シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目

シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目北海道遠征初日は釧路・海攻から北海道五目。本命は味噌漬けにすると最高のアオゾイなのだが……姿見ず。ヤナギノマイとタラを少々という寂しい釣果に。本日のもう1つのテーマは探検丸スマートを1日使うこと。こちらは事前の準備が完璧だったので余裕でクリア。シマノには勝った。

シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目日本のほぼ東端といってもよい釧路は日の出が早い。ってことは釣りも朝が早い。4時集合の4時半出船。大型のクーラーを持ち込む必要がある(とこの時点では思っていた)ので、北海道の師匠にホテルまで迎えにきていただいて、海攻の出船場所である啄木碑前の護岸へ。既に先客が2名。そのうちのお一人は以前、アキアジ釣りをご一緒し、80歳を超えているとは思えない元気さに感服したJ文字名人(本日も竿頭)だった。出船前に探検丸スマートを起動し、船のWi-Fiに接続する。魚群アラームやバイブなど不要と思われる機能の設定を見直してそのまま起動しっぱなしに。
シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目

■船上で一番聞きたくない「反応はあるのに…」を釧路沖で聞くとは…

シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目霧で視界が悪い中、釧路港を出港する。もともと釧路沖のポイントをよく知らない上に霧で陸地が見えないので、どこに向かっているのか見当もつかない。海はベタ凪で無風。視界が悪いので船はゆっくり進む。幽霊船とか船幽霊が出てくる海ってこんな感じだよなぁとしょうもないことを考えてしまう。1時間ほど走ってポイントに到着。水深は90メートル。「底にすごくいい反応出てますよ~」という船長の威勢のよい合図とともに釣り開始。探検丸スマートで確認すると確かに底付近にロウソクの炎のように底から伸びる反応がある。入れパク&針数コイノボリを期待して仕掛けを投入したのだが……全く魚の気配を感じない。
シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目

シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目船長が見ている魚群探知機には魚の群れが映っている。へた釣りが見ている探検丸スマートにも当然魚群が映っているのだが……本当に魚いるの?ってほどに魚から何のコンタクトもなく時間が過ぎていく。そして、へた釣りが船上で一番聞きたくない例のセリフが船長から漏れる。「反応はあるのになぁ~。この反応で食ってこないんじゃなぁ~」。船長がお手上げのときに必ず聞こえてくるフレーズだ。「まだ、潮が動いてないから、潮が動けば…潮色かな? 何なのかねぇ」。この船長、よくしゃべる。釧路のフィーリング船長とお呼びしたくなるくらい、マイクパフォーマンスがイカしている。6時前にまずまずサイズのタラが釣れた。6時半にヤナギノマイを1匹。釣れない釣りには東京湾で慣れているが、まさか北海道で、それも遠征初日にド貧果ペースでは期待との乖離が大きい分心にくらうダメージが大きい。
シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目

■低活性メバルの応用問題。ゼロテンションタルマセでヤナギノマイ

シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目このまま釣り続けてもなんともならない予感しかしない。北海道五目は東京湾でやるメバル釣りを魚の大きさも錘の重さもハリスの太さも10倍にスケールアップした釣りだと考えている。メバルカサゴが低活性で全く口を使ってくれないときの釣り方を応用してみる。錘を底に着けてゼロテンションで20秒待つ。20秒したら竿を頭上まで持ち上げてアピール。あまり誘わない、仕掛けを激しく動かさないようにすると、ヤナギノマイがポツ~ン、ポツ~ンと釣れるようにはなった。食ってくるのがほぼ一番下の針。ってことは、メバルカサゴが超低活性のときにやる、少しタルマセて待つが有効かも。これが正解だった。テンションをなくしタルマセて海底付近を仕掛けが漂うにするとトリプル3回含め、入れパクにはほど遠いがそれなりのペースで釣れるようになった。
シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目

シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目船長は相当苦労していたようで、沖上がり時間を12時半まで延長して、なんとか釣らせてくれようとした。が…なんともならない日があるのも釣りである。へた釣りの釣果はヤナギノマイ21匹、タラ4匹、ギスカジカ1匹で80リットルクーラー3分の1くらい。本日一番の収穫は北海道五目で低活性時の対処法が少し分かったこと。二番目の収穫は探検丸スマートは何の問題もなく一日船で使えたこと。外部バッテリーのインジケータは4メモリ中1メモリしか減ってなかったので余裕がある。北海道の気温(23度)なら熱暴走も起きなかったので、東京湾でも猛暑の季節を除けば問題なく一日船で使えると思う。
シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目



Twitter

2015年07月24日 14:19

« 北海道への出発直前に痩せたご褒美ライフジャケット到着♪ | メイン | 標津沖小突きカレイは北海道の師匠杯。子供1号大健闘 »

最近の釣りに行った記事

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す

著者: へた釣り