明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止

明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止北海道遠征2018がスタート。朝早い飛行機(安いから)に乗って10時に釧路たんちょう空港に到着。北海道の師匠に迎えにきていただいてそのまま釧路西港のシシャモがいるかもしれないポイントに置いていってもらう。堤防でサビキ釣りなんて何年ぶりだろう。シシャモ釣りてぇえええ。

明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止大物師である北海道の師匠はシシャモ釣りはあまりやったことがないようで、釣具店で情報収集して必要な仕掛けやエサなどを用意してくれた。東京から大荷物を持ってやってくるへた釣りが重いし面倒という理由で持ってこないであろう道具を予測してちゃんとそろえておいてくれるのであるからさすがである。三脚、椅子、水汲みバケツ、仕掛け、エサ。竿とリールさえ持っていけば釣りになる。サビキなのでコマセを撒くものだと思い込んでいたが釧路のシシャモ釣りではコマセは必須というわけではなく、代わりにサビキ針に青イソメを2センチくらいに切って付ける。
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止

■シシャモ釣れてない上に明日の五目釣りは中止確定で幸先悪すぎる

明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止釧路西港に到着すると、北海道の師匠は先に釣っていた地元の釣り人から情報収集。シシャモを狙っている釣り人は2組だけいたがいずれも釣れてない様子。シシャモが釣れてないというより、魚全体元気がないようで何も釣れてないという状況らしい。「シシャモはね…釣れてないね」と言われてもじゃあ釣りはやめてという選択肢はない。ダメかも知れないけど竿を出す。シシャモは余興で明日からの船が本番と考えていると北海道の師匠の電話が鳴る。「あ…出ませんか!!」という言葉を聞くと用件の想像はついた。明日の釧路沖五目はウネリのために出船中止が決まった。予報で中止もあり得ると覚悟はしていたのでショックは大きくないが残念ではある。

明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止釧路西港の第一埠頭のシシャモ狙いの達人オーラが出ている人の近くで釣ることに。達人さんの装備はすごい。電動バッテリーに接続した自作の自動シャクリマシンに竿をセットし、足元にはアミコマセを入れた網を沈めている。そこまでやって「キュウリウオが2匹だけ」というのであるから相当厳しい。釣りの準備を始めるとちょうど入港していた船が出船したので達人さんは先端に移動して行った。へた釣りが仕掛けを入れるとすぐに魚信。食い上げてから引き込むような穂先の変化にゆっくり竿を持ち上げると針掛かり。歯があるのでたぶんキュウリウオ。すぐにもう1匹。これも…キュウリウオかな? 達人さんが入れていたコマセが効いている? 想像していたよりは魚信がある。
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止

■残念でしたみんなキュウリウオ。明日はコマセを買ってきて寄せる!!

明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止2匹立て続けに釣れたがその後沈黙する。コマセを撒くわけではない。ときどきふわふわと誘うだけのスローな釣り。北海道の堤防での釣りは魚影の濃さを信じて待つというこういう釣りが多い。竿1本では退屈なのでコマイでも釣れないかなと投げ竿を用意する。サビキ釣りほどではないが投げ釣りも久しぶり。ちゃんと投げられるかしらと不安だったが、堤防からなので全力で投げる必要はない。投入はなんとかなった。なんとかなったが投げ竿に魚信はなし。ゆっくりサビいて駆け上がりっぽいところを探して釣ったのだが何もなし。投げ竿にかまっているとサビキ竿がフルフルと揺れてたぶんキュウリウオが釣れてくる。20センチ超えの大きいのはキュウリウオ確定として小さめサイズはもしかしてと期待したくなる。事前に調べてあった上顎後端が目の後縁と同じくらいの位置にあるのがシシャモだとすると疑わしいのが何匹か。シシャモだったらいいなぁっとキープしたが……。
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止

明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止15時くらいになり埠頭の先端で釣っていた達人さんが帰り支度を済ませて戻ってきた。「シシャモ釣れた?」と訊かれたので、「もしかしたらというのがいる」と発泡の中を見てもらうと「残念でした。全部キュウリウオ!!」。シシャモはもっと体色の黄色味が強く、「明石家さんまみたいな歯はない」ものらしい。「キュウリウオも干せば臭いが消えて美味しい。小型なのはシシャモって言って誰かにあげてもバレないよ」と教わったが、北海道の師匠宅に常備してあるというヨモギの茎でスダレ干ししてもらって自分で食べるつもり。本日の釣果はキュウリウオ16匹。投げ竿はガンズと釧路で呼ばれている魚が釣れたのみ。明日は船が出船中止になったのでアミコマセを買ってきてシシャモ再チャレンジをするつもり。
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止



Twitter

2018年07月27日 16:47

« 空騒ぎしないようシシャモ、キュウリウオ、チカの見分け方 | メイン | 釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う »

最近の釣りに行った記事

俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!

著者: へた釣り