テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!

テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!釣果だけみればド貧果とうわけではないがものすごく悔しい1日だった。どうした加減か愛用しているチドリ天秤が2つ連続で破断した。ビシも惜しいが買ったばかりのカッタクリバケは4つとも海中に。テンビンとビシは船で借りたが筆を選びまくる人なので上手く釣れず涙がこぼれそうに。

テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!初めて挑戦する釣り方にいい大人がワクワクしながら宇佐美を目指す。相模湾で実績ありと言われたカッタクリバケで3キロ級を含むカンパチが入れ食い。クーラーに入りきらなかったら発泡をもらおうなんてことを電車の中で夢想していた。治久丸の船着き場に到着。午前もカイワリ・カンパチで出船していたので釣況を聞くと、よろしくない。カイワリは船中0でカンパチも顔を見た程度だった模様。午後に急によくなるとは思えないので、目標をカイワリ・カンパチを1匹ずつに下方修正する。カンパチにはとっておきのバケがあるし、カイワリのボウズなんて1年半前に経験したきりなのでなんとかなると思っていたのだが……。

■まさかのテンビン破断・バケロスト。カンパチなんて10年早い!?

テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!まずはカンパチから。宇佐美港を出てほんの少し南に走った漁礁が入ってる水深30メートルのポイントで釣り開始となる。カイワリからと思っていたのでウィリーの仕掛けを投入してしまい、シャクリだすといきなり竿がグンッと持っていかれる。カンパチの引きがどんなものか忘れてしまっているので、カンパチかもとぬか喜びしたが、イナダだった。ウィリーではイナダの餌食になりそうなので、11号のバケを2つ付けたカンパチ用の仕掛けにチェンジする。スティ0の高速シャクリを続けているとふっとラインのテンションが抜ける。回収してみると……ビシをぶら下げている部分の少し上でテンビンが破断していた。FLビシととっておきのバケを失う。
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!

テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!力いっぱいシャクるのでテンビンが折れたのは初めてではない。悔やんでいても仕方がないので予備のテンビンに付け替える。仕掛けは残り2個になってしまったカッタクリバケを2個とも投入。バケはルアーみたいな物なのでビシは付けずオモリだけで抵抗が少ない分さらに高速にシャクってみたがこれでは魚信出せず。コマセを詰めたビシを付ける。何度かバケに魚が触れている感触はあったが、針掛かりせず。魚信を弾くときはシャクリが速すぎることが多いので速度を少し遅くしてみると、今度は魚信が出ない。これは攻略しがいがあるかもと感じ始めたそのときにまたもふっとラインのテンションが抜ける。回収してみると……ほぼ同じ場所でテンビンが破断していた。当然、ビシもバケも海の中。バケを全部ロスト。カンパチを狙えなくなった。凹むなっていう方が無理。地団駄踏みたい気分。
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!

■道具が違うと…釣りにくい。カンパチはあきらめてウィリー八目釣り

テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!船長から「初島の方行ってみましょう」とのアナウンス。水深100メートルくらいのカイワリのポイントだ。テンビンとビシを船で借りたのだがテンビンはともかく、ビシは鉄仮面だった。結構コマセが出る設定になっていたので養生テープでふさいだがすぐに取れてしまい釣りにならず。重さも軽すぎたようでオマツリが多発したので緑のプラビシに変えてもらう。こちらもコマセが出すぎるがなんとか釣りにはなった。とはいえ、カイワリからのコンタクトはなく、またシャクる速度もオモリが暴れる分遅くなってしまっているようで、サバ2匹とキダイ1匹しか釣れず。再びカンパチ狙いに戻ることに。バケはなくなったのでアジを釣って泳がせで狙うしかない。
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!

テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!ショゴなのであまり大きいアジでは生き餌にならない。15センチくらいのアジが釣れることを祈ってウィリーでシャクリだすと、まずはサクラダイなど赤い魚ばかり釣れ盛る。ウリンボサイズのイサキが釣れたかと思うと、いきなりズドンと竿を持っていかれてチダイ。この重量感はマダイに違いないという引きを楽しませてくれたのは40センチ級のでっぷりメジナ。イナダはぽつぽつ釣れたが追加で2匹だけキープしてあとはリリースした。大きすぎるアジが釣れたり、何度も針を伸ばされたりしながらやっと生き餌サイズのアジカワハギが一荷で釣れる。ただし「次の流しで上がっていきます」とのこと。仕掛けがもったいなので泳がせは断念。最後までイナダを釣って本日終了。メジナ、チダイ、イナダ、サバ、キダイ、アジカワハギイサキと賑やかではあるが……お刺身界の頂点に君臨する本命二目がいないので満足には遠い。
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!


Twitter

2020年09月27日 21:28

« カンパチって出世魚なのね。80センチ超えてやっとなのか… | メイン | 【動画】ビシもバケも全ロスト。でもウィリーだけは裏切らない »

最近の釣りに行った記事

佳肴求めて鴨川沖へ。クエ・クロムツ・アカハタでえっへん♪
プルルと魚信るが掛からない!? でも44匹でキス天食べ放題
40センチのデカイワリ含む5匹で夏の美酒佳肴作戦は大成功
気難しベイブリアジに翻弄され二人で83匹。釣りデート成功
【番外編】妻と釣りじゃないデートで大阪食い&呑みだおれ
猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹

著者: へた釣り