型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず剣崎沖イサキの2束チャレンジ。大風呂敷には違いないが可能性はあるし真剣に狙っていた。船宿に着くまでは……。例年なら8月になるとイサキ船は空き始め束超えの条件の1つである船上が空いている状態になるのだが席札が残ってない。満席である。定位置のスーパーお立ち台へ。

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず金沢八景・一之瀬丸のLTイサキ五目は今季4戦してうち3戦がスーパーお立ち台での釣り。慣れたものである。慣れたものではあるが唯一椅子に座れた釣行は179匹と大爆発したためやっぱり椅子は大事なのかもwww 片舷12人でソウダラッシュが激しいという近況を考えればオマツリのリスクを軽減できるスーパーお立ち台は胴の間よりは釣りやすい。本日はシャクリまくってバリバリ釣る気だったので本気の証のシャクリダコサポーターを最初から装着。効果抜群の目つきが悪いクマさん印のひんやりスプレーで熱中症対策しながら2束を目指して休まずに釣る。
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず

■周りの人より上のタナをネチネチ攻める型狙い作戦成功でシメシメ

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず剣崎沖までは1時間の航路。べた凪ではない。お立ち台で座っているのはお尻に優しくないのでキャビンに逃げ込む。船が減速したのでキャビンを出ると松輪の根のイサキ船団は3隻(一之瀬丸を加えると4隻)だけとそろそろシーズン終盤になってきているのを感じさせてくれる。船団には合流せずに少し離れたポイントで釣り開始となる。タナの指示は「18メートルから12メートル」。様子見で4本針全長260センチの仕掛けで釣り始める。バリバリ魚信ってくるという活性ではない。何回かコマセを詰め換えた時点でこれは2束は無理だと気付く。釣り人が多いので1人1人がコマセを出し過ぎないように気をつけても船の周りには大量のコマセが撒かれることになる。するとヤツが大喜びでやってくる。ソウダガツオだ。数匹イサキを釣っただけで仕掛けをロスト。針数を減らし全長200センチと短めの仕掛けを投入する。
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわずソウダガツオに翻弄されながらもポツポツペースではイサキが拾える。上乗りさんから17メートルくらいで魚信るので19メートルからコマセを振り出して17メートルで待つという指示がでる。竿の操作を観察すると周りの人が指示通りに釣り始めた。このパターン…実はへた釣りが得意とするパターンである。みんなが17メートルでコマセを撒いてくれるならへた釣りは16メートルから上しかやらない。イサキはピラミッド状の群れを作りピラミッドの頂点に近いほど型がよい。16メートルから10メートルをネチネチと攻めると良型が連発する。25センチくらいがアベレージで28~29センチの尺足らずサイズも3匹ほど混ざる。ほかの人がウリンボしか釣ってないときに1人良型ばかりを釣るのは非常に気分がよい。型狙い作戦がまんまとハマってテンション上がりまくる。
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず

■ソウダガツオに蹂躙されシイラに強奪され続けて…もうアカーーン

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず最初のポイントで12時くらいまでできた。この時点で40匹くらい。型はいいので満足感はあるが2束なんて夢のまた夢。偏差値40からの東大受験である。このころからソウダガツオの傍若無人ぶりが際立ってきた。海面近くだけでなく、イサキが食ってくるはずのタナでもソウダガツオがウィリー目がけて突っ込んでくる、さらに海面には小型のシイラがウィリーだけでなく針掛かりした魚を狙ってウロチョロしているので仕掛けがいくつあっても足りない状態に。仕掛け長を170センチと短くしてもソウダガツオの猛攻を封じることはできなかった。仕掛けを付け換えるのが面倒になって70センチの1本針で釣っても最後の1針にソウダガツオが食ってきた。こうなるともうお手上げである。ソウダガツオは一番下の針に食ってくることが多いのでわざと伸びた針を使って針掛かりしにくくするなどあの手この手を講じてみたが……有効な策は編み出せず白旗を揚げるしかなかった。
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず12時以降はイサキの活性も落ちてしまった上に風が吹き始め船の上下が大きくなり魚信はあっても針掛かりせずということも増える。ソウダガツオとシイラは元気なまま。というわけで大失速した。10匹も釣れなかったと思う。25センチ以上の大きめのだけを持ち帰り、中・小型サイズはイケスに放して置いた。イケスの中には32匹。お持ち帰りしたのを数えると13匹で合計45匹。貧果というわけではないが、2束釣ったる!!と鼻息荒く乗り込んだわりには目標の1/4すら釣れず。本日の気分は、シメシメのちアカーーーン。
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず



Twitter

2018年08月05日 20:11

« 好き者にして痴れ者が北海道の疲れを物ともせず二束狙う | メイン | フォースマスター600DHが滅茶苦茶欲しくて我慢できないぞ »

最近の釣りに行った記事

血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか

著者: へた釣り