型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず剣崎沖イサキの2束チャレンジ。大風呂敷には違いないが可能性はあるし真剣に狙っていた。船宿に着くまでは……。例年なら8月になるとイサキ船は空き始め束超えの条件の1つである船上が空いている状態になるのだが席札が残ってない。満席である。定位置のスーパーお立ち台へ。

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず金沢八景・一之瀬丸のLTイサキ五目は今季4戦してうち3戦がスーパーお立ち台での釣り。慣れたものである。慣れたものではあるが唯一椅子に座れた釣行は179匹と大爆発したためやっぱり椅子は大事なのかもwww 片舷12人でソウダラッシュが激しいという近況を考えればオマツリのリスクを軽減できるスーパーお立ち台は胴の間よりは釣りやすい。本日はシャクリまくってバリバリ釣る気だったので本気の証のシャクリダコサポーターを最初から装着。効果抜群の目つきが悪いクマさん印のひんやりスプレーで熱中症対策しながら2束を目指して休まずに釣る。
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず

■周りの人より上のタナをネチネチ攻める型狙い作戦成功でシメシメ

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず剣崎沖までは1時間の航路。べた凪ではない。お立ち台で座っているのはお尻に優しくないのでキャビンに逃げ込む。船が減速したのでキャビンを出ると松輪の根のイサキ船団は3隻(一之瀬丸を加えると4隻)だけとそろそろシーズン終盤になってきているのを感じさせてくれる。船団には合流せずに少し離れたポイントで釣り開始となる。タナの指示は「18メートルから12メートル」。様子見で4本針全長260センチの仕掛けで釣り始める。バリバリ魚信ってくるという活性ではない。何回かコマセを詰め換えた時点でこれは2束は無理だと気付く。釣り人が多いので1人1人がコマセを出し過ぎないように気をつけても船の周りには大量のコマセが撒かれることになる。するとヤツが大喜びでやってくる。ソウダガツオだ。数匹イサキを釣っただけで仕掛けをロスト。針数を減らし全長200センチと短めの仕掛けを投入する。
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわずソウダガツオに翻弄されながらもポツポツペースではイサキが拾える。上乗りさんから17メートルくらいで魚信るので19メートルからコマセを振り出して17メートルで待つという指示がでる。竿の操作を観察すると周りの人が指示通りに釣り始めた。このパターン…実はへた釣りが得意とするパターンである。みんなが17メートルでコマセを撒いてくれるならへた釣りは16メートルから上しかやらない。イサキはピラミッド状の群れを作りピラミッドの頂点に近いほど型がよい。16メートルから10メートルをネチネチと攻めると良型が連発する。25センチくらいがアベレージで28~29センチの尺足らずサイズも3匹ほど混ざる。ほかの人がウリンボしか釣ってないときに1人良型ばかりを釣るのは非常に気分がよい。型狙い作戦がまんまとハマってテンション上がりまくる。
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず

■ソウダガツオに蹂躙されシイラに強奪され続けて…もうアカーーン

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず最初のポイントで12時くらいまでできた。この時点で40匹くらい。型はいいので満足感はあるが2束なんて夢のまた夢。偏差値40からの東大受験である。このころからソウダガツオの傍若無人ぶりが際立ってきた。海面近くだけでなく、イサキが食ってくるはずのタナでもソウダガツオがウィリー目がけて突っ込んでくる、さらに海面には小型のシイラがウィリーだけでなく針掛かりした魚を狙ってウロチョロしているので仕掛けがいくつあっても足りない状態に。仕掛け長を170センチと短くしてもソウダガツオの猛攻を封じることはできなかった。仕掛けを付け換えるのが面倒になって70センチの1本針で釣っても最後の1針にソウダガツオが食ってきた。こうなるともうお手上げである。ソウダガツオは一番下の針に食ってくることが多いのでわざと伸びた針を使って針掛かりしにくくするなどあの手この手を講じてみたが……有効な策は編み出せず白旗を揚げるしかなかった。
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず

型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず12時以降はイサキの活性も落ちてしまった上に風が吹き始め船の上下が大きくなり魚信はあっても針掛かりせずということも増える。ソウダガツオとシイラは元気なまま。というわけで大失速した。10匹も釣れなかったと思う。25センチ以上の大きめのだけを持ち帰り、中・小型サイズはイケスに放して置いた。イケスの中には32匹。お持ち帰りしたのを数えると13匹で合計45匹。貧果というわけではないが、2束釣ったる!!と鼻息荒く乗り込んだわりには目標の1/4すら釣れず。本日の気分は、シメシメのちアカーーーン。
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず



Twitter

2018年08月05日 20:11

« 好き者にして痴れ者が北海道の疲れを物ともせず二束狙う | メイン | フォースマスター600DHが滅茶苦茶欲しくて我慢できないぞ »

最近の釣りに行った記事

ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に
キントキ、尺イサキ込みクーラー六分で沖の瀬ウィリー堪能
春の海に癒し求め午前メバル・午後アジでひねもすリレー♪
3年ぶり3戦目で3匹。一ノ瀬丸マゴチ童貞の呪縛から解放♥
アジへた女王はまさかまさかの…妻1号。アジうま女王は…?
でっぷりアラフォーアマダイ込み4匹釣って俺、ピカチュー?
イカも二度目なら少しは上手に…? ツ抜けはしたが敗北感
潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息
掛からんバレる…キンメに続いてクロムツにも嫌われたかも
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ
初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白い
釣り納め2020はアマダイ改めコレジャナイ十目釣りでチ~ン
チャンスタイムは根掛かりで…白間津シマアジまたもボウズ
久しぶりの宇佐美沖はカイワリ9匹込みで五目15匹と満足♪
ヤリイカデビュー戦ツ抜けに届かずも面白いのは分かった
どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会
ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?

著者: へた釣り