序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ

序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ熟女マゴチを所望だとか、本塁打マゴチで一発逆転だなどと威勢のいいことをほざいているが、60センチ超えのマゴチは2匹しか釣ったことがない。前回釣ったのは3年前その前はさらに4年前。幻のとは言わないがかなりレアな出現率だ。久々の特大サイズにマゴチにしてよかったぁ~。

序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ午前中は凪で午後から風が強まるという予報だったが、朝起きてからもう一度予報を確認すると風の吹き始めが早まるようで、10時くらいまでが勝負の雰囲気。そんな予報を嫌ってか、羽田・かみやマゴチ船はいつもの週末よりは空いており、右舷4人、左舷3人での出船となる。電車でのんびり釣行のへた釣りはいつものように左舷の真ん中。デカッw船長がいる操舵室のすぐ下辺りに釣り座を決める。船は凪の海を富津沖へと向かう。昨日は富津沖~海堡周辺で中型主体で釣れたみたい。

■辛抱強くタナ取り直すも…とにかく魚信遠い。11時半にやっとデカッw

序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチマゴチ釣りでできることは誘いを兼ねてとにかく飽きずにタナを取り直し続けること。20秒に一度、オモリで底を取り直して1メートルタナを切る。魚信が出るまでひたすら、機械のようにこの作業を繰り返す。8時30分に釣り開始。水深は13メートルだった。なにも起きない。マゴチからはもちろんのこと、イカからもフグすらもエビに食ってこない。唯一エビが暴れたのはアカクラゲの触手に接触したときだけ。20分経ち、30分経ち……。9時20分すぎにようやく最初の魚信。魚信の出方から食ってきているマゴチが小さいのが分かる。グッグッと穂先を引き込むような魚信になるまで待って竿を立てると手応えなし。尻尾付近を咥えていただけ。そこからまた沈黙。

序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ最初の魚信から次の魚信までがとにかく長かった。船長は何度も筋を変え、水深を変え攻めてくれているのだが船の周辺にマゴチはいないんじゃ?と疑いたくなるほどに何事も起きない。2度目の魚信は11時ちょうど。これまた小さい。最初の魚信は早アワセだったのでじっくり粘ってさすがにもうというタイミングで竿を持ち上げると……一瞬竿に重みが乗ったが勢いよく竿を持ち上げたせいで極小マゴチが針に乗っかったまま浮いてしまった。リールを巻き始めるとすぐにバレた。小さなマゴチはアワセの強さに工夫が必要? 11時35分に3度目の魚信。今度はなんとかアワセにも成功して、ボウズだけは回避。いつもなら「デカッw」とからかわれるサイズだが…デカッw船長も本日はとっても弱っていたようで、「よくぞ釣ってくれた!」と感謝される。船中2本目だったらしい。

■3年ぶり3匹目の本塁打マゴチ浮上!! 気をよくすると魚信増える不思議

序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ富津沖から海堡周り、もう少し沖へとポイントが移っていく。11時半を回り少し風が吹き始めるとマゴチからのコンタクトは増えた。でも…どれもこれも手応え的には40センチ以下のデカッwサイズばかりだった。空振りしまくる。その都度エビの状態を確認したが、全部マゴチだったと思う。12時の時点で6打数1安打。今日も二軍落ちの打率かなと思っていたら、本日初のグッグッグーンと竿先を力強く引き込む魚信。こっちの方が断然アワセやすい。大きく穂先を持っていたタイミングでどりゃぁぁぁあああ!!と竿を持ち上げる。竿がひん曲がる。腕は肩より上にあるのに穂先は目線より下にある。デカい。ドラグが滑る。無理をせずにゆっくりとドラグを滑らせながらのやり取り。海面に見えたのは三塁打(55センチ以上)は確実。本塁打(60センチ以上)かも? デカッw船長に計測してもらうと61.1センチだった。
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ

序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ1匹このサイズが獲れればマゴチ釣りは心に余裕ができる。余裕ができると魚信が増えだすのであるから不思議なものである。マメにタナさえ取り直なおせば魚信はだせるようになったが、マゴチが小さいせいか、それともやる気がないせいかどうにもアワセるタイミングが難しい。このあとも空振りしまくる。最後にやってきた小柴沖で40センチくらいのを1匹追加してこの日の成績は11打数3安打本塁打1本。釣ったマゴチは神経絞めして持ち帰る。本塁打級のマゴチがピクピクと痙攣しているのを見てぐふふと笑う変態さんと化す。
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ



Twitter

2018年04月14日 19:26

« 波を嫌って宇佐美遠征は来週。今週はマゴチに行くことに!! | メイン | 2018年の大会初めは5/13江戸前釣りサーキット大会マゴチ »

最近の釣りに行った記事

へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会

著者: へた釣り