シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目

シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目北海道遠征初日は釧路・海攻から北海道五目。本命は味噌漬けにすると最高のアオゾイなのだが……姿見ず。ヤナギノマイとタラを少々という寂しい釣果に。本日のもう1つのテーマは探検丸スマートを1日使うこと。こちらは事前の準備が完璧だったので余裕でクリア。シマノには勝った。

シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目日本のほぼ東端といってもよい釧路は日の出が早い。ってことは釣りも朝が早い。4時集合の4時半出船。大型のクーラーを持ち込む必要がある(とこの時点では思っていた)ので、北海道の師匠にホテルまで迎えにきていただいて、海攻の出船場所である啄木碑前の護岸へ。既に先客が2名。そのうちのお一人は以前、アキアジ釣りをご一緒し、80歳を超えているとは思えない元気さに感服したJ文字名人(本日も竿頭)だった。出船前に探検丸スマートを起動し、船のWi-Fiに接続する。魚群アラームやバイブなど不要と思われる機能の設定を見直してそのまま起動しっぱなしに。
シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目

■船上で一番聞きたくない「反応はあるのに…」を釧路沖で聞くとは…

シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目霧で視界が悪い中、釧路港を出港する。もともと釧路沖のポイントをよく知らない上に霧で陸地が見えないので、どこに向かっているのか見当もつかない。海はベタ凪で無風。視界が悪いので船はゆっくり進む。幽霊船とか船幽霊が出てくる海ってこんな感じだよなぁとしょうもないことを考えてしまう。1時間ほど走ってポイントに到着。水深は90メートル。「底にすごくいい反応出てますよ~」という船長の威勢のよい合図とともに釣り開始。探検丸スマートで確認すると確かに底付近にロウソクの炎のように底から伸びる反応がある。入れパク&針数コイノボリを期待して仕掛けを投入したのだが……全く魚の気配を感じない。
シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目

シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目船長が見ている魚群探知機には魚の群れが映っている。へた釣りが見ている探検丸スマートにも当然魚群が映っているのだが……本当に魚いるの?ってほどに魚から何のコンタクトもなく時間が過ぎていく。そして、へた釣りが船上で一番聞きたくない例のセリフが船長から漏れる。「反応はあるのになぁ~。この反応で食ってこないんじゃなぁ~」。船長がお手上げのときに必ず聞こえてくるフレーズだ。「まだ、潮が動いてないから、潮が動けば…潮色かな? 何なのかねぇ」。この船長、よくしゃべる。釧路のフィーリング船長とお呼びしたくなるくらい、マイクパフォーマンスがイカしている。6時前にまずまずサイズのタラが釣れた。6時半にヤナギノマイを1匹。釣れない釣りには東京湾で慣れているが、まさか北海道で、それも遠征初日にド貧果ペースでは期待との乖離が大きい分心にくらうダメージが大きい。
シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目

■低活性メバルの応用問題。ゼロテンションタルマセでヤナギノマイ

シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目このまま釣り続けてもなんともならない予感しかしない。北海道五目は東京湾でやるメバル釣りを魚の大きさも錘の重さもハリスの太さも10倍にスケールアップした釣りだと考えている。メバルカサゴが低活性で全く口を使ってくれないときの釣り方を応用してみる。錘を底に着けてゼロテンションで20秒待つ。20秒したら竿を頭上まで持ち上げてアピール。あまり誘わない、仕掛けを激しく動かさないようにすると、ヤナギノマイがポツ~ン、ポツ~ンと釣れるようにはなった。食ってくるのがほぼ一番下の針。ってことは、メバルカサゴが超低活性のときにやる、少しタルマセて待つが有効かも。これが正解だった。テンションをなくしタルマセて海底付近を仕掛けが漂うにするとトリプル3回含め、入れパクにはほど遠いがそれなりのペースで釣れるようになった。
シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目

シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目船長は相当苦労していたようで、沖上がり時間を12時半まで延長して、なんとか釣らせてくれようとした。が…なんともならない日があるのも釣りである。へた釣りの釣果はヤナギノマイ21匹、タラ4匹、ギスカジカ1匹で80リットルクーラー3分の1くらい。本日一番の収穫は北海道五目で低活性時の対処法が少し分かったこと。二番目の収穫は探検丸スマートは何の問題もなく一日船で使えたこと。外部バッテリーのインジケータは4メモリ中1メモリしか減ってなかったので余裕がある。北海道の気温(23度)なら熱暴走も起きなかったので、東京湾でも猛暑の季節を除けば問題なく一日船で使えると思う。
シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目



Twitter

2015年07月24日 14:19

« 北海道への出発直前に痩せたご褒美ライフジャケット到着♪ | メイン | 標津沖小突きカレイは北海道の師匠杯。子供1号大健闘 »

最近の釣りに行った記事

ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

著者: へた釣り