年末年始伊豆合宿 ~寒ビラメ2匹目! 肉厚サイズアップ~

年末年始伊豆合宿 ~寒ビラメ2匹目! 肉厚サイズアップ~年末に人生初のヒラメを釣り上げ、すっかりハマってしまいそうな予感。本日は人生2回目のヒラメ船。人生2枚目、3枚目を期して宇佐美・治久丸から出撃。アワセ損ない、バラシに苦しむも前回よりも魚信多く、なんとか人生2枚目をゲット。寒ビラメ2匹目は肉厚でサイズも10センチアップ!

宇佐美・治久丸_ヒラメ日も開けきらぬうちに宇佐美港を出港した治久丸は、港の近く大崎堤防沖へ。30メートル以下の水深で、根が荒いことは分かっている。根掛かりを恐れず、底ギリギリをタイトに攻めるのが方針。底を1メートルも切ってしまうと極端に魚信が減ることを前回学んだ。30センチくらい底を切って、錘が底を擦った手ごたえがあったら竿を上げてかわす。治久丸の常連さんに教わったやり方だ。

■誘い中に魚信が集中して経験の浅さが露呈。アワセられないぞ!!

宇佐美・治久丸_ヒラメ_イワシ最初の魚信は別のお客さんがヒラメを釣り上げた直後に訪れた。錘が底をかすったので、竿を上げて根をかわそうとしていたとき、いきなりコツン。ヒラメがイワシを咥えた感触が竿を通して伝わってくるが、経験の浅さはこういうときに出る。上げている最中の竿をそのまま上げ続ければいいのか、止めればいいのか、下げればいいのか…頭の中は完全にパニック。どう竿を操作したのかはっきり覚えてないのだが、上げ続けて乗らなかったので慌てて下げたような気がする。餌を回収すると、イワシは傷だらけ。船長いわく「いい歯型だね」。
宇佐美・治久丸_ヒラメ宇佐美・治久丸_ヒラメ

宇佐美・治久丸_ヒラメ_イワシ次の魚信も誘いのために竿を上げている最中に出た。1回目ほど明確な魚信ではなく、プルルとイワシが逃げているような手ごたえがあって、少しだけ竿先が曲がって終了。イワシを回収すると、1個所だけ齧られたような傷跡。2度も魚信を逃すとさすがに何か間違っていることに気づいて、船長に竿を上げている最中に魚信が出たらどうすればいいのか聞いてみると、かなり悩んだ様子で「いいときはそのまま掛かるからゆっくり上げ続けるか、食い込むのを待つために竿を止めるしかない」らしい。

■なんとか人生2枚目ゲット! 逃がしたヒラメは大きすぎる!?

宇佐美・治久丸_ヒラメ_イワシ3度目の魚信はサンハトヤ沖に移動してから出た。これがまた、竿を上げている最中に出る。今日のヒラメはリアクションでしか食ってこないってことだろうか。船長に教わったとおりに竿を止めてしばらく待ち、再度竿を上げ始めると、グゥウウンと竿先が入っていく。これが本日ゲットできた人生2枚目のヒラメ。ドラグ出まくり、竿曲がりまくりでタモに無事収まるまでドキドキしっぱなし。54センチの肉厚の寒ビラメ。人生最大サイズを10センチも更新。体長が10センチも違うと持ち上げたときの重みが全く違う。喜びもひとしおなのであった。
宇佐美・治久丸_ヒラメ宇佐美・治久丸_ヒラメ

宇佐美・治久丸_ヒラメ4度目の魚信は前魚信があってから本魚信に発展するヒラメらしいものだった。アワセも決まった。と同時にドラグ滑りっぱなし。竿はムーチング調子なので根元からひん曲がっている。明らかにさっきのヒラメより大きい。ドラグが止まってリールを巻き始めてもほとんど巻き取れない。引くだけでなく重い。「底切ればなんとかなるから」というのが船長のアドバイスだったのだが、10メートルほど巻いたところで重みがフッとなくなる。ハリス切れだった。どうやら針を飲まれて、ヒラメの鋭い歯でハリスを切られたみたい。

宇佐美・治久丸_ヒラメ_身餌残念だけど気を取り直して、といきたいところだが、その後魚信が遠のく。ポイント移動して「身餌の人はどうぞ」というアナウンス。オニカサゴも釣ってみたかったので、錘の横に針を出すボウズのがれ仕掛けにしてみる。これがいけなかった。魚信がイワシのものか、身餌のものか分からない。5度目の魚信は身餌のものだろうと判断して食い込むのを待たずに竿をゆっくり立てると魚信がなくなる。仕掛けを回収するとイワシにヒラメの歯型が……二兎追うものは……虻蜂……煩悩を溜めすぎたのがいけない?



Twitter

2012年01月06日 13:26

« 年末年始伊豆合宿 ~少し自虐的ウキフカセタックル紹介~ | メイン | 年末年始伊豆合宿 ~暇つぶしに月に向かって飛ぶメジナ~ »

最近の釣りに行った記事

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す

著者: へた釣り