晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち

晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ちメバル開幕戦でぶっこけて、湾奥の仇は八景で討つとポイントを変えてのリベンジ釣行。予報では午前中は曇りで風も弱まっていくはずだったが……ハズれた。お天気は晴れ、しかも北寄りの風が結構強く、船が波で上下する。メバル釣りには悪条件。八景メバルに返り討ちされた。

晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち返り討ちの予兆は前夜から。何人かの名人さんから「明日はメバルはダメですよぉ~」と指摘されていた。どうして?と何度も天気予報を見直したのだが、午前中は曇りで朝のうちこそ6~7メートルの風が吹くが徐々に弱まっていくという予報だった。ベストではないが、メバルが釣れる条件は満たしている。何言ってやがんだいととっとと予約を済ませた。朝起きてテレビを点けると予報が変わっている。午前中は晴れ。爆釣フラグが30度くらい傾いだ。外に出てみると風が結構強い。船が出ないってほどの風ではないが冬のメバル釣りにはちょっと厳しい感じの風。爆釣フラグがもう30度傾ぐ。

■春一番で潮が澄み全く口を使ってくれない八景メバルに大苦戦

晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち金沢八景・一之瀬丸のショートエビメバル五目だ。船長はカワハギ釣りでお世話になる西村船長。「釣らせてね~」と挨拶すると、「昨日、春一番吹いちゃったからねぇ」と、どうも反応がよろしくない。内心では「釣りたいならどうしてこんな日に来るの」と思っていた? へた釣りの釣り座は右舷の胴やや前寄り。一之瀬丸メバル釣りは反応を探して仕掛けを投入するので、一投目からすぐに魚信があった。穂先をフルフルとはさせるがグンッとは引き込まない。最初の獲物はアジだった。お次は結構いい手応えだけど、これも魚信の出方がメバルではない。ウミタナゴで二目め。開幕戦でも本命を手にする前に六目釣ってしまったがその悪夢が蘇る。続いてトラギスで三目め。……今日もあかんかも。
晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち

晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち波で船が上下し、ゼロテンション以下では小さな魚信だけ出て餌がなくなることがある。でも、テンションをかけてしまうと魚信を出せない。こんなときの必殺技がヤジロベイ釣法。竿を握らず人差し指で支えるだけにしてゼロテンションを維持する。ヤジロベイ釣法の効果があってか釣り開始1時間目でようやく1匹目のメバル。その次に釣れた物が本日のハイライト。魚ではない。根に引っ掛かってゴミでも付いた?と思って巻き上げてきたらワタリガニに似たカニ。船長からイシガニだと教えてもらう。その後メバルは2匹追加し3匹で終了。サイズは全部15センチくらいで煮付け解禁にはまたも失敗。船長いわく「反応はびっちり出ている。でも南風が吹いちゃうと潮が澄むので口を使ってくれない」ってことみたい。名人さんが言ってた明日はダメの理由はこれかっ!!
晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち

■冬の東京湾癒しキャラNo.1はメバルじゃなくってイシモチかもね

晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ちメバルを狙っていても埒が明かないと判断した船長は3時間でメバルを切りあげて、釣り物をイチモチにスイッチする。ポイントは猿島沖の水深50メートル。イシモチ船団に合流しての釣りとなった。餌はアオイソメで仕掛けはメバルの物を流用する。イソメの頭の硬い部分をちょん掛けし、タバコの長さくらいでちょん切る。仕掛けを投入したらときどきオモリを持ちあげて着底させてと誘っていると、はっきりと穂先が上下する魚信が出る。アワセると抜けることが多い。メバル竿の食いこみの良さを信じて軽くオモリを持ち上げるようにすると、グッと穂先を持って行ってくれる。良型の物は重量感のある引きで楽しませてくれる。冬の東京湾癒し系No.1はメバルじゃなくてイシモチかも!!
晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち

晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ちただし、イシモチには欠点が。へた釣り家では不人気なのである。キス釣りアジ釣りに混ざるくらいの匹数なら持って帰っても怒られないが、イシモチを狙って大漁すると「こんなに持ってきてどうするの?」と叱られてしまう。というわけで、25センチ以下の物はエア抜きをしてリリースすることに。魚信はほぼ途切れなく出せたがキープしたのは12匹だけ。本日の釣果を一之瀬丸風に記述すると「五目釣果 15~35cm 15匹、クロメバル2割、イシモチ&アジ、イシガニも」ってな感じ。



Twitter

2017年02月18日 17:12

« LT深場にするかな!? それともメバルにリベンジするかな? | メイン | イシモチを美味しく食べたいなら取り扱い注意の魚と教わる »

最近の釣りに行った記事

かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会
江戸前カワハギおかわりは船別で型数1位も3万円に届かず
台風前の強行午前アミ五目はマダイで入魂、イナダで痛恨
台風の中継かって時化海でたっのしーいカワハギ釣り大会
高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ
ちいさいアジ、ちいさいアジ、ちいさいアジだけ釣…~れた♪
あと5g分の底力が足りず上州屋カワハギ大会はお土産なし
ウィリーたっのしーカイワリ5匹。カンパチきっびしー1匹だけ
1匹だけはという夢はかなえたもののマゴチに苦手意識は…
どっちつかずで狙いを絞れずアジのみで終わったアミ五目
時化後の××で八景沖アジがちょろいヤツに。半日で117匹♪
型(25up×7匹)よし、数(122匹)よしで2017イサキは最高だ♪
1匹1匹丁寧に真心込めて巻き上げたイサキは…88匹止まり
船上でムキー!!ってなったら負け。タチウオ迷宮に迷いこむ
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!
入れパク追い食いバリバリ。イサキ162匹に笑いが止まらん
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった
2年ぶりの釧路の沖を満喫。ただしアオゾイ明日にオアズケ
なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう
釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまで
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す
カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果に
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征
ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新

著者: へた釣り