ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ウネリ高く釧路の沖五目船が出船中止となりシシャモチャレンジ2日目。道東以外の釣り人で自分でシシャモを釣って干物にして食べたことがあるという人はあまりいないはず。1匹でいいから釣りたかった。サビキでの釣りなのでコマセをたっぷり撒いてシシャモを寄せてと画策したが…。

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動北海道の堤防での釣りはスローな釣りが多い。アキアジのたらし釣りなんてウキの下に仕掛けを付けてただ放置するだけ。偶発的に魚の視界にエサがくれば釣れるという釣りだ。シシャモ釣りもサビキ仕掛けにアオイソメを2センチくらいに切って付けてフワフワと誘うだけ。アオイソメの体液の臭いで寄ってきた魚が釣れる。サビキといえばアミコマセを撒いて仕掛けとコマセを同調させて釣るのが常道。なぜコマセを撒かない?と不思議でしかない。朝9時に釣具店が開くのを待ってアミコマセのブロックを購入しシシャモが釣れているはずの釧路西港第一埠頭に送ってもらう。
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動

■コマセを撒けば魚が寄るには寄ったが やってきたのはウグイだけ

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動アミコマセで魚を寄せればもっと効率よく魚が釣れるようになるはず。時期的にシシャモの魚影は濃くはないが釣果報告はあるので全くいないことはない。キュウリウオとシシャモの習性は似ているはずなのでたくさんキュウリウオを釣ればシシャモが何かの間違いで釣れる可能性が高まるというのがへた釣りの目論見。港まで送ってくださった北海道の師匠から「ギブアップのときは迎えにくるから電話してね」。この時点ではコマセがあるので釣れる気マンマン。「ギブアップしませんよ~」とタックルの準備を始める。
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動コマセカゴは持参していた。サビキ仕掛けの上部にカゴをセットしコマセを詰める。最初は手返しよくコマセを振り出し魚を寄せることに。2、3回ほど仕掛けを入れ替えていると竿先をフルルと揺らす魚からのコンタクト。魚信は小さい。キュウリウオに比べてシシャモはサイズが小さいので、魚信が小さい方が期待感が高まる。なかなか針掛かりしないのでゆっくり竿を持ち上げていくといきなりギュンッと穂先が持っていかれる。最初の魚信は小さかったが引きは強い。北海道の堤防で一番の嫌われ者(ガンズを持ち帰る人はいるがウグイを持ち帰る人はいない!!)といえるウグイだった。懲りずにコマセを振り続けていると少し間があいて2匹目もウグイ、3匹目も……4匹目も…5匹目も。
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動

■コマセをやめるとガンズが1匹だけ。釣りではなくただの暇つぶしに

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ウグイ以外の魚を寄せようと頑張ってコマセを撒くとどんどんウグイが寄ってくる。遂にはコマセを振り出した瞬間にはウグイが掛かっているという入れパク状態に。試しに海面にアミコマセを落としてみると海面近くまでウグイが現れるようになり、さすがにこのあたりで自分の犯した失敗に気づく。釧路の堤防でアミコマセを撒くと突っ込んでくるのはウグイだけ。こうなることが分かっているから釧路の人はアミコマセを撒かないのか? 体の大きなウグイが群れてしまい本命の魚たちは怯えてむしろ遠ざかっている気がしてきた。コマセカゴを外してご当地流の釣り方に戻す。
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動

ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動今度は魚信が全くなくなる。ウグイはコマセが切れると食ってこなくなった。2時間くらい頑張ったが釣れたのはご立派サイズのガンズが1匹だけ。まめに誘い上げてゆっくり誘い下げ続けたが何も起きない。何かが起きる気すらしない状況に集中力が切れた。もうウグイでも相手してくれるならいいやとコマセカゴを復活させて釣り始める。ウグイはすぐにやってきた。竿がひん曲がる。でも、これはもう釣りではなくただの暇つぶしである。13時ごろに北海道の師匠に電話をする。「ギブアップします!」。ご当地流には理由がある。それが本日得た教訓。
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動



Twitter

2018年07月28日 16:52

« 釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う | メイン | 標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に »

最近の釣りに行った記事

佳肴求めて鴨川沖へ。クエ・クロムツ・アカハタでえっへん♪
プルルと魚信るが掛からない!? でも44匹でキス天食べ放題
40センチのデカイワリ含む5匹で夏の美酒佳肴作戦は大成功
気難しベイブリアジに翻弄され二人で83匹。釣りデート成功
【番外編】妻と釣りじゃないデートで大阪食い&呑みだおれ
猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹

著者: へた釣り