木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行

木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行ゴールデンウィーク後半の予報が悪いので平日だけど夜アナゴ緊急出撃してきた。下手をするとこれが2018年GW釣行のラストになる可能性もあるわけで、気合を入れてせめて5匹はと意気込んでいたが木更津のアナゴは優しくなかった。夜空に向け「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けたよ。

木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行ぎりぎりまで仕事をして出船時間の15分前に桟橋に着けばいいやと考えていたが、釣りに行けるとなると居ても立ってもいられなくなるようで、気がつくと出船30分前には羽田・かみやの桟橋に。もらった番号札は15番だったので、片舷8人。両舷を確認して入れそうなスペースを探すと左舷の舳先と2番目の人の間が広めに空いている。「ここ入れてもらっていいですか?」と聞くとOKとのこと。胴の間ではなく、四隅に近い釣り座で釣れることに。この席で「ストック5のお世話になるようじゃねぇ~」と当然のことながら出船前は釣れないかもなんて悪い予感は微塵もない。

■マヅメ時に魚信頻発。でもね、「へたクソ」だから針に掛からねぇ~!!

木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行船は30分ほど走って木更津沖へ。雨が少し降り始めていた。予報よりも早い雨の降り出しに風まで早く吹きださないかと不安に。日が落ちた直後の夕マズメの時間に釣り開始となる。仕掛けを投入して底をコツコツとハリスの長さ分くらい持ち上げるようにして小突くとすぐにコツコツという魚からのコンタクト。小突き続けてもう少し大きな魚信に変化するのを待ってエイヤッと強めに竿を持ち上げる。手応え……なし。いきなりの空振りに最初の「へたクソ!!」。チャンスタイムのようでいい頻度で魚からのコンタクトはあるのだが……どのタイミングでアワセればいいのか分からない。空振りが続くので待つと餌を取られる。その度に「へたクソ!!」と自分を罵りたくなり、実際、何度かは大声で叫んでしまう。

木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行実は比較的早い時点で1匹目は釣れていた。メソッコよりは少しいいレギュラーサイズ。ガッガッという魚信に変わった瞬間に、強めに竿を頭上まで持ち上げると針掛かりした。アナゴの口の周りはヌルヌルで柔らかそうな胴体からは想像できないくらい硬い。針掛かりさせるには竿をしっかりと強めに持ち上げると昨年淳ちゃん船長に教わった。いわく「アワセるときにリールのハンドル持ってる人ほどよくバラす」。両手で竿を持ってしっかりアワセろってこと。魚信は出るけど掛からないという状況に焦れてアワセるタイミングだけでなく、アワセる強さもあれこれ変えてみたのだが……「へたクソ!!」がやることなので改善せず。

■20時台は魚信遠のき大苦戦。21時台は魚信あるも最後まで「へたクソ」

木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行それでも早い時間に1匹手にしていたし、魚信も多かったのでストック5(5匹釣らなかった場合は足りない分を補填してもらえるかみやのルール)のお世話にはならないで済むと考えていた。日が完全に落ち暗くなると魚信が遠のき始める。小雨に加えて少し風も吹き始め船が波で上下し始めるとさらに釣るのが難しくなってきた。それでも舳の人は魚信を出せているので小突き幅を真似してみたり、キャストしてキス釣りのようにサビいてみたり、餌のボリュームが足りないのかもとアオイソメを2匹~3匹付けてみたりと分かる範囲であれこれやってみたのだがどれもこれも効果なく、20時台は一度も魚信を出せなくなってしまった。

木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行21時になり残り30分。バケツの中には最初の方に釣った1匹だけ。ストック5のお世話にならないという目標のクリアは絶望的となった。船長がアナゴをさばき始めてると、1時間以上ぶりのアナゴからの魚信。当然、空振り。腐ったわけではないがどうすれば針掛かりするのか分からないのでどうでもいいやという気分になってくる。落とし直してしばらくするとすぐに魚信。今度は……乗った。メソッコを追加する。沖上がり直前に時合になったのか、その後も何度か魚信はあったのだが「へたクソ」は最後まで「へたクソ」のままでこの日は終了。ストック5で3匹補填してもらう。



Twitter

2018年05月03日 17:00

« 小雨でもいい!! GW釣りなしは耐えられないのでアナゴ行く | メイン | やっぱアナゴ丼最高♪ またかみやに5匹もらいに行くしか… »

最近の釣りに行った記事

【番外編】妻と釣りじゃないデートで大阪食い&呑みだおれ
猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと

著者: へた釣り