江戸前カワハギおかわりは船別で型数1位も3万円に届かず

江戸前カワハギおかわり戦は船で型数1位も3万円に届かず羽田・かみやでの大時化の海での1回戦に続き、南六郷・ミナミから江戸前釣りサーキット大会カワハギの部の2回戦。凪で気持ちよく釣りはできたが魚の活性は今一つ。あの手この手で魚信を出して掛けていくという戦いに。船別では型・数ともに1位だったが特別賞(3万円?)には届かず。

江戸前カワハギおかわり戦は船で型数1位も3万円に届かず2015年のTKB決勝以来だからおよそ2年ぶりのミナミである。京急・雑色駅の改札がきれいになっていてびっくりした。駅構内を出れば決して小ぎれいなとは言い難い商店街はそのまま残っていた。ミナミへはこの商店街を10分ほど歩いて辿りつく。受付を済ませたらさらに5分ほど歩いて水門の中の船着き場へ。久しぶりなのでフィーリング船長の船に乗りたかったが既に右舷の胴に数席空きがあるだけ。第7と呼ばれるもう1隻の左舷にはまだまだ空きがあった。釣友でミナミの常連でもあるU原工房長東京湾小物部のBibe名人N木達人らも第7の右舷に乗っている。何度かフィーリング船長船に渡りかけては戻りと優柔不断ぶりをいかんなく発揮。結局、潮先が左舷後方という予想から第7に乗ることに。フィーリング船長のフィーリング漫談は出船前に少ししか聞けず。残念。
江戸前カワハギおかわり戦は船で型数1位も3万円に届かず江戸前カワハギおかわり戦は船で型数1位も3万円に届かず

■なんと…針を忘れるorz 妻1号所望のコーヒー豆ゲットでホッと一息

江戸前カワハギおかわり戦は船で型数1位も3万円に届かず釣り座を左舷の後ろから3番目に決めて準備を始めるとすぐに頭を抱えることになる。なんと……針を1本も持ってこなかった。あったら便利なのにという小物を忘れることはあるが、針を忘れるなんて……。U原工房長Bibe名人から針を恵んでもらって釣ることに。ハギポンピカイチくんアワビ貼りブレードは最初から投入。ラバマックス+ゴム製ピラピラは最近のサバフグ禍を鑑みて封印。ファクトリーK製のエサトレーベースや1ミリでも損しないためのエアポンプは持ってきているのに…どうして針忘れるかなぁ~。ここ数年競技カワハギくわせしか使ったことないので不安。
江戸前カワハギおかわり戦は船で型数1位も3万円に届かず江戸前カワハギおかわり戦は船で型数1位も3万円に届かず

江戸前カワハギおかわり戦は船で型数1位も3万円に届かず竹岡沖のポイントに到着して釣り開始。無線の感じからするとあまり釣況は芳しくなく、「魚信がない」「釣れない」という船長の悲鳴ばかりが聞こえてくる。どんなもんかいなと仕掛けを入れていつも通り底を2メートル切ってから1メートル叩き下げて残りの1メートルをゆっくり誘い下げながら丹念に探る。すぐにガサというカワハギからのコンタクトがあり、開始9分で1匹目。「魚信がない」「釣れない」という無線ほど酷くはない手応え。2カ所目のポイントで早掛け賞のアナウンス。ミナミの早掛け賞の賞品はコーヒー豆で妻1号からは絶対にもらってきてとお願いされている。気合を入れて早掛けに挑む。……ベラ…仕切り直して……トラギス。2回もミスしてさすがにダメかと諦めかけたがほかの人も苦戦しているようで、3回目のチャレンジでカワハギを釣って無事コーヒー豆ミッションはクリア。
江戸前カワハギおかわり戦は船で型数1位も3万円に届かず江戸前カワハギおかわり戦は船で型数1位も3万円に届かず

■尺超えしかいらない作戦だが28センチまで。ラストチャンスは…無念

江戸前カワハギおかわり戦は船で型数1位も3万円に届かず江戸前釣りサーキット大会カワハギの部のルールは1匹全長勝負。なのに釣っても釣っても20センチに届かないサイズばかりという何やってるんだ、俺な時間帯が続く。最大サイズは22センチくらい。そのサイズが大きく見えるのであるからカワハギは数より型を標榜して愚策を練っているはずなのに全くうまくいかない。フィーリング船長船で31センチが上がったという情報に接し、このまま釣り続けても埒が明かないと作戦を変更。宙よりもさらに餌が動かない底から30センチ~45センチの位置に3本針を密集された仕掛けを投入する。ゼロテンションからややマイナス気味のテンションでデカハギからの接触を待つ。作戦は当たった。12時すぎに今日一の手応えで28センチのカワハギ。その後もワッペンの釣れるペースは落ちたが20センチ超えが混ざるようにはなった。
江戸前カワハギおかわり戦は船で型数1位も3万円に届かず江戸前カワハギおかわり戦は船で型数1位も3万円に届かず

江戸前カワハギおかわり戦は船で型数1位も3万円に届かず残り10分。ここまでかと観念しかけていると……竿を持ち上げて魚を底から引き離すのに苦労する会心の魚信が訪れる。カワハギなら尺確実の手応えだ。針掛かりもし「俺って持ってるね」と巻き上げに転じた瞬間にブッという感触。バレた。これで針がなくなっていればフグだったと諦めもつくのだが……針は3つとも残っていた。無念。そのまま沖上がり。15匹で最大28センチ。ミナミの大会は2隻合わせてではなく各船ごとに賞品が出る。28センチは船中最大だったので穂寿庵のあげもちをいただく。15匹も船中1位だったが数釣り賞は2番だったU原工房長の元へ。特別賞(3万円?)には届かなかったが大物賞、早掛け賞と賞品を2個もゲットできたので2年ぶりのミナミへの釣行はめでたしめでたし。
江戸前カワハギおかわり戦は船で型数1位も3万円に届かず江戸前カワハギおかわり戦は船で型数1位も3万円に届かず



Twitter

2017年11月03日 20:29

« 毎年末の運試し。一之瀬丸感謝デー釣り大会が予約開始に | メイン | 針を忘れて反省。小型ランガンシステムBOXをカワハギに!? »

最近の釣りに行った記事

血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか

著者: へた釣り