4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!

4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!行く前からどうせ釣れねぇだろうなと思っていた。それくらい縁遠い魚なのである。本命としては2、3年は釣ってないと記憶していた。昨年は1戦もしてないので2年ぶりのオニカサゴ狙い。「元気に多動性」でなんとかなってほしいなぁという以外に策はなし。それでも釣れる時は釣れたよ~ん!!

4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!フォースマスター400が故障してなければ選択することはなかったであろう釣り物だ。羽田・かみやオニカサゴを2017年の初釣りに選んだ。オニカサゴに上から落ちてくるエサを見せるということだけを意識してゆっくり誘い上げてからのゆっくり誘い下げという以外に策はなし。2年ぶりにやる釣りなので策なんて立てようがない。席は左舷5人の真ん中。潮先になると思われる艫には異次元O塚名人がいる。魚回ってこないかも。O塚名人から「魚信は意外と小さく、(竿を)動かしすぎると掛からないかも」と最近の釣況を教えてもらう。でも、動かす。他にできることはない。
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!

■2017年も時化海スタート。でも念願のオニカサゴが釣れたよ~~~!!

4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!船は定刻に桟橋を離れる。船長はデカッw船長。「1時間半ほど走って洲の崎沖に向かう」とのアナウンスがある。朝には風は弱まっているはずだったが、思った以上に風が強く間違いなく飛沫を被るのでキャビンに逃げ込む。船は時々大きな波を乗り越えるようにして速度を落として進む。観音崎で止まるかもという予感もあったが当初の予定通り洲の崎沖へ。船が止まると風は多少あり波も低くはないがなんとか釣りにはなりそうな雰囲気。仕掛けがなるべく自然に動くようにサルカンを使わず編み込みで補強した仕掛けで釣り開始。水深は90メートル。徐々に深くなっていくという指示だったので着底したらすぐにゆっくり誘い上げ1メートルくらい持ち上げたらゆっくり誘い下げて底を取り直す。波で船が上下するので底を大きく切ってしまっている時間を短くするように意識した。
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!

4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!竿先をフルルと動かすような魚信はすぐにあった。針掛かりするような魚信ではないがしつこく魚信り続ける。オニカサゴの魚信なんてすっかり忘れてしまっているので、これってオニカサゴ????な状態。仕掛けを回収してみると皮だけ残して身は全部齧り取られているという妙なエサの取られ方。その後も同じような魚信とエサの取られ方に悩む。その後周りで釣れたゲストから判断すると小さなキダイかな? 一度も針掛かりしなかったので正体は不明。待ちに待った瞬間は釣り開始後2時間近く経った11時少し前に訪れる。ガシガシという擬音が合いそうな魚信。竿をゆっくり持ち上げると竿先に重みが乗る。「もう1回アワセて!!」とデカッw船長が背後で叫ぶ。船長がかまえたタモに無事収まったのは35センチを少し切るくらいのオニカサゴだった。「2年ぶり!! 3年ぶりかも!」と大はしゃぎである。
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!

■調べてみたらオニカサゴは…4年ぶり。過去12釣行で10釣行がボウズ

4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!1匹釣ったら急に風が弱まり海が凪いできた。と同時になぜか水深があまり変わらなくなってきた。「潮が動かなくなった」とアナウンスがありポイントを移動。攻める水深が少しずつ深くなっていった。12時ごろにちょっとマシな魚信があって釣れてきたのは20センチ(リリースサイズ)のオニカサゴ。背びれに明確に黒斑があったのでフサカサゴ。魚信が多い釣りではないと覚悟はしていたが針掛かりしそうな魚信はなかなか訪れない。12時半にちょっとはマシだがキープできるか微妙な魚信があって、これが26センチ(デカッw船長計測)のオニカサゴ。測ってもらわなければリリースするところだった。5釣行連続でボウズをくらっていたので2匹も釣れるなんてビックリである。仕掛けを軽くしてゆっくりと動かし続けるという作戦効いているのかな?
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!

4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!洲の崎沖では全く潮が動かなくなったようで13時30分に剣崎沖に北上する。こちらはいくらか潮が動いていたようだが、へた釣りは魚信を出せずにそのまま沖上がり。帰りもキャビンに逃げ込んでいつ以来のオニカサゴだろうと調べてみたら、最後に釣ったのは2014年1月25日だと判明する。アマダイ釣りのゲストとしては何度か釣っているがオニカサゴを狙って釣ったのはなんと4年ぶりだった。さらに、過去12釣行でオニカサゴが釣れたのは2釣行のみで残りの10釣行はボウズだったことも分かった。本日釣ったオニカサゴは通算4匹目と5匹目。へた釣りにとっては超レア魚なわけでもうニッコニコである。さらに、O塚名人から小ぶりなオニカサゴを2匹もらってクーラーの中にオニカサゴが4匹。鍋にして食う。2017年の初釣りはし~あ~わ~せ~なので吉!!



Twitter

2018年01月07日 19:50

« オマツリでPEが傷んだら教えるってルール化できないかな | メイン | もう1戦するかっ!! 多動性中年向けオニカサゴ誘い方メモ »

最近の釣りに行った記事

手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日
食っておくれと泣いてます…越冬シロギスでヒュルリララ
ほぼ25upのA5ランクアジで初釣りビシアジデート大成功
アマダイのやる気感じず…なんとか雑煮の具&ステッカー
誘うとキダイもサバも食わない海にこてんぱんにされたよ
シマアジは俺のこと大嫌いみたいだ。コマいのが1匹だけ

著者: へた釣り