どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらない

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらない釣況がよくないカワハギを回避し、前回ボウズを食らったアマダイのリベンジに行く。アマダイとよりを戻すつもりだったのだが……また拗ねられた。2釣行連続の本命ボウズ。原因はカイワリを釣って「アマダイよりうれしい」なんて言っちゃったから? アマダイのツンデレ化が止まらない。

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらない一度、ストックしてあるハギポンアサリを冷凍庫から出して解凍の準備をし、羽田・かみやのサイトで予約を入れようとすると、なぜかカワハギではなくLTアマダイを予約していた。野生の勘なんて格好いいものではない。なんとなくである。釣れる気がしない竹岡沖のカワハギに行くのやだな~っと思ってたんだと思う。アサリを冷凍庫にしまってアマダイの用意をする。沖は少し風が強そうだが釣りにならないってことはないはず。アマダイからの愛を取り戻すために富浦沖へと出撃。席は左舷の胴。後ろから2番目。

■釣れないなんて思ってもない。でも…アマダイにはアが足りない

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらないアマダイに関してはしゃちょう船長とは相性がよく何度もいい思いをさせてもらっているので、今日も釣れないかもなんて悪い予感は欠片もなかった。いつものようにオモリが着底したら底を7、8回小突いて餌をアピールし、50センチから70センチほど持ち上げて魚信を待つという釣り方でスタート。タナは釣れるゲストによって上下に調整していくつもりだが…な~んも魚信らない。艫で30センチくらいのアマダイが上がる。舳でもドン・サイ~キが小ぶりではあるが本命ゲット。おかしいな~とタナを少しずつずらしてみたが、ムシガレイが1匹釣れただけ。それでも、今日もアマダイに相手にされないとはこの時点では思ってない。

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらないアマダイはツボにハマれば船中上位になれることもある釣り物なので慌てずにやるべきことをやっていれば……ほらっ!! きた! 竿先を大きく引きこむ魚信があり、竿を持ち上げるとなかなかの重量感。巻きあげ始めるとときどき大きく竿を引きこんで暴れる。手応え的には40センチ以下ってことはなさそうだ。ドン・サイ~キから「デカいんじゃないですか~」と声をかけていただく。でも、巻き上げ中になんだか違和感。引きの強さは間違いなく40センチ超級なのに、暴れてないときの重量感が足りない。海面に姿を現したのは…デッカいキダイ? 取りこんでみると34センチのマダイだった。アマダイ釣りでマダイを釣ったのは初めてかも。

■アマダイよりカイワリが好き。本音を言ったらアマダイがツンモード

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらないその後も沈黙。釣れるゲストによってタナを調整したいのだが、ゲストからの魚信がほとんどなく、時間だけが過ぎて行く。お昼少し前に少し南下し水深80メートルくらいのポイントへ。この時点でキープできているのはマダイが1匹だけ。さすがにちょっと嫌な予感を覚え始めるが、小突いてフワリと竿を持ち上げた瞬間に竿先をグンッと持って行かれる。今度こそアマダイ!! 重量感はないが引きが強く、ときどき竿を送っていなさないとダメな感じだった。これまた、なんだか違和感。違和感というよりこの引きには覚えがある。海面に現れたのはひし形に輝く銀色のシルエット。カイワリだ!! 無事取り込みにも成功し、このとき思わず出た一言が「アマダイよりうれしい」。負け惜しみではない。本気でそう思っている。

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらないマダイ、カイワリとくればあとは30センチ級1匹でいいから本命のアマダイが釣れてくれれば、大満足の釣行になる。カワハギじゃなくてアマダイにしといてよかったぁ~となるはずだった。もう一度、穂先を大きく引きこむいい魚信が訪れる。「さすがに今度はアマダイでしょ!!」と、嬉々として巻き上げ始めたのだが……重量感が足りないのに引きこみはシャープで力強い。本日2匹目のカイワリアマダイはへた釣りのことを避けているとしか思えない。

どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらない
どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらない28センチ、26センチとお刺身サイズのカイワリが2匹、食べ頃サイズで少し前に調べて食べてみたかった紅葉鯛(マダイ)が1匹。ほかはリリースしても死んじゃうのでキダイ、ソコイトヨリ、カナドを1匹ずつキープした。アマダイ釣りで一番大事なのはタナでも誘いでもなく、ツンデレ化が止まらないアマダイに一途アピールし、デレモードになってもらうことではないかとwww 次回からはカイワリが釣れても感情を押し殺して「外道かよ!!」と言うことにする。



Twitter

2016年10月15日 19:41

« DKO予選結果を見ているとカワハギを頑張る気がどんどん | メイン | 縦縞6本がイトヨリダイ。腹黒ならぬ腹黄なのがソコイトヨリ »

最近の釣りに行った記事

焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足

著者: へた釣り