型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず剣崎沖イサキの2束チャレンジ。大風呂敷には違いないが可能性はあるし真剣に狙っていた。船宿に着くまでは……。例年なら8月になるとイサキ船は空き始め束超えの条件の1つである船上が空いている状態になるのだが席札が残ってない。満席である。定位置のスーパーお立ち台へ。

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず金沢八景・一之瀬丸のLTイサキ五目は今季4戦してうち3戦がスーパーお立ち台での釣り。慣れたものである。慣れたものではあるが唯一椅子に座れた釣行は179匹と大爆発したためやっぱり椅子は大事なのかもwww 片舷12人でソウダラッシュが激しいという近況を考えればオマツリのリスクを軽減できるスーパーお立ち台は胴の間よりは釣りやすい。本日はシャクリまくってバリバリ釣る気だったので本気の証のシャクリダコサポーターを最初から装着。効果抜群の目つきが悪いクマさん印のひんやりスプレーで熱中症対策しながら2束を目指して休まずに釣る。
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず

■周りの人より上のタナをネチネチ攻める型狙い作戦成功でシメシメ

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず剣崎沖までは1時間の航路。べた凪ではない。お立ち台で座っているのはお尻に優しくないのでキャビンに逃げ込む。船が減速したのでキャビンを出ると松輪の根のイサキ船団は3隻(一之瀬丸を加えると4隻)だけとそろそろシーズン終盤になってきているのを感じさせてくれる。船団には合流せずに少し離れたポイントで釣り開始となる。タナの指示は「18メートルから12メートル」。様子見で4本針全長260センチの仕掛けで釣り始める。バリバリ魚信ってくるという活性ではない。何回かコマセを詰め換えた時点でこれは2束は無理だと気付く。釣り人が多いので1人1人がコマセを出し過ぎないように気をつけても船の周りには大量のコマセが撒かれることになる。するとヤツが大喜びでやってくる。ソウダガツオだ。数匹イサキを釣っただけで仕掛けをロスト。針数を減らし全長200センチと短めの仕掛けを投入する。
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわずソウダガツオに翻弄されながらもポツポツペースではイサキが拾える。上乗りさんから17メートルくらいで魚信るので19メートルからコマセを振り出して17メートルで待つという指示がでる。竿の操作を観察すると周りの人が指示通りに釣り始めた。このパターン…実はへた釣りが得意とするパターンである。みんなが17メートルでコマセを撒いてくれるならへた釣りは16メートルから上しかやらない。イサキはピラミッド状の群れを作りピラミッドの頂点に近いほど型がよい。16メートルから10メートルをネチネチと攻めると良型が連発する。25センチくらいがアベレージで28~29センチの尺足らずサイズも3匹ほど混ざる。ほかの人がウリンボしか釣ってないときに1人良型ばかりを釣るのは非常に気分がよい。型狙い作戦がまんまとハマってテンション上がりまくる。
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず

■ソウダガツオに蹂躙されシイラに強奪され続けて…もうアカーーン

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず最初のポイントで12時くらいまでできた。この時点で40匹くらい。型はいいので満足感はあるが2束なんて夢のまた夢。偏差値40からの東大受験である。このころからソウダガツオの傍若無人ぶりが際立ってきた。海面近くだけでなく、イサキが食ってくるはずのタナでもソウダガツオがウィリー目がけて突っ込んでくる、さらに海面には小型のシイラがウィリーだけでなく針掛かりした魚を狙ってウロチョロしているので仕掛けがいくつあっても足りない状態に。仕掛け長を170センチと短くしてもソウダガツオの猛攻を封じることはできなかった。仕掛けを付け換えるのが面倒になって70センチの1本針で釣っても最後の1針にソウダガツオが食ってきた。こうなるともうお手上げである。ソウダガツオは一番下の針に食ってくることが多いのでわざと伸びた針を使って針掛かりしにくくするなどあの手この手を講じてみたが……有効な策は編み出せず白旗を揚げるしかなかった。
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず12時以降はイサキの活性も落ちてしまった上に風が吹き始め船の上下が大きくなり魚信はあっても針掛かりせずということも増える。ソウダガツオとシイラは元気なまま。というわけで大失速した。10匹も釣れなかったと思う。25センチ以上の大きめのだけを持ち帰り、中・小型サイズはイケスに放して置いた。イケスの中には32匹。お持ち帰りしたのを数えると13匹で合計45匹。貧果というわけではないが、2束釣ったる!!と鼻息荒く乗り込んだわりには目標の1/4すら釣れず。本日の気分は、シメシメのちアカーーーン。
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず



Twitter

2018年08月05日 20:11

« 好き者にして痴れ者が北海道の疲れを物ともせず二束狙う | メイン | フォースマスター600DHが滅茶苦茶欲しくて我慢できないぞ »

最近の釣りに行った記事

【コロナで自粛】試行錯誤で美味しく! 日田風焼きそば開店
【コロナで自粛】大阪の居酒屋の味を求め串揚げやさん開店
【コロナで散財】美味い乾麺のそば番外編。ほうじ茶蕎麦編
【コロナで自粛】大阪の匂いに包まれお好み焼き屋さん開店
【コロナで自粛】子供1号バイト先より肉着弾し焼肉屋開店!!
【コロナで散財】一番美味い乾麺のそばを探す。天狗そば編
【コロナで自粛】陽気がよいので玄関先で焼き鳥屋さん開店
【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ

著者: へた釣り