年末年始伊豆合宿 ~寒ビラメ2匹目! 肉厚サイズアップ~

年末年始伊豆合宿 ~寒ビラメ2匹目! 肉厚サイズアップ~年末に人生初のヒラメを釣り上げ、すっかりハマってしまいそうな予感。本日は人生2回目のヒラメ船。人生2枚目、3枚目を期して宇佐美・治久丸から出撃。アワセ損ない、バラシに苦しむも前回よりも魚信多く、なんとか人生2枚目をゲット。寒ビラメ2匹目は肉厚でサイズも10センチアップ!

宇佐美・治久丸_ヒラメ日も開けきらぬうちに宇佐美港を出港した治久丸は、港の近く大崎堤防沖へ。30メートル以下の水深で、根が荒いことは分かっている。根掛かりを恐れず、底ギリギリをタイトに攻めるのが方針。底を1メートルも切ってしまうと極端に魚信が減ることを前回学んだ。30センチくらい底を切って、錘が底を擦った手ごたえがあったら竿を上げてかわす。治久丸の常連さんに教わったやり方だ。

■誘い中に魚信が集中して経験の浅さが露呈。アワセられないぞ!!

宇佐美・治久丸_ヒラメ_イワシ最初の魚信は別のお客さんがヒラメを釣り上げた直後に訪れた。錘が底をかすったので、竿を上げて根をかわそうとしていたとき、いきなりコツン。ヒラメがイワシを咥えた感触が竿を通して伝わってくるが、経験の浅さはこういうときに出る。上げている最中の竿をそのまま上げ続ければいいのか、止めればいいのか、下げればいいのか…頭の中は完全にパニック。どう竿を操作したのかはっきり覚えてないのだが、上げ続けて乗らなかったので慌てて下げたような気がする。餌を回収すると、イワシは傷だらけ。船長いわく「いい歯型だね」。
宇佐美・治久丸_ヒラメ宇佐美・治久丸_ヒラメ

宇佐美・治久丸_ヒラメ_イワシ次の魚信も誘いのために竿を上げている最中に出た。1回目ほど明確な魚信ではなく、プルルとイワシが逃げているような手ごたえがあって、少しだけ竿先が曲がって終了。イワシを回収すると、1個所だけ齧られたような傷跡。2度も魚信を逃すとさすがに何か間違っていることに気づいて、船長に竿を上げている最中に魚信が出たらどうすればいいのか聞いてみると、かなり悩んだ様子で「いいときはそのまま掛かるからゆっくり上げ続けるか、食い込むのを待つために竿を止めるしかない」らしい。

■なんとか人生2枚目ゲット! 逃がしたヒラメは大きすぎる!?

宇佐美・治久丸_ヒラメ_イワシ3度目の魚信はサンハトヤ沖に移動してから出た。これがまた、竿を上げている最中に出る。今日のヒラメはリアクションでしか食ってこないってことだろうか。船長に教わったとおりに竿を止めてしばらく待ち、再度竿を上げ始めると、グゥウウンと竿先が入っていく。これが本日ゲットできた人生2枚目のヒラメ。ドラグ出まくり、竿曲がりまくりでタモに無事収まるまでドキドキしっぱなし。54センチの肉厚の寒ビラメ。人生最大サイズを10センチも更新。体長が10センチも違うと持ち上げたときの重みが全く違う。喜びもひとしおなのであった。
宇佐美・治久丸_ヒラメ宇佐美・治久丸_ヒラメ

宇佐美・治久丸_ヒラメ4度目の魚信は前魚信があってから本魚信に発展するヒラメらしいものだった。アワセも決まった。と同時にドラグ滑りっぱなし。竿はムーチング調子なので根元からひん曲がっている。明らかにさっきのヒラメより大きい。ドラグが止まってリールを巻き始めてもほとんど巻き取れない。引くだけでなく重い。「底切ればなんとかなるから」というのが船長のアドバイスだったのだが、10メートルほど巻いたところで重みがフッとなくなる。ハリス切れだった。どうやら針を飲まれて、ヒラメの鋭い歯でハリスを切られたみたい。

宇佐美・治久丸_ヒラメ_身餌残念だけど気を取り直して、といきたいところだが、その後魚信が遠のく。ポイント移動して「身餌の人はどうぞ」というアナウンス。オニカサゴも釣ってみたかったので、錘の横に針を出すボウズのがれ仕掛けにしてみる。これがいけなかった。魚信がイワシのものか、身餌のものか分からない。5度目の魚信は身餌のものだろうと判断して食い込むのを待たずに竿をゆっくり立てると魚信がなくなる。仕掛けを回収するとイワシにヒラメの歯型が……二兎追うものは……虻蜂……煩悩を溜めすぎたのがいけない?



Twitter

2012年01月06日 13:26

« 年末年始伊豆合宿 ~少し自虐的ウキフカセタックル紹介~ | メイン | 年末年始伊豆合宿 ~暇つぶしに月に向かって飛ぶメジナ~ »

最近の釣りに行った記事

佳肴求めて鴨川沖へ。クエ・クロムツ・アカハタでえっへん♪
プルルと魚信るが掛からない!? でも44匹でキス天食べ放題
40センチのデカイワリ含む5匹で夏の美酒佳肴作戦は大成功
気難しベイブリアジに翻弄され二人で83匹。釣りデート成功
【番外編】妻と釣りじゃないデートで大阪食い&呑みだおれ
猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹

著者: へた釣り