25cm超混じり良形多い走水沖シロギスでフォースを磨く?

シロギス師匠が船長で初挑戦したボートシロギス。みうらボートで25フィートの船外機付きボートをレンタルして、走水沖でシロギス狙い。25センチ超が混じり良形多くという釣果だったのだが……へた釣りは相変わらず釣果/魚信が2割そこそこというヘボっぷり。上達する気配がないwww

みうらボートボートは走水港を出港し、10分ほどの砂地のポイントでアンカリング。20号のキス天秤に全長95センチの吹き流し式の仕掛けを付けて、アンダーハンドで軽くキャストして投入。魚信がほとんどない? と思っていたら、船長(=師匠)がさっそく20センチ超のシロギスゲット。その後も、へた釣り以外は、ダブルありで釣果を伸ばしていくという一人置いてけぼりな状態。

■可能な限り錘を軽く、餌はジャリメに限るようだ
シロギスさすがに魚信は出始めたのだが、例によって、6連続空振り。ここで師匠のアドバイス。「水深20メートルくらいなので錘は10号の方がいい。かけアワセるんじゃなくて軽くアワセる感じに……」。錘が軽い方が波に合わせて自然な誘いが発生し、餌を咥えたシロギスの違和感も少ないということだろうか? アワセはどうやら竿先をするどく動かしすぎていて、餌を吸い込んだシロギスの口から強いアワセで針ごとすっぽ抜けているのではってことらしい。

シロギス餌をアオイソメからジャリメに変えて、小さめのジャリメを1本通し差しにする。竿先にプルプルというシロギスの魚信を感じたら、ゆっくり竿を立てていくと、8魚信目にしてようやくシロギスゲット。その後も同じように、釣っていたのだが……1日やった打率は、63魚信で13匹ゲットで、2割6厘。二軍落ち間近の低打率だ。投げ釣りならリーリングで針掛かりすることが多いシロギスが船やボートからだと、どうしてこうも針掛かりしないのか? 昨年からの謎である。

■シロギス釣りは……ニュータイプの覚醒が必須?
カサゴ師匠は30匹超、師匠の釣友も20匹、15匹と釣っていたので……船中最下位。魚信は出ている(=魚はいる)のに、針にかけられるシロギスはよほど運の悪いシロギスだけといういつものパターン。「プルプルという魚信は、シロギスが餌を飲み込み吐きだそうとしているときのもの。その前の小さな魚信を取らないと数は伸びない。極めれば、シロギスが餌を咥える前の気配でアワセられるようになるよ」……師匠の言葉である。「それって、ニュータイプですか? ジェダイマスターですか?」。地球の重力に囚われ、フォースが共にないへた釣りは頭を抱えるばかりである。

シロギス_カサゴその後、根周りで少しだけ遊んで、カサゴを1匹追加して本日終了。予告通り、釣ったメゴチを餌にマゴチを狙ったり、根の上では30号のビシでマダイを狙ってみたりもしたのだが、全く魚信なしで、ハオコゼもベラすらも食ってこないという何も起きない釣りに。魚探には魚影はあったようなのだが……口を使う気配もなく。シロギス13匹(最大22センチ)、カサゴ1匹が本日の夕食。


より大きな地図で 2011/0--5/14/-みうらボート ボートシロギス を表示



Twitter

2011年05月14日 19:21

« ウキふかせのウキの選び&ガン玉の打ち方を考えてみた | メイン | シロギスに飲まれた針をハリスに傷つけず素早く回収する »

最近の釣りに行った記事

特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ

著者: へた釣り