25cm超混じり良形多い走水沖シロギスでフォースを磨く?

シロギス師匠が船長で初挑戦したボートシロギス。みうらボートで25フィートの船外機付きボートをレンタルして、走水沖でシロギス狙い。25センチ超が混じり良形多くという釣果だったのだが……へた釣りは相変わらず釣果/魚信が2割そこそこというヘボっぷり。上達する気配がないwww

みうらボートボートは走水港を出港し、10分ほどの砂地のポイントでアンカリング。20号のキス天秤に全長95センチの吹き流し式の仕掛けを付けて、アンダーハンドで軽くキャストして投入。魚信がほとんどない? と思っていたら、船長(=師匠)がさっそく20センチ超のシロギスゲット。その後も、へた釣り以外は、ダブルありで釣果を伸ばしていくという一人置いてけぼりな状態。

■可能な限り錘を軽く、餌はジャリメに限るようだ
シロギスさすがに魚信は出始めたのだが、例によって、6連続空振り。ここで師匠のアドバイス。「水深20メートルくらいなので錘は10号の方がいい。かけアワセるんじゃなくて軽くアワセる感じに……」。錘が軽い方が波に合わせて自然な誘いが発生し、餌を咥えたシロギスの違和感も少ないということだろうか? アワセはどうやら竿先をするどく動かしすぎていて、餌を吸い込んだシロギスの口から強いアワセで針ごとすっぽ抜けているのではってことらしい。

シロギス餌をアオイソメからジャリメに変えて、小さめのジャリメを1本通し差しにする。竿先にプルプルというシロギスの魚信を感じたら、ゆっくり竿を立てていくと、8魚信目にしてようやくシロギスゲット。その後も同じように、釣っていたのだが……1日やった打率は、63魚信で13匹ゲットで、2割6厘。二軍落ち間近の低打率だ。投げ釣りならリーリングで針掛かりすることが多いシロギスが船やボートからだと、どうしてこうも針掛かりしないのか? 昨年からの謎である。

■シロギス釣りは……ニュータイプの覚醒が必須?
カサゴ師匠は30匹超、師匠の釣友も20匹、15匹と釣っていたので……船中最下位。魚信は出ている(=魚はいる)のに、針にかけられるシロギスはよほど運の悪いシロギスだけといういつものパターン。「プルプルという魚信は、シロギスが餌を飲み込み吐きだそうとしているときのもの。その前の小さな魚信を取らないと数は伸びない。極めれば、シロギスが餌を咥える前の気配でアワセられるようになるよ」……師匠の言葉である。「それって、ニュータイプですか? ジェダイマスターですか?」。地球の重力に囚われ、フォースが共にないへた釣りは頭を抱えるばかりである。

シロギス_カサゴその後、根周りで少しだけ遊んで、カサゴを1匹追加して本日終了。予告通り、釣ったメゴチを餌にマゴチを狙ったり、根の上では30号のビシでマダイを狙ってみたりもしたのだが、全く魚信なしで、ハオコゼもベラすらも食ってこないという何も起きない釣りに。魚探には魚影はあったようなのだが……口を使う気配もなく。シロギス13匹(最大22センチ)、カサゴ1匹が本日の夕食。


より大きな地図で 2011/0--5/14/-みうらボート ボートシロギス を表示



Twitter

2011年05月14日 19:21

« ウキふかせのウキの選び&ガン玉の打ち方を考えてみた | メイン | シロギスに飲まれた針をハリスに傷つけず素早く回収する »

最近の釣りに行った記事

本日、大人はウィリーにおさわり禁止…カイワリほげたぞ
居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹
天秤&仕掛けを和彦丸SPにしてシロギス58匹でにんまり
アカムツどころか魚信が一度もなく城ヶ島沖で大撃ち~ん
暑さとサバに無口になるも船長冴えててカイワリを9匹!!
あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪

著者: へた釣り