観念したかと思えば暴れ出すワラサの往生際の悪さが最高

久里浜沖_ワラサ例によってへた釣りが乗船すると「昨日までは絶好調だったのに」という展開かも…と嫌な予感がしていたが、1匹だけだが人生初のワラサをゲットできた! 散々暴れて観念したかと思えば、少し休むとふざけんじゃねぇ!とグンッグンッと足掻くワラサの往生際の悪さが最高だった。

金沢八景・一之瀬丸_ワラサ&マダイ9月10日の金沢八景・一之瀬丸のワラサ船はなんと釣り人42名。3隻出しで平均すれば片舷7人と大盛況。今週頭から久里浜沖のワラサ絶好調という情報に触れて、週末になるのが待ち遠しくてという釣り人がへた釣り以外にもいっぱいいたってこと。例によって集合時間ギリギリ(始発でもギリギリ)に受付に到着したへた釣りは3隻のうち一番空いていそうな船の席札を取る。右舷胴の間、コマセ釣りなので悪い席ではない。

■「頑張ってコマセ撒いてねぇ」で気合いを入れてコマセを撒きすぎ?

久里浜沖_ワラサ船団一之瀬丸が盛況だったというだけではない。久里浜沖に到着すると……何これ?ってほどにワラサ船団が密集隊形を組んでいる。横の釣り人いわく「レッドクリフみたい」。ワラサ船団総勢100隻(ちょっと大げさ)に対するワラサの戦闘意欲は……午前中はかなり渋かった。「頑張ってコマセ撒いてねぇ~」という船長の号令に従ってコマセが切れないように3分間隔くらいで打ち返したのだが、邪魔なソウダカツオすらヒットしない。

オキアミコマセコマセといえば、前回釣行ではアミコマセしか撒いてはいけないと誤解していたのだが、オキアミコマセOKみたいだ。アミエビと混ぜてオキアミエビコマセでもOK。調子よくコマセを撒いていると船宿でもらえるオキアミが足りなくなるので、オキアミエビコマセがちょうどいいみたい。

■「昨日までは」の呪いを破りへた釣りの竿もガツンと海面に刺さる

久里浜沖_ワラサ船団前半戦はポイント移動なしでとにかく頑張ってコマセを撒く。底からハリスの長さ+1~2メートルでやっていたのだが、釣っちゃいけない根魚さえ付け餌をかじってくれない。かなりいい確率で付け餌がそのまま残って帰ってくるという我慢の釣り。昨日までは絶好調だったのに……へた釣りの釣行した日に限ってダメというイサキのときと同じ悪い流れになりそうな予感。

船長のタナの指示が底からではなく海面からに変わってから少しずつ状況が変わり始める。まず、へた釣りの右隣の人の竿が大きく曲がる。ドラグを滑らせ格闘すること約5分で、上がってきたのは3キロ級のワラサ。こうなると俄然気合いが入る。コマセを撒いて3分待ってを繰り返していると、へた釣りの竿もガツンと水面に突き刺さる。

■ドラグを滑らせ最後まで抵抗してくれるワラサの往生際の悪さ

ワラサ_久里浜沖慌てて竿立てから竿を取り、斜め45度に竿をキープしようとしたのだが、持ち上がらない。グンッグンッとワラサの力強い引きを2.5ミリ径のクッションとムーチング調子の竿の弾力でいなす。船長からの指示は「無理しないで、ゆっくりやってくださいね。バラしたらもったいないですよ」。言われなくても竿先が持ち上がらないのであるから無理のしようがない。竿先が何度も水面に引きこまれ、強い引きがきたときにドラグが滑って糸が出ていく。

しばらく耐える。耐えると書くと能動的な行為のようだが、耐える以外の選択肢がないだけの状態。ワラサだってクッションとムーチングロッドを相手にいつまでも暴れ続けるわけにはいかない。ワラサが疲れてくると、ようやく竿を立ててリールを巻けるようになる。すっかり観念したかと思えば、ふざけんじゃねぇ!とグンッグンッと何度も足掻いてドラグを引きだす。このやり取りは猛烈に楽しい。水面に姿が見えると感動である。

■オキアミの使用ペースを考えないと……後半はオキアミが品切れ

ワラサ_子供2号1本ワラサをゲットしてすっかり満足してしまったへた釣りは、その後、魚信なし。午後に入ってからワラサの活性が上がったようで、船中トップは4匹だったのだが、活性が上がったころには……なんとへた釣りのオキアミコマセは品切れ! ほかの人は魚信を出せているのに、アミコマセだけではワラサの食い気を誘えなかったようだ。次に行くことがあったらアミエビとオキアミを混ぜてコマセにしてオキアミの消費速度を抑えることにしようと思う。

ワラサ_お刺身でも、3キロ級のワラサは1本もあれば、4人家族で食べきるには何日かかかる。釣った初日は当然、お刺身。天然ワラサのお刺身は、適度に脂が乗っており、かと言ってクドイ脂ではなく、最高に美味しかった。明日くらいまでお刺身で頂いて残った分は照り焼きやワラサ大根にしようと、サクに落としたワラサの身の配分を考えていると、涎が……ワラサがふざけんじゃねぇ!と最後まで足掻く気持ちが分かるかもw


より大きな地図で 2011-0­9-10 一之瀬丸 ワラサ&マダイ を表示



Twitter

2011年09月10日 19:39

« ゲゲゲ…ワラサ予約26人。2隻出しでも片舷7人ってピンチ? | メイン | 子供2号の東京湾デビューはアジに嫌われちょっぴり残念!!!!! »

最近の釣りに行った記事

復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…
【コロナで自粛】試行錯誤で美味しく! 日田風焼きそば開店
【コロナで自粛】大阪の居酒屋の味を求め串揚げやさん開店
【コロナで散財】美味い乾麺のそば番外編。ほうじ茶蕎麦編
【コロナで自粛】大阪の匂いに包まれお好み焼き屋さん開店
【コロナで自粛】子供1号バイト先より肉着弾し焼肉屋開店!!
【コロナで散財】一番美味い乾麺のそばを探す。天狗そば編
【コロナで自粛】陽気がよいので玄関先で焼き鳥屋さん開店
【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする

著者: へた釣り