序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ

序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ熟女マゴチを所望だとか、本塁打マゴチで一発逆転だなどと威勢のいいことをほざいているが、60センチ超えのマゴチは2匹しか釣ったことがない。前回釣ったのは3年前その前はさらに4年前。幻のとは言わないがかなりレアな出現率だ。久々の特大サイズにマゴチにしてよかったぁ~。

序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ午前中は凪で午後から風が強まるという予報だったが、朝起きてからもう一度予報を確認すると風の吹き始めが早まるようで、10時くらいまでが勝負の雰囲気。そんな予報を嫌ってか、羽田・かみやマゴチ船はいつもの週末よりは空いており、右舷4人、左舷3人での出船となる。電車でのんびり釣行のへた釣りはいつものように左舷の真ん中。デカッw船長がいる操舵室のすぐ下辺りに釣り座を決める。船は凪の海を富津沖へと向かう。昨日は富津沖~海堡周辺で中型主体で釣れたみたい。

■辛抱強くタナ取り直すも…とにかく魚信遠い。11時半にやっとデカッw

序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチマゴチ釣りでできることは誘いを兼ねてとにかく飽きずにタナを取り直し続けること。20秒に一度、オモリで底を取り直して1メートルタナを切る。魚信が出るまでひたすら、機械のようにこの作業を繰り返す。8時30分に釣り開始。水深は13メートルだった。なにも起きない。マゴチからはもちろんのこと、イカからもフグすらもエビに食ってこない。唯一エビが暴れたのはアカクラゲの触手に接触したときだけ。20分経ち、30分経ち……。9時20分すぎにようやく最初の魚信。魚信の出方から食ってきているマゴチが小さいのが分かる。グッグッと穂先を引き込むような魚信になるまで待って竿を立てると手応えなし。尻尾付近を咥えていただけ。そこからまた沈黙。

序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ最初の魚信から次の魚信までがとにかく長かった。船長は何度も筋を変え、水深を変え攻めてくれているのだが船の周辺にマゴチはいないんじゃ?と疑いたくなるほどに何事も起きない。2度目の魚信は11時ちょうど。これまた小さい。最初の魚信は早アワセだったのでじっくり粘ってさすがにもうというタイミングで竿を持ち上げると……一瞬竿に重みが乗ったが勢いよく竿を持ち上げたせいで極小マゴチが針に乗っかったまま浮いてしまった。リールを巻き始めるとすぐにバレた。小さなマゴチはアワセの強さに工夫が必要? 11時35分に3度目の魚信。今度はなんとかアワセにも成功して、ボウズだけは回避。いつもなら「デカッw」とからかわれるサイズだが…デカッw船長も本日はとっても弱っていたようで、「よくぞ釣ってくれた!」と感謝される。船中2本目だったらしい。

■3年ぶり3匹目の本塁打マゴチ浮上!! 気をよくすると魚信増える不思議

序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ富津沖から海堡周り、もう少し沖へとポイントが移っていく。11時半を回り少し風が吹き始めるとマゴチからのコンタクトは増えた。でも…どれもこれも手応え的には40センチ以下のデカッwサイズばかりだった。空振りしまくる。その都度エビの状態を確認したが、全部マゴチだったと思う。12時の時点で6打数1安打。今日も二軍落ちの打率かなと思っていたら、本日初のグッグッグーンと竿先を力強く引き込む魚信。こっちの方が断然アワセやすい。大きく穂先を持っていたタイミングでどりゃぁぁぁあああ!!と竿を持ち上げる。竿がひん曲がる。腕は肩より上にあるのに穂先は目線より下にある。デカい。ドラグが滑る。無理をせずにゆっくりとドラグを滑らせながらのやり取り。海面に見えたのは三塁打(55センチ以上)は確実。本塁打(60センチ以上)かも? デカッw船長に計測してもらうと61.1センチだった。
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ

序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ1匹このサイズが獲れればマゴチ釣りは心に余裕ができる。余裕ができると魚信が増えだすのであるから不思議なものである。マメにタナさえ取り直なおせば魚信はだせるようになったが、マゴチが小さいせいか、それともやる気がないせいかどうにもアワセるタイミングが難しい。このあとも空振りしまくる。最後にやってきた小柴沖で40センチくらいのを1匹追加してこの日の成績は11打数3安打本塁打1本。釣ったマゴチは神経絞めして持ち帰る。本塁打級のマゴチがピクピクと痙攣しているのを見てぐふふと笑う変態さんと化す。
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ



Twitter

2018年04月14日 19:26

« 波を嫌って宇佐美遠征は来週。今週はマゴチに行くことに!! | メイン | 2018年の大会初めは5/13江戸前釣りサーキット大会マゴチ »

最近の釣りに行った記事

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で

著者: へた釣り