ギンギラギンに釣れたけど深場伝説は…またもや始まらず

ギンギラギンに釣れたけど深場伝説は…またもや始まらず釣果に満足かと聞かれるとう~んと頭を抱えるが、すごく面白かった。魚を付けずに仕掛けを一度も回収していない。必ず何かしらの魚信があり、前回とは違い高確率で針掛かりした。リリースした魚込みなら50匹近く釣った。なのに釣果が不満なのは垂涎のクロムツが釣れなかったから。

ギンギラギンに釣れたけど深場伝説は…またもや始まらず午後からの雨の予報が嫌われて、前日までは出船が成立するのかしらと不安だった羽田・かみやのライト深場。前夜のうちに出船は無事確定した。予報が少し早まって午後からの雨が午前からの雨に変わったのもあり、釣りバカの巣窟のかみやといえどもさすがに今日は空いてるだろうと受付に行くと5番目。タッチの差で四隅は無理?と諦めたが、なぜか左舷の舳が空いている。オマツリしにくく釣りやすい特等席で釣れることなんて滅多にない。迷わず舳に陣取る。左舷は4人(うち1人は淳ちゃん船長)、右舷3人で出航する。寒いし寝っ転がれそうなので本日もキャビンの中に避難。

■枝70センチ、細ムツ、5センチエサなら高確率でシロムツが針掛かり

ギンギラギンに釣れたけど深場伝説は…またもや始まらず本日のテーマはクロムツの針掛かり率の向上。エサの大きさを3センチ~10センチまで1センチ刻みでいろいろ用意してみる。針も6種類。ハリスの長さも50センチ、60センチ、70センチの3パターンで試してみるつもりだった。ポイントは洲の崎沖の水深200メートルくらい。風もなく凪の海。枝ス70センチ、針は細地ムツ針16号、エサは3本針に大きさを変えた物を付けて仕掛け投入。オモリが着底したら50センチ刻みで底から10メートルくらいを誘い上げていく。すぐに魚信。竿先をフルルと揺らしたあとは引きこまないのでシロムツっぽい。誘い上げ続けると竿をグンと持っていかれる。サバだ。第一投はシロムツとサバの一荷でスタート。
ギンギラギンに釣れたけど深場伝説は…またもや始まらずギンギラギンに釣れたけど深場伝説は…またもや始まらず

ギンギラギンに釣れたけど深場伝説は…またもや始まらずその後も魚信は途切れない。魚信があったらほぼ100%の確率で針掛かりする。先週の釣行ちっとも針掛かりしないと悩んだのが嘘みたいだ。枝スを長くしたおかげか、針を細くしたからか、エサを小さくしたせいか。針掛かり率が改善した理由の切り分けを行うべきなんだろうけど、針掛かりしてくれる条件は分かったのでわざわざ針掛かりしない条件を探るのが面倒になって、そのまま釣り続ける。簡単に釣れる。でも…なぜか釣れてくるのはシロムツとサバばかりクロムツは全く釣れない。まだまだ時間はあるのでそのうち釣れると考えていたんだけど……。

■スミヤキ、オキギス、ギンメダイ…下品なまでにギンギラギンなことに

ギンギラギンに釣れたけど深場伝説は…またもや始まらず船中クロムツが上がったとのアナウンスがある。すぐ横で淳ちゃん船長がクロムツを釣り上げているのも確認している。船の下にクロムツがいるのは間違いないんだけど……遂には「クロムツ釣ってないのは前の2人だけですよぉ~」とデカッw船長にからかわれる。いくらなんでも今度こそクロムツだろって手応えは何度かあった。でも、シロギスに顔つきと体型だけは似ているオキギス(ギス)という魚だったり、タチウオの顔にサバの体を付けたようなスミヤキ(クロシビカマスではなくカゴカマスと思われる)だったり。シロムツ、ギンメダイなどなぜか釣れてくるのは下品なまでにギンギラギンな体色をした魚ばっかり。
ギンギラギンに釣れたけど深場伝説は…またもや始まらずギンギラギンに釣れたけど深場伝説は…またもや始まらず

ギンギラギンに釣れたけど深場伝説は…またもや始まらず雨は降ったが最後まで強風は吹かずに14時の沖上がりまでライト深場を楽しめた。最後まであきらめずにクロムツの魚信を待ったのだけどかすりもせずに終了。誘い過ぎたせいでシロムツばかりになったのかも? このあたりの検証は次回釣行の課題。クーラー六分目の大漁だ。ユメカサゴの下にクロムツっぽいのが見えるって? 淳ちゃん船長から1匹おすそわけいただいた。デカッw船長からは「シロムツに開眼しましたね」とお褒め(?)の言葉をいただくが、あまりうれしくない。当然リベンジするつもり。クロムツだけを選んで釣る方法を編み出してそろそろ伝説はじめたいwww



Twitter

2016年02月20日 20:18

« ライト深場か八景メバルか……毎週毎週天気がややこしい | メイン | 上州屋・渋谷店まじ神。大創業祭でスティーレが3万円切る »

最近の釣りに行った記事

5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!

著者: へた釣り