年末年始伊豆合宿 ~人生初ヒラメ&人生最大カサゴ!~

年末年始伊豆釣り合宿 ~人生初ヒラメ&人生最大カサゴ!~かねてからの予告通りヒラメ釣り初挑戦マゴチ釣りと要領は同じだと分かっていても、タ~イやヒ~ラメの舞踊り~♪と歌われる高級魚なわけで、1匹でもいいから釣れるといいなぁと、船に乗る前から弱気だったりw 1匹だけだけどヒラメ釣ったぞ! やった!って叫んだぞ!

宇佐美・治久丸_ヒラメ宇佐美・治久丸から6時半に出船。釣り人は4人。ちょうど船の四隅で釣る感じで、へた釣りは右舷艫の席に入れてもらう。左舷艫には人生最大アジを釣ったときに同船した人。「ヒラメ釣れるかな? ヒラメ釣りたいなぁ~」と騒いでいるといろいろアドバイスをしてくれる。今年は既に4枚のヒラメを釣っているそうだ。治久丸のヒラメポイントのことも熟知されているので大助かり。教えてもらった通りにできたかどうかは……微妙だけど。

■船長&左舷艫の人の教わった通り(のつもり)で頑張ってみたよ

宇佐美・治久丸_ヒラメ最初のポイントは、大崎堤防沖の水深25メートル前後の根の上。船長からの指示は「底から50センチ錘を切って」。餌のイワシをうまくつけられずにオタオタしてると、船長が餌の付け方から釣り方まで、一通りのことを教えてくれる。餌は上あごの硬い部分を刺し、孫針は背びれの辺りにちょんと掛けるのがイワシが弱らずいいらしい。仕掛けを底まで落としたらマメに底立ちを取って、大きく竿を上げて誘って落としてを繰り返す。魚信は落とした直後に出ることが多いそうだ。

宇佐美・治久丸_ヒラメ言われた通りにやってみる。ちゃんとできてたかどうかは不明だが、底に錘が着くとイワシが動くプルプルって感触が竿に伝わってくるので餌の活きを確認するためにもマメに底立ちを取るといいのかも。大きく竿を持ち上げている最中に最初の魚信らしきものが訪れた。竿先がクンックンッと動き続けるのだが、それ以上には発展せずに終了。すると、後ろと左で2人ほぼ同時に竿が大きくしなる。2人そろってヒラメゲット。「さっきのはヒラメがいたからイワシが逃げてたんだね」と船長に教わる。

■リールを巻きつつ「ヒラメ! ヒラメ!」とアドレナリン出まくり

宇佐美・治久丸_カサゴ_カンコ根は荒い。急なかけ上がり、かけ下がりの連続で錘が底をこすったと感じたらすぐに竿を上げないと根掛かりする。ところが船長いわく「ときどき錘を底に着けてイワシを暴れさせてみるのも1つの手」らしい。大崎堤防沖の次はサンハトヤ沖の水深50メートルのポイントへ。魚礁の際を攻めるらしい。いくらか平坦なので底から30センチ切って誘い続けると、誘い上げた瞬間にグンッと竿先に重みが乗る。強く重い引き。「ヒラメ! ヒラメ!」とアドレナリン出まくり、上がってきたのは39センチのデップリ太ったカサゴ(カンコ)。人生最大サイズのカサゴだった。

宇佐美・治久丸_ヒラメ人生初ヒラメをゲットする瞬間は、その直後、次の一投で訪れた。30センチ底を切って誘おうと思ったとき、竿先がクンックンッし始める。「イワシが逃げてた」と言われた竿先の動きと似ている。誘うのを止めてじっとしていると、もう少し大きく竿先がグンッグンッと沈み始める。息をするのも忘れて待つ。竿先が一度大きくグゥウウと入る。少しだけ聞き上げてみると竿先が海面に突き刺さる。最初の抵抗は激しい。緩めにしてあるドラグが滑りまくる。少しするとあれ?バレた?ってほどにすんなり巻けるように、と思うともう一度強めの抵抗をして船長が構えたタモの中へ。44センチ。「これくらいのサイズが一番美味しい」(船長)そうだ。

宇佐美・治久丸_ヒラメ_カサゴクーラーの中には人生初ヒラメと人生最大カサゴ。2匹だけだけど大満足。船中ヒラメは1~2匹。カサゴだけでなくオニカサゴも釣っている人がいた。オニカサゴも釣ったことがないので、次回釣れるといいのになぁ~。船を降りてすぐに年明けにもう一回ヒラメの予約を入れた。「今日は魚信が少なかった」(左舷艫の人)そうなので、次回はもっと釣れるとうれしいなぁ~♪
宇佐美・治久丸_ヒラメ宇佐美・治久丸_カサゴ



Twitter

2011年12月27日 19:48

« 年末年始伊豆合宿 ~メジナ25cmの壁。フグにお手上げ~ | メイン | 年末年始伊豆合宿 ~何を釣っても掌サイズに心が折れた~ »

最近の釣りに行った記事

怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ

著者: へた釣り