観念したかと思えば暴れ出すワラサの往生際の悪さが最高

久里浜沖_ワラサ例によってへた釣りが乗船すると「昨日までは絶好調だったのに」という展開かも…と嫌な予感がしていたが、1匹だけだが人生初のワラサをゲットできた! 散々暴れて観念したかと思えば、少し休むとふざけんじゃねぇ!とグンッグンッと足掻くワラサの往生際の悪さが最高だった。

金沢八景・一之瀬丸_ワラサ&マダイ9月10日の金沢八景・一之瀬丸のワラサ船はなんと釣り人42名。3隻出しで平均すれば片舷7人と大盛況。今週頭から久里浜沖のワラサ絶好調という情報に触れて、週末になるのが待ち遠しくてという釣り人がへた釣り以外にもいっぱいいたってこと。例によって集合時間ギリギリ(始発でもギリギリ)に受付に到着したへた釣りは3隻のうち一番空いていそうな船の席札を取る。右舷胴の間、コマセ釣りなので悪い席ではない。

■「頑張ってコマセ撒いてねぇ」で気合いを入れてコマセを撒きすぎ?

久里浜沖_ワラサ船団一之瀬丸が盛況だったというだけではない。久里浜沖に到着すると……何これ?ってほどにワラサ船団が密集隊形を組んでいる。横の釣り人いわく「レッドクリフみたい」。ワラサ船団総勢100隻(ちょっと大げさ)に対するワラサの戦闘意欲は……午前中はかなり渋かった。「頑張ってコマセ撒いてねぇ~」という船長の号令に従ってコマセが切れないように3分間隔くらいで打ち返したのだが、邪魔なソウダカツオすらヒットしない。

オキアミコマセコマセといえば、前回釣行ではアミコマセしか撒いてはいけないと誤解していたのだが、オキアミコマセOKみたいだ。アミエビと混ぜてオキアミエビコマセでもOK。調子よくコマセを撒いていると船宿でもらえるオキアミが足りなくなるので、オキアミエビコマセがちょうどいいみたい。

■「昨日までは」の呪いを破りへた釣りの竿もガツンと海面に刺さる

久里浜沖_ワラサ船団前半戦はポイント移動なしでとにかく頑張ってコマセを撒く。底からハリスの長さ+1~2メートルでやっていたのだが、釣っちゃいけない根魚さえ付け餌をかじってくれない。かなりいい確率で付け餌がそのまま残って帰ってくるという我慢の釣り。昨日までは絶好調だったのに……へた釣りの釣行した日に限ってダメというイサキのときと同じ悪い流れになりそうな予感。

船長のタナの指示が底からではなく海面からに変わってから少しずつ状況が変わり始める。まず、へた釣りの右隣の人の竿が大きく曲がる。ドラグを滑らせ格闘すること約5分で、上がってきたのは3キロ級のワラサ。こうなると俄然気合いが入る。コマセを撒いて3分待ってを繰り返していると、へた釣りの竿もガツンと水面に突き刺さる。

■ドラグを滑らせ最後まで抵抗してくれるワラサの往生際の悪さ

ワラサ_久里浜沖慌てて竿立てから竿を取り、斜め45度に竿をキープしようとしたのだが、持ち上がらない。グンッグンッとワラサの力強い引きを2.5ミリ径のクッションとムーチング調子の竿の弾力でいなす。船長からの指示は「無理しないで、ゆっくりやってくださいね。バラしたらもったいないですよ」。言われなくても竿先が持ち上がらないのであるから無理のしようがない。竿先が何度も水面に引きこまれ、強い引きがきたときにドラグが滑って糸が出ていく。

しばらく耐える。耐えると書くと能動的な行為のようだが、耐える以外の選択肢がないだけの状態。ワラサだってクッションとムーチングロッドを相手にいつまでも暴れ続けるわけにはいかない。ワラサが疲れてくると、ようやく竿を立ててリールを巻けるようになる。すっかり観念したかと思えば、ふざけんじゃねぇ!とグンッグンッと何度も足掻いてドラグを引きだす。このやり取りは猛烈に楽しい。水面に姿が見えると感動である。

■オキアミの使用ペースを考えないと……後半はオキアミが品切れ

ワラサ_子供2号1本ワラサをゲットしてすっかり満足してしまったへた釣りは、その後、魚信なし。午後に入ってからワラサの活性が上がったようで、船中トップは4匹だったのだが、活性が上がったころには……なんとへた釣りのオキアミコマセは品切れ! ほかの人は魚信を出せているのに、アミコマセだけではワラサの食い気を誘えなかったようだ。次に行くことがあったらアミエビとオキアミを混ぜてコマセにしてオキアミの消費速度を抑えることにしようと思う。

ワラサ_お刺身でも、3キロ級のワラサは1本もあれば、4人家族で食べきるには何日かかかる。釣った初日は当然、お刺身。天然ワラサのお刺身は、適度に脂が乗っており、かと言ってクドイ脂ではなく、最高に美味しかった。明日くらいまでお刺身で頂いて残った分は照り焼きやワラサ大根にしようと、サクに落としたワラサの身の配分を考えていると、涎が……ワラサがふざけんじゃねぇ!と最後まで足掻く気持ちが分かるかもw


より大きな地図で 2011-0­9-10 一之瀬丸 ワラサ&マダイ を表示



Twitter

2011年09月10日 19:39

« ゲゲゲ…ワラサ予約26人。2隻出しでも片舷7人ってピンチ? | メイン | 子供2号の東京湾デビューはアジに嫌われちょっぴり残念!!!!! »

最近の釣りに行った記事

5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!

著者: へた釣り