GW伊豆合宿 利島遠征五目で自分の未熟さにイーっとなる

GW伊豆合宿 利島遠征五目で自分の未熟さにイーっとなるGW伊豆合宿のメインイベントが利島遠征五目でシマアジの予定だったんだけど、長ハリスをうまく扱えない自分の未熟さにイーっとなっただけで終了。仕掛け絡み連発でどうにもならならず、イライラし通し。そんな状況だから釣ってて面白いわけがないし、釣りの神様は微笑んでくれない。

GW伊豆合宿 利島遠征五目で自分の未熟さにイーっとなる午前1時起床で2時に合宿所を発つ。雨が降っているが、竿を持ち、バッグを肩から提げ、58Lクーラーを引っ張ると、傘をさすのは不可能。宇佐美港までの道のり25分。雨に打たれてトボトボ歩く。この時点で今日は釣れるぞ!という予感が全くしなくなった。なんかつらい1日になりそうという負の感情が心を支配する。宇佐美港に着くとライトが煌々と灯された船が1隻。本日お世話になる秀正丸だ。既に何人かの釣り人が到着していた。
GW伊豆合宿 利島遠征五目で自分の未熟さにイーっとなるGW伊豆合宿 利島遠征五目で自分の未熟さにイーっとなる

■超快適キャビンで利島沖までぐっすり。シマアジこいよぉ~~~

GW伊豆合宿 利島遠征五目で自分の未熟さにイーっとなる秀正丸は釣り座は船の方で決めてくれる。へた釣りの席は右舷艫。これ以上雨に濡れたくないので最低限の準備だけして、キャビンに逃げ込む。2段ベッドで横になれるスペースが人数分用意されたキャビンは快適だ。濡れた衣服を脱いでベッドにゴロンと横になるとほどよくクッションが効いている。睡眠は十分とっていただはずなのに、船が出発するといい感じの揺れに眠気を誘われ、寝てしまう。目を覚ましたのは利島に到着し船が止まってから。船酔い防止という意味でもこのキャビンは最高かもしれない。

GW伊豆合宿 利島遠征五目で自分の未熟さにイーっとなる一眠りしたことでいくらか気分が晴れ、利島沖での第一投にワクワクドキドキ。雨はまだ降り続いているが激しく降っているわけではない。風もなく凪。船長の指示タナは25メートル。クッション+仕掛け分下まで落としてコマセを振り出しながらビシを指示タナに合わせて待つ。まず釣れたのは30センチに少し満たないイサキ。シマアジが来るならタナから下でコマセを振っているときに来るんだろうなと想像して、一生懸命コマセを振る。釣れてくるのはイサキのみでポツリポツリというペース。

■イサキは細ハリスの方が明らかに食う。でも仕掛け絡みでイライラ

GW伊豆合宿 利島遠征五目で自分の未熟さにイーっとなる「魚信ないから移動しますよ」という船長のアナウンス。中乗りさんが回ってきて「イサキのポイントに行くのでハリスを4号にしてください」という指示。シマアジが来てハリス切れしたら嫌なので、ハリス6号のまま釣り続けると、ハリスの太さがイサキの食いに影響するってことを身を持って体験することに。左隣(たぶん竿頭)の人よりも魚信が圧倒的に少ない。タナに入れてから魚信が出るまでの時間も長い。ダブル・トリプルが発生しない。コマセの出し方の巧拙はあるにせよ、2倍から3倍のペースで釣っている人の姿を真横で見ると、下手は下手なりにさすがに歯がゆい。

GW伊豆合宿 利島遠征五目で自分の未熟さにイーっとなる初島沖用に作ったハリス3号の仕掛けがあったのを思い出し、これを投入。何投かは左隣の人と同じようなペースで釣れるようになり、な~んだ差はハリスの太さだけだったんだといい気になる。いい気になった後には地獄が待っている。この頃から風が強くなり海が荒れてきた。太ハリスに比べて細ハリスは絡まりやすい。風まで吹くと、手前マツリ連発。海中に仕掛けがある時間と同じくらいの時間を仕掛けを正すのに費やしていた気がする。細ハリスの方が釣れるので絡まりにくく解きやすい太ハリスに戻すという選択をしたくなかった。辛抱強く仕掛けを解いていたつもりがイライラし始め、終いに自分の未熟さにイーっとなる。こうなったら本日の釣りは終了だ。

GW伊豆合宿 利島遠征五目で自分の未熟さにイーっとなるイサキが27匹(イサキ4匹、大ウリンボ23匹)とタカベ1匹が本日の釣果。左隣の人はイサキ69匹だった。船中では超大型のイシダイや小型とはいえカンパチも釣れていたのに、イーっとなったへた釣りに釣りの神様がご褒美をくれるわけもなく、どや顔できるゲストもなし。長ハリスの扱い方をどこかで練習しないと、何度やってもイライラ→イーっの繰り返しになりそう。上手でなくてもいいから一通りのことはできるようになっておきたい。どこで練習したらいいのかなぁ~?
GW伊豆合宿 利島遠征五目で自分の未熟さにイーっとなるGW伊豆合宿 利島遠征五目で自分の未熟さにイーっとなる



Twitter

2013年05月01日 17:59

« GW伊豆合宿 家族合流前に早掛け賞、大物賞のお買い物 | メイン | GW伊豆合宿 48.5センチのクロダイで久しぶりのどや顔だ »

最近の釣りに行った記事

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止

著者: へた釣り