人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉

人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉剣崎沖の風15メートル超の予報にただでさえ下手なオニカサゴ釣りはボウズ確実と悪い予感しかない。予報通りの風で時化模様。昨年末の釣り納めに比べれば…気持ちを前向きに立て直す。魚信が多かったわけではないが、チャンスは確実に物にできた。人生6、7、8匹目のオニカサゴを!!

人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉今週末は土曜日の午後だけ風が弱まりそうだったので、午後LTアジで初釣りを済ませてしまうかとも考えたが、妻1号の「初釣りなんだからボウズでもいいから行ってくれば」という言葉に背中を押しされて羽田・かみやからオニカサゴ釣りへ。朝、家を出る前に既に後悔。布団の中で風が鳴る音を聞く。外へ出ると街路樹が揺れ続けており、しかも寒い。本当に船が出るのかな?と不安を覚えながら送迎の待つ蒲田駅を目指す。受付番号は7番目。桟橋に行くとデカッw船長から「へた釣りさんは左舷の舳に入って」と指示される。時化の予報に舳は敬遠されて、ここしか空いてないのだから否も応もない。スーパーお立ち台に比べれば釣り座はあるし、ホースもあるしで問題なし。船が上下して釣り難いだろうが、もともと釣り方が分かってないので大差ない。

■オニカサゴは船酔いしてぐったりしている方が釣れるのかもねwww

人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉釣り座の準備を済ませたらキャビンに逃げ込む。往路は追い風だがそれでも飛沫を被るだろうし、それ以前に寒くて移動中も外で頑張るという気は起きなかった。キャビンに入ると船酔いのリスクが上がる。剣崎沖まで約1時間半かけて走る。到着したときには既に軽く船酔い。頭が鈍く痛み、胃がざわつく。キャビンから出ると強風。水深100メートルくらいのポイントで釣り開始。竿を手持ちにし、10秒から15秒に一度底をとってから1.5メートルまでゆっくり誘い上げて魚からのコンタクトを待つ。あまり魚信の多い釣りではない。魚信が遠いのに厭きて竿を置いたら負けと信じていた。が……立って釣っていると船酔いが悪化する。吐くかもという予兆を感じ始めて方針転換。2019年初釣りのテーマは「吐かない、泣かない、無理しない」に。置き竿にして座って釣ることに。するとすぐに微小ながらも魚信。オニカサゴでないのは明らかだが針掛かりしてしまったので巻き上げてみると20センチくらいのアラの幼魚。このサイズで釣ってしまってはもったいないがリリースしても死ぬのでキープ。
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉

人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉置き竿にして座って釣るうちに船酔いの方はいくらかマシになってきた。そろそろ本気出して手持ちで釣るかと考えているとデカッw船長から移動のアナウンス。「10分ほど走ります」とのことなので再びキャビンに逃げ込んで船酔いがぶり返す。到着したポイントは富浦沖だった。風は相変わらずで船の上下も激しい。無理せずに置き竿にして超スロー巻き上げで仕掛けを張る&エサが沈むようにする。すぐに魚信。今度はオニカサゴっぽいガッガッという穂先の動き。船の上下でのすっぽ抜けが怖いので竿を手に取り少し送り込む。アワセは強く一気に頭上まで竿を持ち上げ、リールを巻きながら竿を下げもう一度追いアワセ!! 掛かった気がする! 巻き上げ始めるとたまに海中で暴れる手応え。デカッw船長が構えたタモに収まったのは37センチのオニカサゴ。2019年1月6日10時34分に2019年1匹目にして人生6匹目のオニカサゴを釣る。
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉

■へた釣りは邪魔? 人生7匹目、8匹目が釣れ最多記録を3匹に更新

人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉置き竿で釣れてしまったものだから竿を持って釣れなくなった。手持ちで立って釣った方が船の上下を吸収できるし、スロー巻き上げでももっといろいろ試行錯誤できる気がするのだが……自虐的に書くとへた釣りの介在はオニカサゴ釣りに関しては邪魔なだけのような気も…。1時間後に少しサイズダウンした33センチをゲット。人生7匹目だ。その30分後にはまたもサイズダウンしてしまったが30センチの人生8匹目のオニカサゴを釣り上げる。オニカサゴ3匹は自己最多を更新。……置き竿の方が釣れるのか? このあと、何度か竿を手に持って釣ったが、手持ちの間は一度も魚信なし。う~~~~~ん、オニカサゴが釣れたのはうれしいが、釣りとしてこれでいいんだろうか?
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉

人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉富浦沖で潮の流れが止まると再び剣崎沖へ。80メートルから200メートルまでさまざまなポイントを攻めた。3匹目のオニカサゴを釣ってから沖上がりまでの2時間、へた釣りが手にしたのは小ぶりのユメカサゴを2匹だけ。2019年初釣りの釣果はオニカサゴ2匹、ユメカサゴ2匹、小アラ1匹。オニカサゴの最大サイズは37センチだったのでオニカサゴおみくじのルールでは小吉。船中では2匹の40センチ超(吉サイズ)が釣れていた。へた釣りも諦めずに最後まで竿を手に持たず置き竿で頑張った(?)のだが届かず。サドンデスはクリアしたので40センチ超は次回のお楽しみ。ところで次回は…置き竿で釣るべきなの? 手持ちで釣っていいの?
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉



Twitter

2019年01月06日 20:03

« 初釣りはオニカサゴおみくじ。一度でいいから大吉引きたい | メイン | 超スロー巻きでエサを吹きあがらせない。底棲魚にはこれ!? »

最近の釣りに行った記事

アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん

著者: へた釣り