えっへん、おっほん、イサキ116匹でこれ以上ない締めくくり

えっへん、おっほん、イサキ116匹でこれ以上ない締めくくり8月末で禁漁となる剣崎沖イサキ。今年は苦戦したねぇで終わるか、それとも…。この数日束釣りありで絶好調なので、それともの方を期待して挑んだイサキ最終戦2015。片舷12人の混雑ぶりに諦めかけたがなんとかなった。なんとかなったどころか最高だった。116匹で人生二度目の束釣り。

えっへん、おっほん、イサキ116匹でこれ以上ない締めくくり先週末に釣り人5人でうち4人は束釣りと大爆発した剣崎沖のイサキ。その後も竿頭はコンスタントに100匹超えの好調を維持していた。8月最後の週末。イサキを大漁して今シーズンを締めくくりたいと考えた釣り人はへた釣り以外にもたくさんいたようで、金沢八景・一之瀬丸に着いてみると、席札は一段高くなったお立ち台席を除くと1枚しか残っていない。選択の余地なく、左舷の2番目に釣り座が決まる。船は超がつくほどの満席。左舷は12人。混んでいるとオマツリや取り込み時のトラブルで手返しはどうしても悪くなる。「イサキ最終戦混みすぎ。終わった(T_T)」と、出航前から戦意喪失しそうに。
えっへん、おっほん、イサキ116匹でこれ以上ない締めくくりえっへん、おっほん、イサキ116匹でこれ以上ない締めくくり

■レインウェアを着てウキウキ♪ 午前中で1杯目のゴンズイ玉達成

えっへん、おっほん、イサキ116匹でこれ以上ない締めくくり船は1時間かけて剣崎沖へと向かう。天気予報が変わったようで、雨は降らないか降っても小雨だったはずなのに、出航と同時に雨足が強くなってくる。へた釣りだけは雨が降ってラッキーと喜んでいるのだから、よほど臍が曲がっている。だって、せっかく買ったレインウェアリストバンドを実戦投入できる。走っている船の上で嬉々としてレインウェアを着込んで、記念撮影。土砂降りというほどではないが、それなりに激しく雨が降ったが、雨水の侵入はなし。蒸れもせずに雨の中なのに不快感をほとんど覚えずに1日釣ることができた。雨に降られながらたどり着いた剣崎沖のイサキ船団は密集隊形にはなっておらず疎ら。イサキの群れが広範囲にあるってことかな?
えっへん、おっほん、イサキ116匹でこれ以上ない締めくくりえっへん、おっほん、イサキ116匹でこれ以上ない締めくくり

えっへん、おっほん、イサキ116匹でこれ以上ない締めくくりポイントが決まって、釣り開始。イサキは高活性だと信じて、50センチ刻みでスティほぼゼロの速いシャクリで釣り始めるが…魚がウィリーに触れてくる感触がない。スティ時間を1秒、2秒、3秒と長くしていく。船中、型を見たとのアナウンスもあるが、何かがうまくハマってないようでイサキを手にできない。やっと竿先をクンッと引き込む魚信があって、イサキを手にできたのは釣り開始から30分経ってから。ポイントも2カ所目に移っていた。魚信の出し方さえ分かればこっちのもの。3時間にわたって入れパクモードに突入する。12時前に1回目のゴンズイ玉を達成する。50匹だけクーラーに移して、まだバケツに20匹ほど残っていたので、この時点で70匹くらい。
えっへん、おっほん、イサキ116匹でこれ以上ない締めくくりえっへん、おっほん、イサキ116匹でこれ以上ない締めくくり

■終了1時間前に束突破の手応え。自己記録をどこまで伸ばせるか!

えっへん、おっほん、イサキ116匹でこれ以上ない締めくくり潮が速くなって釣りにくくなったしオマツリが多発するので、船を止めて釣るのを諦めて、流して釣ることになった。船の下にイサキの群れが入るとすぐに魚信は出せるのだが、船を回している時間や反応に乗るまでのロスタイムがあるので、午前中の入れパクに比べるとペースダウンした。ペースダウンはしたが、魚信を出せるときに1匹ずつ釣るのではなく、2匹、3匹と一荷以上を狙うことで数を伸ばしていく。船が流れると水深が浅くなったり深くなったりするのでタカベやメジナなど余計な魚も釣れたりしたが、13時すぎに2回目のゴンズイ玉を完成させる。この時点で100匹に届いていたと思われるが、あとで数えてみるとやっぱりいってなかったでは格好悪いので、途中経過を聞きにきた瀧本船長には「あと少しで100匹」と応えておく。「大したもんですね。ちゃんと数付けてますもんね」とお褒めの言葉を頂く。
えっへん、おっほん、イサキ116匹でこれ以上ない締めくくりえっへん、おっほん、イサキ116匹でこれ以上ない締めくくり

えっへん、おっほん、イサキ116匹でこれ以上ない締めくくり自己最高記録は2年前のやはり最終戦で達成した109匹。これを超えたいなぁとお弁当も食べずに休まずにシャクリ続ける。魚信はまぁまぁのペースで出せるが、針掛かりしなかったり、巻き上げ中にいなくなったり、追い食いが発生しなかったりと少し活性がダウンしてしまった雰囲気。無理をせずに1匹ずつ確実に物にしていく作戦に切り替える。沖上がりの14時30分まで、途切れずに魚信は出せた。クーラーに魚を移しながらカウント。100匹は超えた。自己最多も更新できた。116匹だった。沖上がり後にやっと食べることができたお弁当の美味かったのなんのって。でも、そんなに釣ってどうするの? どうしようと困っていると、MARIさんがへた釣りの乗り換え駅まで来てくれて、一部引き受けてくださった(気を遣わせてしまったようで物々交換した)。ウリンボの味噌漬けを作るんだそうだ。
えっへん、おっほん、イサキ116匹でこれ以上ない締めくくりえっへん、おっほん、イサキ116匹でこれ以上ない締めくくり



Twitter

2015年08月30日 21:15

« カワハギ地獄ミーティング&飲み会。今年はTKB44らしいぞ | メイン | イサキ束釣りの最終兵器は超ショートオマツリフリー仕掛け »

最近の釣りに行った記事

53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に
キントキ、尺イサキ込みクーラー六分で沖の瀬ウィリー堪能
春の海に癒し求め午前メバル・午後アジでひねもすリレー♪
3年ぶり3戦目で3匹。一ノ瀬丸マゴチ童貞の呪縛から解放♥
アジへた女王はまさかまさかの…妻1号。アジうま女王は…?
でっぷりアラフォーアマダイ込み4匹釣って俺、ピカチュー?
イカも二度目なら少しは上手に…? ツ抜けはしたが敗北感
潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息
掛からんバレる…キンメに続いてクロムツにも嫌われたかも
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ
初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白い
釣り納め2020はアマダイ改めコレジャナイ十目釣りでチ~ン
チャンスタイムは根掛かりで…白間津シマアジまたもボウズ
久しぶりの宇佐美沖はカイワリ9匹込みで五目15匹と満足♪
ヤリイカデビュー戦ツ抜けに届かずも面白いのは分かった
どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会
ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?
タチウオはポンコツだけど頑張って9匹。アマダイはちっちゃ!!
一枚足らず…2020年のカワハギ開幕戦は竹岡ハギ屋敷?
高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店
カンパチガチャはハズレ! カイワリ2匹でなんとかなったぁ!!
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!
居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る

著者: へた釣り