4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!

4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!行く前からどうせ釣れねぇだろうなと思っていた。それくらい縁遠い魚なのである。本命としては2、3年は釣ってないと記憶していた。昨年は1戦もしてないので2年ぶりのオニカサゴ狙い。「元気に多動性」でなんとかなってほしいなぁという以外に策はなし。それでも釣れる時は釣れたよ~ん!!

4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!フォースマスター400が故障してなければ選択することはなかったであろう釣り物だ。羽田・かみやオニカサゴを2017年の初釣りに選んだ。オニカサゴに上から落ちてくるエサを見せるということだけを意識してゆっくり誘い上げてからのゆっくり誘い下げという以外に策はなし。2年ぶりにやる釣りなので策なんて立てようがない。席は左舷5人の真ん中。潮先になると思われる艫には異次元O塚名人がいる。魚回ってこないかも。O塚名人から「魚信は意外と小さく、(竿を)動かしすぎると掛からないかも」と最近の釣況を教えてもらう。でも、動かす。他にできることはない。
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!

■2017年も時化海スタート。でも念願のオニカサゴが釣れたよ~~~!!

4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!船は定刻に桟橋を離れる。船長はデカッw船長。「1時間半ほど走って洲の崎沖に向かう」とのアナウンスがある。朝には風は弱まっているはずだったが、思った以上に風が強く間違いなく飛沫を被るのでキャビンに逃げ込む。船は時々大きな波を乗り越えるようにして速度を落として進む。観音崎で止まるかもという予感もあったが当初の予定通り洲の崎沖へ。船が止まると風は多少あり波も低くはないがなんとか釣りにはなりそうな雰囲気。仕掛けがなるべく自然に動くようにサルカンを使わず編み込みで補強した仕掛けで釣り開始。水深は90メートル。徐々に深くなっていくという指示だったので着底したらすぐにゆっくり誘い上げ1メートルくらい持ち上げたらゆっくり誘い下げて底を取り直す。波で船が上下するので底を大きく切ってしまっている時間を短くするように意識した。
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!

4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!竿先をフルルと動かすような魚信はすぐにあった。針掛かりするような魚信ではないがしつこく魚信り続ける。オニカサゴの魚信なんてすっかり忘れてしまっているので、これってオニカサゴ????な状態。仕掛けを回収してみると皮だけ残して身は全部齧り取られているという妙なエサの取られ方。その後も同じような魚信とエサの取られ方に悩む。その後周りで釣れたゲストから判断すると小さなキダイかな? 一度も針掛かりしなかったので正体は不明。待ちに待った瞬間は釣り開始後2時間近く経った11時少し前に訪れる。ガシガシという擬音が合いそうな魚信。竿をゆっくり持ち上げると竿先に重みが乗る。「もう1回アワセて!!」とデカッw船長が背後で叫ぶ。船長がかまえたタモに無事収まったのは35センチを少し切るくらいのオニカサゴだった。「2年ぶり!! 3年ぶりかも!」と大はしゃぎである。
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!

■調べてみたらオニカサゴは…4年ぶり。過去12釣行で10釣行がボウズ

4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!1匹釣ったら急に風が弱まり海が凪いできた。と同時になぜか水深があまり変わらなくなってきた。「潮が動かなくなった」とアナウンスがありポイントを移動。攻める水深が少しずつ深くなっていった。12時ごろにちょっとマシな魚信があって釣れてきたのは20センチ(リリースサイズ)のオニカサゴ。背びれに明確に黒斑があったのでフサカサゴ。魚信が多い釣りではないと覚悟はしていたが針掛かりしそうな魚信はなかなか訪れない。12時半にちょっとはマシだがキープできるか微妙な魚信があって、これが26センチ(デカッw船長計測)のオニカサゴ。測ってもらわなければリリースするところだった。5釣行連続でボウズをくらっていたので2匹も釣れるなんてビックリである。仕掛けを軽くしてゆっくりと動かし続けるという作戦効いているのかな?
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!

4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!洲の崎沖では全く潮が動かなくなったようで13時30分に剣崎沖に北上する。こちらはいくらか潮が動いていたようだが、へた釣りは魚信を出せずにそのまま沖上がり。帰りもキャビンに逃げ込んでいつ以来のオニカサゴだろうと調べてみたら、最後に釣ったのは2014年1月25日だと判明する。アマダイ釣りのゲストとしては何度か釣っているがオニカサゴを狙って釣ったのはなんと4年ぶりだった。さらに、過去12釣行でオニカサゴが釣れたのは2釣行のみで残りの10釣行はボウズだったことも分かった。本日釣ったオニカサゴは通算4匹目と5匹目。へた釣りにとっては超レア魚なわけでもうニッコニコである。さらに、O塚名人から小ぶりなオニカサゴを2匹もらってクーラーの中にオニカサゴが4匹。鍋にして食う。2017年の初釣りはし~あ~わ~せ~なので吉!!



Twitter

2018年01月07日 19:50

« オマツリでPEが傷んだら教えるってルール化できないかな | メイン | もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ »

最近の釣りに行った記事

午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新

著者: へた釣り