晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち

晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ちメバル開幕戦でぶっこけて、湾奥の仇は八景で討つとポイントを変えてのリベンジ釣行。予報では午前中は曇りで風も弱まっていくはずだったが……ハズれた。お天気は晴れ、しかも北寄りの風が結構強く、船が波で上下する。メバル釣りには悪条件。八景メバルに返り討ちされた。

晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち返り討ちの予兆は前夜から。何人かの名人さんから「明日はメバルはダメですよぉ~」と指摘されていた。どうして?と何度も天気予報を見直したのだが、午前中は曇りで朝のうちこそ6~7メートルの風が吹くが徐々に弱まっていくという予報だった。ベストではないが、メバルが釣れる条件は満たしている。何言ってやがんだいととっとと予約を済ませた。朝起きてテレビを点けると予報が変わっている。午前中は晴れ。爆釣フラグが30度くらい傾いだ。外に出てみると風が結構強い。船が出ないってほどの風ではないが冬のメバル釣りにはちょっと厳しい感じの風。爆釣フラグがもう30度傾ぐ。

■春一番で潮が澄み全く口を使ってくれない八景メバルに大苦戦

晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち金沢八景・一之瀬丸のショートエビメバル五目だ。船長はカワハギ釣りでお世話になる西村船長。「釣らせてね~」と挨拶すると、「昨日、春一番吹いちゃったからねぇ」と、どうも反応がよろしくない。内心では「釣りたいならどうしてこんな日に来るの」と思っていた? へた釣りの釣り座は右舷の胴やや前寄り。一之瀬丸メバル釣りは反応を探して仕掛けを投入するので、一投目からすぐに魚信があった。穂先をフルフルとはさせるがグンッとは引き込まない。最初の獲物はアジだった。お次は結構いい手応えだけど、これも魚信の出方がメバルではない。ウミタナゴで二目め。開幕戦でも本命を手にする前に六目釣ってしまったがその悪夢が蘇る。続いてトラギスで三目め。……今日もあかんかも。
晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち

晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち波で船が上下し、ゼロテンション以下では小さな魚信だけ出て餌がなくなることがある。でも、テンションをかけてしまうと魚信を出せない。こんなときの必殺技がヤジロベイ釣法。竿を握らず人差し指で支えるだけにしてゼロテンションを維持する。ヤジロベイ釣法の効果があってか釣り開始1時間目でようやく1匹目のメバル。その次に釣れた物が本日のハイライト。魚ではない。根に引っ掛かってゴミでも付いた?と思って巻き上げてきたらワタリガニに似たカニ。船長からイシガニだと教えてもらう。その後メバルは2匹追加し3匹で終了。サイズは全部15センチくらいで煮付け解禁にはまたも失敗。船長いわく「反応はびっちり出ている。でも南風が吹いちゃうと潮が澄むので口を使ってくれない」ってことみたい。名人さんが言ってた明日はダメの理由はこれかっ!!
晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち

■冬の東京湾癒しキャラNo.1はメバルじゃなくってイシモチかもね

晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ちメバルを狙っていても埒が明かないと判断した船長は3時間でメバルを切りあげて、釣り物をイチモチにスイッチする。ポイントは猿島沖の水深50メートル。イシモチ船団に合流しての釣りとなった。餌はアオイソメで仕掛けはメバルの物を流用する。イソメの頭の硬い部分をちょん掛けし、タバコの長さくらいでちょん切る。仕掛けを投入したらときどきオモリを持ちあげて着底させてと誘っていると、はっきりと穂先が上下する魚信が出る。アワセると抜けることが多い。メバル竿の食いこみの良さを信じて軽くオモリを持ち上げるようにすると、グッと穂先を持って行ってくれる。良型の物は重量感のある引きで楽しませてくれる。冬の東京湾癒し系No.1はメバルじゃなくてイシモチかも!!
晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち

晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ちただし、イシモチには欠点が。へた釣り家では不人気なのである。キス釣りアジ釣りに混ざるくらいの匹数なら持って帰っても怒られないが、イシモチを狙って大漁すると「こんなに持ってきてどうするの?」と叱られてしまう。というわけで、25センチ以下の物はエア抜きをしてリリースすることに。魚信はほぼ途切れなく出せたがキープしたのは12匹だけ。本日の釣果を一之瀬丸風に記述すると「五目釣果 15~35cm 15匹、クロメバル2割、イシモチ&アジ、イシガニも」ってな感じ。



Twitter

2017年02月18日 17:12

« LT深場にするかな!? それともメバルにリベンジするかな? | メイン | イシモチを美味しく食べたいなら取り扱い注意の魚と教わる »

最近の釣りに行った記事

23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に

著者: へた釣り