竿を持ってない方が釣れるなんてへたくそにもほどがある!

中金 シロギス・ライトタックルアジのリレーシロギスの釣果/魚信の確率が、イチローどころかゴジラ松井以下という現実に、すっかり船シロギスにハマってしまった。例によって品川 中金から、LTアジ・シロギスリレー船に。シロギスにハマったなら、キス1本でいけよという意見はごもっともだが、アジフライが大好物なのでご容赦w

北海道でアオソイアイナメを大漁して、すっかり釣りが上手になったような気がしていたのだが……そんな自信は木端微塵に打ち砕かれた。まずはアジ。30センチ超の良型アジを狙って木更津沖に行ってもらうも不発。富津沖に移動してから釣れ始めたのだが……釣れ始めたのは周りだけで、なぜか自分の竿にだけは魚信がない。底から2.5メートルでコマセを振り、指示ダナの上下1メートルを丁寧に探る。やっていることは正しいはずなのに……。ハリスがピンクの仕掛け(お気に入りで実績あり)なのがいけないのか? それとも誘い方に問題があるのか?

ここで船長さんからのアドバイス。「赤タンよりもイソメの方が食いがいいよ」。慌てて餌を変えると順調に魚信り始めたのだが、こういう適応力のあるなしが釣りが上手いか下手なのかの分かれ目なんだなぁ~と痛感することに。つまり、自分以外の人は赤タンでは釣れないと見切りを早々に付けていたのに、ボンヤリ釣っているから気づいていなかったってこと。この日は船長さんに近い位置で釣っていたので、東京湾のアジ釣りの極意を聞くことができた。

以下、聞き書き。
・置き竿がいいこともあるし、アワセにいったことがいいこともある。
・東京湾のLTアジは、少し固めでアワセが効くタチウオタックルが使いやすい。
・アジの遊泳層(吹き流しの仕掛けの位置)が頻繁に変わるので、魚信がでないときはマメにタナを変える。

釣果は……31匹でスソ。釣れないときになぜ釣れないのかを考え、いろいろ試せるようにならないと、一生へた釣りを卒業できないってことに気付いた有意義?な日であったw

■なんで? 置き竿だと釣れるシロギスにムカつく
後半戦のシロギス。船が空いていたので、この日は船釣り初の2本竿に挑戦してみた。1本はアジ用のLTタックルを流用して胴付き仕掛けで足元に。もう1本はいつも通りキャストして広く探る天秤仕掛け。富津沖の水深13メートルでスタート。手持ちのキャスト竿にはいつも通り、キスのプルルという小気味よい魚信があるのだが、これまたいつも通り針にかからない。例によって4回魚信って1回釣れればいい方。

で、置き竿はというと……釣れるのである。向こうアワセで面白いように針がかりする。早い話が、竿を持っている自分は邪魔な存在。放置して座っているだけの方が釣果がいいってことなのである。木更津沖の浅場(6メートル)に移動してもこの傾向は一緒。釣りは娯楽なのだから、釣果にこだわらず楽しめばいいとは思うのだが、楽しんでいる本人が釣りの邪魔になっているという現実を前にちょっぴり悲しくなってしまうのであった。

シロギスは22匹とそこそこ釣れたのだが……うち置き竿で釣れたのが14匹。手持ちでは8匹だったのだから、喜んでいいのか、嘆くべきなのか、実に微妙。この日分かったのは、浅場ほど針がかりさせにくい。投げ釣りと違ってイソメは4~5センチくらい付けた方が魚信が多いってこと。



Twitter

2010年08月01日 09:14

« 北海道釣行記-後編 北海道ロック撃ちでコツコツゴ~ン | メイン | アキアジ釣りのお勉強 8kgの引きを味わえる日に備える »

最近の釣りに行った記事

5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!

著者: へた釣り