なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう

なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう本日は北海道遠征2017の折り返し日にして休竿日。明日、明後日の釧路沖の波風予報は好転し、出船できそうな雰囲気。2年ぶりのアオゾイとの対面を果たしたい。休竿日といっても船には乗らないが竿は握る。ホテルの脇を流れる小川で渓流釣りの真似事。オショロコマと戯れる。

なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらうお気に入りの宿、ヘイゼルグラウスマナーに今年も一泊。美味しい料理とワイン、カクテルを楽しんで、どこの王侯貴族用?という豪勢なベッドで眠る。せっかくの寝心地最高のベッドなのだからゆっくり寝てればいいのだが、日が昇り窓の外が明るくなると不思議と目が覚める。渓流竿と仕掛け一式、エサのブドウ虫を持って、ホテル脇を流れる虹別川の支流に向かう。散策用にかそれともへた釣り同様ここで渓流釣りの真似事をして楽しむ人がほかにもいるのか、足場がきれいに拓かれており、スニーカーでだって釣りができるようになっている。

■川の中に進んで丁寧にバイカモ際を流すとオショロコマが飛び出す

なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう川は毎年姿容を変える。今年はこの数日降った雨のせいか流れが急で手前側は極端に浅くなっており、本流は竿が届かない奥の方になってしまっていた。まずは手前の浅いポイントを流してみるが水深が浅すぎるのか魚の反応はなし昨晩雨が降り、足元の草が濡れていそうだったので長靴を履いていたので手前の浅い場所を渡って奥の本流に仕掛けが流せる位置まで前進する。

なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう渓流の魚は神経質なので音を立てない、姿を見せないなんて繊細なことを考える必要はこの川に限ればない。バチャバチャと本流のバイカモの際に竿が届く場所まで進んで、仕掛けを投入する。なるべくエサが自然に流れるように糸を張らず緩めず流していくと道糸に付けた目印が不自然な動きをする。ゆっくりとラインを張ると手元まで魚が暴れる小気味よい感触が伝わってくる。オショロコマというイワナの仲間だ。広い場所ではないので、あまりたくさんは釣れないが、オショロコマのいそうな場所を予想してエサを流すといい確率で魚が飛び出してくる。8匹ほど釣ったころに背後から子供の声。
なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらうなんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう

■橋の上から…釣れるかと不安だったが子供たち3人ともゲットに成功

なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう子供2号と姪1号、姪2号が3人でやってくる。子供2号と姪1号は昨日の標津沖カレイ釣りにも参加しているが、姪2号はまだ小さいという理由でカレイ釣りには混ぜてもらえない。禁止されるとやりたくなるのが子供というもので、姪2号は釣りに興味津々。昨年は釣堀に離してあったニジマスとのファイトを楽しんでもらったが、今年は釣堀にニジマスは入っていない。川の中に立つのは危険なのでポイントを移動することに。少し上流に小さな木の橋がかかっておりその上から釣ることに。

なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう普通の渓流での釣りとは違い上流から下流に竿を扇形に動かして流すという釣り方はできないので釣れるかどうか不安だったが、子供2号がなんなく1匹目のオショロコマをゲット。いい位置にエサが入れば難しいことを考えなくても魚が飛び出してくる。続いて姪2号。これまたなんなくオショロコマを釣り上げる。好きこそものの上手なれで釣り方を説明するとすぐに理解する。来年はカレイ釣りにも参加できそう? 最後に姪1号。お姉さんらしくあっさりと魚を釣り上げる。3人とも2、3匹ずつ釣り上げた。無事に全員釣ってもらえることができて、へた釣りはミッションコンプリート。
なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらうなんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう



Twitter

2017年07月23日 16:48

« 釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまで | メイン | 2年ぶりの釧路の沖を満喫。ただしアオゾイ明日にオアズケ »

最近の釣りに行った記事

かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会
江戸前カワハギおかわりは船別で型数1位も3万円に届かず
台風前の強行午前アミ五目はマダイで入魂、イナダで痛恨
台風の中継かって時化海でたっのしーいカワハギ釣り大会
高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ
ちいさいアジ、ちいさいアジ、ちいさいアジだけ釣…~れた♪
あと5g分の底力が足りず上州屋カワハギ大会はお土産なし
ウィリーたっのしーカイワリ5匹。カンパチきっびしー1匹だけ
1匹だけはという夢はかなえたもののマゴチに苦手意識は…
どっちつかずで狙いを絞れずアジのみで終わったアミ五目
時化後の××で八景沖アジがちょろいヤツに。半日で117匹♪
型(25up×7匹)よし、数(122匹)よしで2017イサキは最高だ♪
1匹1匹丁寧に真心込めて巻き上げたイサキは…88匹止まり
船上でムキー!!ってなったら負け。タチウオ迷宮に迷いこむ
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!
入れパク追い食いバリバリ。イサキ162匹に笑いが止まらん
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった
2年ぶりの釧路の沖を満喫。ただしアオゾイ明日にオアズケ
なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう
釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまで
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す
カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果に
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征
ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新

著者: へた釣り