どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらない

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらない釣況がよくないカワハギを回避し、前回ボウズを食らったアマダイのリベンジに行く。アマダイとよりを戻すつもりだったのだが……また拗ねられた。2釣行連続の本命ボウズ。原因はカイワリを釣って「アマダイよりうれしい」なんて言っちゃったから? アマダイのツンデレ化が止まらない。

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらない一度、ストックしてあるハギポンアサリを冷凍庫から出して解凍の準備をし、羽田・かみやのサイトで予約を入れようとすると、なぜかカワハギではなくLTアマダイを予約していた。野生の勘なんて格好いいものではない。なんとなくである。釣れる気がしない竹岡沖のカワハギに行くのやだな~っと思ってたんだと思う。アサリを冷凍庫にしまってアマダイの用意をする。沖は少し風が強そうだが釣りにならないってことはないはず。アマダイからの愛を取り戻すために富浦沖へと出撃。席は左舷の胴。後ろから2番目。

■釣れないなんて思ってもない。でも…アマダイにはアが足りない

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらないアマダイに関してはしゃちょう船長とは相性がよく何度もいい思いをさせてもらっているので、今日も釣れないかもなんて悪い予感は欠片もなかった。いつものようにオモリが着底したら底を7、8回小突いて餌をアピールし、50センチから70センチほど持ち上げて魚信を待つという釣り方でスタート。タナは釣れるゲストによって上下に調整していくつもりだが…な~んも魚信らない。艫で30センチくらいのアマダイが上がる。舳でもドン・サイ~キが小ぶりではあるが本命ゲット。おかしいな~とタナを少しずつずらしてみたが、ムシガレイが1匹釣れただけ。それでも、今日もアマダイに相手にされないとはこの時点では思ってない。

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらないアマダイはツボにハマれば船中上位になれることもある釣り物なので慌てずにやるべきことをやっていれば……ほらっ!! きた! 竿先を大きく引きこむ魚信があり、竿を持ち上げるとなかなかの重量感。巻きあげ始めるとときどき大きく竿を引きこんで暴れる。手応え的には40センチ以下ってことはなさそうだ。ドン・サイ~キから「デカいんじゃないですか~」と声をかけていただく。でも、巻き上げ中になんだか違和感。引きの強さは間違いなく40センチ超級なのに、暴れてないときの重量感が足りない。海面に姿を現したのは…デッカいキダイ? 取りこんでみると34センチのマダイだった。アマダイ釣りでマダイを釣ったのは初めてかも。

■アマダイよりカイワリが好き。本音を言ったらアマダイがツンモード

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらないその後も沈黙。釣れるゲストによってタナを調整したいのだが、ゲストからの魚信がほとんどなく、時間だけが過ぎて行く。お昼少し前に少し南下し水深80メートルくらいのポイントへ。この時点でキープできているのはマダイが1匹だけ。さすがにちょっと嫌な予感を覚え始めるが、小突いてフワリと竿を持ち上げた瞬間に竿先をグンッと持って行かれる。今度こそアマダイ!! 重量感はないが引きが強く、ときどき竿を送っていなさないとダメな感じだった。これまた、なんだか違和感。違和感というよりこの引きには覚えがある。海面に現れたのはひし形に輝く銀色のシルエット。カイワリだ!! 無事取り込みにも成功し、このとき思わず出た一言が「アマダイよりうれしい」。負け惜しみではない。本気でそう思っている。

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらないマダイ、カイワリとくればあとは30センチ級1匹でいいから本命のアマダイが釣れてくれれば、大満足の釣行になる。カワハギじゃなくてアマダイにしといてよかったぁ~となるはずだった。もう一度、穂先を大きく引きこむいい魚信が訪れる。「さすがに今度はアマダイでしょ!!」と、嬉々として巻き上げ始めたのだが……重量感が足りないのに引きこみはシャープで力強い。本日2匹目のカイワリアマダイはへた釣りのことを避けているとしか思えない。

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらない
どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらない28センチ、26センチとお刺身サイズのカイワリが2匹、食べ頃サイズで少し前に調べて食べてみたかった紅葉鯛(マダイ)が1匹。ほかはリリースしても死んじゃうのでキダイ、ソコイトヨリ、カナドを1匹ずつキープした。アマダイ釣りで一番大事なのはタナでも誘いでもなく、ツンデレ化が止まらないアマダイに一途アピールし、デレモードになってもらうことではないかとwww 次回からはカイワリが釣れても感情を押し殺して「外道かよ!!」と言うことにする。



Twitter

2016年10月15日 19:41

« DKO予選結果を見ているとカワハギを頑張る気がどんどん | メイン | 縦縞6本がイトヨリダイ。腹黒ならぬ腹黄なのがソコイトヨリ »

最近の釣りに行った記事

5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!

著者: へた釣り