匹でなんとか撃沈を免れる。ウィリーのアジは苦手だ

アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃないアマダイを狙います。コマセは詰めないで」とのアナウンスがある。遠征ウィリー五目からウィリーが取れて遠征五目になった理由はアマダイも狙うから? 15分くらい走ってアマダイのポイントに到着する。水深は100メートルくらい。ビシが着底したら1メートルほど巻き上げて、50センチ刻みでフワリフワリと誘うとすぐに魚信。キダイのダブルだった。誘いすぎるとキダイ優勢になるのでフワリ20秒静止フワリ20秒静止に切り替える。本命である底から仕掛け分のタナでは30秒待ってみる。それっぽい魚信があったが重量感はなし、20センチを少し切る事案サイズのアマダイ。お次はまずまず重量感ありで40センチを少し切る食べ頃アマダイ。さらに35センチを少し超えたミドサーアマダイを追加する。アマダイ釣りは1時間半だけだったので2匹(3匹?)はえっへんな釣果だ。
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃないアラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない

アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない最後に「根周りを狙う」とのアナウンス。根というからはオキメバルかな?と思ったが、アジの群れに当ててお土産を確保する時間みたいだ。アジ以外にチダイなども釣れることがあるという。「75メートル~70メートルを探って」という指示。シャクっていると穂先をフルフルと震わせてからグンッと持って行くアジの魚信。30センチ近くはあるが少しスマートなアジが釣れた。ウィリーアジを釣るのがあまり得意ではない。針のサイズが小さいので巻き上げ中のバラシが多く、数を伸ばせない。なんとか5匹だけ釣り上げて沖上がりに。アマダイいるから撃沈してないもん!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃないアラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない



Twitter

2019年04月28日 19:54

« 平成最後の釣行はマダイに色気出しつつ遠征五目で手堅く | メイン | まだ大丈夫だろうと唇の紫外線対策怠ったらピリピリと痛い »

最近の釣りに行った記事

特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ

著者: へた釣り