木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行

木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行ゴールデンウィーク後半の予報が悪いので平日だけど夜アナゴ緊急出撃してきた。下手をするとこれが2018年GW釣行のラストになる可能性もあるわけで、気合を入れてせめて5匹はと意気込んでいたが木更津のアナゴは優しくなかった。夜空に向け「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けたよ。

木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行ぎりぎりまで仕事をして出船時間の15分前に桟橋に着けばいいやと考えていたが、釣りに行けるとなると居ても立ってもいられなくなるようで、気がつくと出船30分前には羽田・かみやの桟橋に。もらった番号札は15番だったので、片舷8人。両舷を確認して入れそうなスペースを探すと左舷の舳先と2番目の人の間が広めに空いている。「ここ入れてもらっていいですか?」と聞くとOKとのこと。胴の間ではなく、四隅に近い釣り座で釣れることに。この席で「ストック5のお世話になるようじゃねぇ~」と当然のことながら出船前は釣れないかもなんて悪い予感は微塵もない。

■マヅメ時に魚信頻発。でもね、「へたクソ」だから針に掛からねぇ~!!

木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行船は30分ほど走って木更津沖へ。雨が少し降り始めていた。予報よりも早い雨の降り出しに風まで早く吹きださないかと不安に。日が落ちた直後の夕マズメの時間に釣り開始となる。仕掛けを投入して底をコツコツとハリスの長さ分くらい持ち上げるようにして小突くとすぐにコツコツという魚からのコンタクト。小突き続けてもう少し大きな魚信に変化するのを待ってエイヤッと強めに竿を持ち上げる。手応え……なし。いきなりの空振りに最初の「へたクソ!!」。チャンスタイムのようでいい頻度で魚からのコンタクトはあるのだが……どのタイミングでアワセればいいのか分からない。空振りが続くので待つと餌を取られる。その度に「へたクソ!!」と自分を罵りたくなり、実際、何度かは大声で叫んでしまう。

木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行実は比較的早い時点で1匹目は釣れていた。メソッコよりは少しいいレギュラーサイズ。ガッガッという魚信に変わった瞬間に、強めに竿を頭上まで持ち上げると針掛かりした。アナゴの口の周りはヌルヌルで柔らかそうな胴体からは想像できないくらい硬い。針掛かりさせるには竿をしっかりと強めに持ち上げると昨年淳ちゃん船長に教わった。いわく「アワセるときにリールのハンドル持ってる人ほどよくバラす」。両手で竿を持ってしっかりアワセろってこと。魚信は出るけど掛からないという状況に焦れてアワセるタイミングだけでなく、アワセる強さもあれこれ変えてみたのだが……「へたクソ!!」がやることなので改善せず。

■20時台は魚信遠のき大苦戦。21時台は魚信あるも最後まで「へたクソ」

木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行それでも早い時間に1匹手にしていたし、魚信も多かったのでストック5(5匹釣らなかった場合は足りない分を補填してもらえるかみやのルール)のお世話にはならないで済むと考えていた。日が完全に落ち暗くなると魚信が遠のき始める。小雨に加えて少し風も吹き始め船が波で上下し始めるとさらに釣るのが難しくなってきた。それでも舳の人は魚信を出せているので小突き幅を真似してみたり、キャストしてキス釣りのようにサビいてみたり、餌のボリュームが足りないのかもとアオイソメを2匹~3匹付けてみたりと分かる範囲であれこれやってみたのだがどれもこれも効果なく、20時台は一度も魚信を出せなくなってしまった。

木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行21時になり残り30分。バケツの中には最初の方に釣った1匹だけ。ストック5のお世話にならないという目標のクリアは絶望的となった。船長がアナゴをさばき始めてると、1時間以上ぶりのアナゴからの魚信。当然、空振り。腐ったわけではないがどうすれば針掛かりするのか分からないのでどうでもいいやという気分になってくる。落とし直してしばらくするとすぐに魚信。今度は……乗った。メソッコを追加する。沖上がり直前に時合になったのか、その後も何度か魚信はあったのだが「へたクソ」は最後まで「へたクソ」のままでこの日は終了。ストック5で3匹補填してもらう。



Twitter

2018年05月03日 17:00

« 小雨でもいい!! GW釣りなしは耐えられないのでアナゴ行く | メイン | やっぱアナゴ丼最高♪ またかみやに5匹もらいに行くしか… »

最近の釣りに行った記事

5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!

著者: へた釣り