ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ウネリ高く釧路の沖五目船が出船中止となりシシャモチャレンジ2日目。道東以外の釣り人で自分でシシャモを釣って干物にして食べたことがあるという人はあまりいないはず。1匹でいいから釣りたかった。サビキでの釣りなのでコマセをたっぷり撒いてシシャモを寄せてと画策したが…。

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動北海道の堤防での釣りはスローな釣りが多い。アキアジのたらし釣りなんてウキの下に仕掛けを付けてただ放置するだけ。偶発的に魚の視界にエサがくれば釣れるという釣りだ。シシャモ釣りもサビキ仕掛けにアオイソメを2センチくらいに切って付けてフワフワと誘うだけ。アオイソメの体液の臭いで寄ってきた魚が釣れる。サビキといえばアミコマセを撒いて仕掛けとコマセを同調させて釣るのが常道。なぜコマセを撒かない?と不思議でしかない。朝9時に釣具店が開くのを待ってアミコマセのブロックを購入しシシャモが釣れているはずの釧路西港第一埠頭に送ってもらう。
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動

■コマセを撒けば魚が寄るには寄ったが やってきたのはウグイだけ

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動アミコマセで魚を寄せればもっと効率よく魚が釣れるようになるはず。時期的にシシャモの魚影は濃くはないが釣果報告はあるので全くいないことはない。キュウリウオとシシャモの習性は似ているはずなのでたくさんキュウリウオを釣ればシシャモが何かの間違いで釣れる可能性が高まるというのがへた釣りの目論見。港まで送ってくださった北海道の師匠から「ギブアップのときは迎えにくるから電話してね」。この時点ではコマセがあるので釣れる気マンマン。「ギブアップしませんよ~」とタックルの準備を始める。
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動コマセカゴは持参していた。サビキ仕掛けの上部にカゴをセットしコマセを詰める。最初は手返しよくコマセを振り出し魚を寄せることに。2、3回ほど仕掛けを入れ替えていると竿先をフルルと揺らす魚からのコンタクト。魚信は小さい。キュウリウオに比べてシシャモはサイズが小さいので、魚信が小さい方が期待感が高まる。なかなか針掛かりしないのでゆっくり竿を持ち上げていくといきなりギュンッと穂先が持っていかれる。最初の魚信は小さかったが引きは強い。北海道の堤防で一番の嫌われ者(ガンズを持ち帰る人はいるがウグイを持ち帰る人はいない!!)といえるウグイだった。懲りずにコマセを振り続けていると少し間があいて2匹目もウグイ、3匹目も……4匹目も…5匹目も。
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動

■コマセをやめるとガンズが1匹だけ。釣りではなくただの暇つぶしに

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ウグイ以外の魚を寄せようと頑張ってコマセを撒くとどんどんウグイが寄ってくる。遂にはコマセを振り出した瞬間にはウグイが掛かっているという入れパク状態に。試しに海面にアミコマセを落としてみると海面近くまでウグイが現れるようになり、さすがにこのあたりで自分の犯した失敗に気づく。釧路の堤防でアミコマセを撒くと突っ込んでくるのはウグイだけ。こうなることが分かっているから釧路の人はアミコマセを撒かないのか? 体の大きなウグイが群れてしまい本命の魚たちは怯えてむしろ遠ざかっている気がしてきた。コマセカゴを外してご当地流の釣り方に戻す。
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動今度は魚信が全くなくなる。ウグイはコマセが切れると食ってこなくなった。2時間くらい頑張ったが釣れたのはご立派サイズのガンズが1匹だけ。まめに誘い上げてゆっくり誘い下げ続けたが何も起きない。何かが起きる気すらしない状況に集中力が切れた。もうウグイでも相手してくれるならいいやとコマセカゴを復活させて釣り始める。ウグイはすぐにやってきた。竿がひん曲がる。でも、これはもう釣りではなくただの暇つぶしである。13時ごろに北海道の師匠に電話をする。「ギブアップします!」。ご当地流には理由がある。それが本日得た教訓。
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動



Twitter

2018年07月28日 16:52

« 釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う | メイン | 標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に »

最近の釣りに行った記事

ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

著者: へた釣り