ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ウネリ高く釧路の沖五目船が出船中止となりシシャモチャレンジ2日目。道東以外の釣り人で自分でシシャモを釣って干物にして食べたことがあるという人はあまりいないはず。1匹でいいから釣りたかった。サビキでの釣りなのでコマセをたっぷり撒いてシシャモを寄せてと画策したが…。

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動北海道の堤防での釣りはスローな釣りが多い。アキアジのたらし釣りなんてウキの下に仕掛けを付けてただ放置するだけ。偶発的に魚の視界にエサがくれば釣れるという釣りだ。シシャモ釣りもサビキ仕掛けにアオイソメを2センチくらいに切って付けてフワフワと誘うだけ。アオイソメの体液の臭いで寄ってきた魚が釣れる。サビキといえばアミコマセを撒いて仕掛けとコマセを同調させて釣るのが常道。なぜコマセを撒かない?と不思議でしかない。朝9時に釣具店が開くのを待ってアミコマセのブロックを購入しシシャモが釣れているはずの釧路西港第一埠頭に送ってもらう。
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動

■コマセを撒けば魚が寄るには寄ったが やってきたのはウグイだけ

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動アミコマセで魚を寄せればもっと効率よく魚が釣れるようになるはず。時期的にシシャモの魚影は濃くはないが釣果報告はあるので全くいないことはない。キュウリウオとシシャモの習性は似ているはずなのでたくさんキュウリウオを釣ればシシャモが何かの間違いで釣れる可能性が高まるというのがへた釣りの目論見。港まで送ってくださった北海道の師匠から「ギブアップのときは迎えにくるから電話してね」。この時点ではコマセがあるので釣れる気マンマン。「ギブアップしませんよ~」とタックルの準備を始める。
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動コマセカゴは持参していた。サビキ仕掛けの上部にカゴをセットしコマセを詰める。最初は手返しよくコマセを振り出し魚を寄せることに。2、3回ほど仕掛けを入れ替えていると竿先をフルルと揺らす魚からのコンタクト。魚信は小さい。キュウリウオに比べてシシャモはサイズが小さいので、魚信が小さい方が期待感が高まる。なかなか針掛かりしないのでゆっくり竿を持ち上げていくといきなりギュンッと穂先が持っていかれる。最初の魚信は小さかったが引きは強い。北海道の堤防で一番の嫌われ者(ガンズを持ち帰る人はいるがウグイを持ち帰る人はいない!!)といえるウグイだった。懲りずにコマセを振り続けていると少し間があいて2匹目もウグイ、3匹目も……4匹目も…5匹目も。
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動

■コマセをやめるとガンズが1匹だけ。釣りではなくただの暇つぶしに

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ウグイ以外の魚を寄せようと頑張ってコマセを撒くとどんどんウグイが寄ってくる。遂にはコマセを振り出した瞬間にはウグイが掛かっているという入れパク状態に。試しに海面にアミコマセを落としてみると海面近くまでウグイが現れるようになり、さすがにこのあたりで自分の犯した失敗に気づく。釧路の堤防でアミコマセを撒くと突っ込んでくるのはウグイだけ。こうなることが分かっているから釧路の人はアミコマセを撒かないのか? 体の大きなウグイが群れてしまい本命の魚たちは怯えてむしろ遠ざかっている気がしてきた。コマセカゴを外してご当地流の釣り方に戻す。
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動今度は魚信が全くなくなる。ウグイはコマセが切れると食ってこなくなった。2時間くらい頑張ったが釣れたのはご立派サイズのガンズが1匹だけ。まめに誘い上げてゆっくり誘い下げ続けたが何も起きない。何かが起きる気すらしない状況に集中力が切れた。もうウグイでも相手してくれるならいいやとコマセカゴを復活させて釣り始める。ウグイはすぐにやってきた。竿がひん曲がる。でも、これはもう釣りではなくただの暇つぶしである。13時ごろに北海道の師匠に電話をする。「ギブアップします!」。ご当地流には理由がある。それが本日得た教訓。
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動



Twitter

2018年07月28日 16:52

« 釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う | メイン | 標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に »

最近の釣りに行った記事

へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会

著者: へた釣り