ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!

ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット台風は去ったが釧路の海はやや荒れのまま。風こそ強くないものの波2メートルの予報に船が出るのかしらと不安だったが無事出船した。釧路港・海攻から北海道五目へ。ヤナギノマイを中心にタラなどいろんな魚が釣れるが本命は味噌漬けにして絶品のアオゾイ。3年ぶりに釣れたよ。

ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット釧路の遊魚船は幣舞橋のたもとからのびる岸壁から出航する。日本の東端に近い、ということは日が昇る時間が早い釧路の船の出航時間は早い。海攻は4時30分に出船。出船30分前に集合なので4時までに船の前に行かなくてはならない。宿泊しているホテルから乗船場所までは徒歩10分くらいなので3時30分にホテルを出る。写真を撮りながら岸壁に辿り着くとへた釣り以外は既に到着済み。前日のうちに北海道の師匠にクーラーを運び込んでもらっていたので、そのクーラーを探すと右舷の舳先に置いてあった。右舷舳は宇佐美・治久丸での定位置なのでいい予感。
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲットひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット

■アオゾイノボリは7月上旬まで? ウネリで上下左右に揺すられる

ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット約1年ぶりに半田船長にご挨拶。愛想のよい船長で船上のマイクパフォーマンスが面白いので釧路のフィーリング船長と勝手に呼んでいる。ただし、この日半田船長からもたらされた情報はあまり楽しいものではなかった。「アオゾイはもう1カ月早くこないとね」。7月上旬まで絶好調だったアオゾイはここのところ沈静化しているのは感じていたが、その理由を教わった。6月から7月上旬はアオゾイの産卵期で水深50メートルくらいのポイントにのっこんでくるので鈴なりコイノボリが発生しやすい。現在は産卵を終え深場に落ちていっている最中でいろんな水深を攻めて捜索中だという。船は定刻より5分早く出航する。濃い霧の中釧路港の防波堤を越えると海はウネリ始める。上がって下がってという単純なウネリではなく、上下にも左右にも揺られる三半規管を直撃する揺れ。舳は当然一番揺れるわけで久しぶりに船酔いの前兆が……。
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲットひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット

ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット船は30分ほど走って止まる。止まればなんてことない海なことを祈っていたが船はグラグラと揺れ続けてなんてことある。胸が悪く食道に酸っぱいなにかがこみあげてくるのを我慢して釣り開始。水深は50メートルくらい。船長のアナウンスは「いい反応ですよ」。高活性なときは落とせば食ってきて、追い食いバリバリ針数釣りとなるが、「この反応でつかないの?」「潮も動いてるのにな」と船長はマイクを使って言い訳にも聞こえる釣況の生放送。釣り始めて15分してようやく魚信がある。引きに重量感がないのでアオゾイではない。ヤナギノマイと北海道ではガヤと呼ばれるエゾメバルの一荷だった。バリバリとは魚信ってこないがまめに誘うと魚信が出てこのポイントでヤナギノマイを3匹追加。アオゾイの気配はないようでもう少し深いところへ行くとのアナウンス。
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲットひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット

■誘うとヤナギノマイ。アオゾイは苦手な置き竿放置が有利なのぉお?

ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット次のポイントは水深70メートルのポイント。釣況はあまり変わらずヤナギノマイがポツポツと釣れてくるだけ。「根がきついので根掛かり気をつけて」とアナウンスされたので慎重に底にオモリをつけてからタナを取り直そうとすると竿先がガコッと跳ねるような魚信。もしかするともしかしてと竿を持ち上げ針掛かりを確定させると重量感のある引きに変わる。ドラグを効かせながら巻き上げる。3年ぶりのアオゾイだった。半田船長から「頑張って粘った甲斐がありましたね」。ポイントを何度か移動してこれはアオゾイの一荷以上確実な引きがあったがマタラのすれ掛かりでがっかり。1匹目のアオゾイから3時間ほど間があいて2匹目のアオゾイ。「満足ですか~」と聞かれたので「2年間釣れなかった物が2匹も釣れたから満足ですよ~」と答えておく。
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲットひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット

ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット沖上がりの時間が近づき始めると魚の活性が少しだけ上がりだす。艫の方でアオゾイがポンポンと釣れる。なのにへた釣りの竿にはヤナギノマイの小型のしか食ってこない。誘えばヤナギノマイなら8本針に4匹、5匹まとめて釣れるがキープしても食べる身が少なすぎるというサイズも。船長から「アオゾイは底を1メートル切って誘わないで置き竿で」との指導が入る。他動性中年であるへた釣りがうまくいかない釣りはいい確率で同じ指導が入る。指導は無視する。ウネリが高いので180センチの短くしかも硬めの竿を使っていると置き竿にしても仕掛けを海中で動かないようにするのは不可能。アオゾイを釣っていた人は3メートル以上の柔らかめの竿を使って置き竿にしていた。さらに針にはイカゲソと思われるエサが付けられていた。好調な艫の人を尻目にここではアオゾイを1匹追加できただけでクーラー三分目で沖上がりの時間に。
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲットひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット



Twitter

2018年07月31日 16:48

« 雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹 | メイン | 北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓 »

最近の釣りに行った記事

佳肴求めて鴨川沖へ。クエ・クロムツ・アカハタでえっへん♪
プルルと魚信るが掛からない!? でも44匹でキス天食べ放題
40センチのデカイワリ含む5匹で夏の美酒佳肴作戦は大成功
気難しベイブリアジに翻弄され二人で83匹。釣りデート成功
【番外編】妻と釣りじゃないデートで大阪食い&呑みだおれ
猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹

著者: へた釣り