雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹

雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹お気に入りの宿ヘイゼルグラウスマナーに今年も一泊。昨晩はモンラッシェのワインなどをいただいての会食。開けて休竿日のはずだが朝5時に起きてホテルの脇を流れる虹別川の支流でなんちゃって渓流釣り。川の流れが予想以上に速く大苦戦も姪2号に釣らせるミッションはクリア。

雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹シャサーニュ・モンラッシェ2011美味かった。果実味がしっかりありシャルドネの白ワインの優等生的な味だった。目ん玉が飛び出るほどに高価なワインではないのでなにかいいことがあったときにでもまた飲みたいワインだ。釣行記なのに釣り以外のことを書くときは……あかんかったときである。朝起きて窓から外をのぞくと小雨が降っている。それでも竿とエサのぶどう虫を持って釣り場に向かったが、ここで重大なミスをしたことに気づいた。虫除けスプレーを持ってない。歩いているだけで耳近くを飛ぶいろんな羽虫の音が聞こえてくる。この音に不快感を感じるのが人間の本能。著しくやる気を削いでくれる。
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹

■手前は浅すぎ奥は速すぎ。無理矢理魚信は出すも取り込みは不可能

雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹釣り場に着くと、あららとなる。手軽の釣れる手前のポイントは浅くなっており魚が潜んでいるという雰囲気ではない。水の中に立てば届く奥のポイントは雨で増水している上に川幅が狭くなっているせいで流れが速すぎる。どんなもんかと仕掛けを流してみたがいつものガン玉ではエサが沈む前に流されていってしまい釣りにならず。ガン玉を追加してなんとかエサを沈めることに成功すると魚がそもそもいないのか、それともガン玉を追加して仕掛けが自然に流れなくなってしまったのか魚信なし。川の釣りは粘る釣りではないので何度か仕掛けを入れたら諦めてポイント移動。
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹

雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹こういう川の流れが速いときはいくらかでも流れが緩くなっている個所に魚が集まるはずなので該当する場所を探すが、頭上に気が張り出していたり、長靴で入っていける場所からは竿が届かなかったりといい場所が見つからない。濡れてもいいやと突撃するほどの気概はなく無理をしないでできる場所から竿を伸ばして釣る。魚信は2度あったが竿がほぼ水平になっている状態でなんとか出した魚信なので針掛かりせず。掛かっててもたぶん取り込めてない。あそこになら魚がいるんだなと確認するだけでも面白くはあるが……。

■ニジマス池は鳥対策で釣れず。姪2号が橋の下からオショロコマを

雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹狭いポイントなので川の状況によっては釣りにならずということはこれまでも何度かあったが、そんなときは川の横に作られた池に放たれているニジマスを釣って遊べたのだが、今年はニジマスを狙う鳥(近づくと写真を撮る前にいなくなったがサギっぽい)がいるらしく池の上にネットが張られ、鳥避けの風船がぶら下げられていた。ネットをめくって釣る度胸はないのでオショロコマが釣れないからニジマスに遊んでもらうプランは断念。

雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹ニジマスとも遊べないとちょっと困ったことが…釣り大好きな姪2号が起きたらやってくることになっている。昨年は橋の上から縦に流すという奇策でうまく釣れたが…流れが速いので同じやり方が通用するかは分からない。姪2号がやってきた。竿を長くもって仕掛けを入れて竿を手繰るようにして短く持ち直していくという謎の釣り方。この子は集中力があり飽きずに何度も何度も仕掛けを入れて頑張る。そういう健気さに川が応えた。橋の真下辺りに仕掛けが来ると目印が止まる。竿先がフルルと揺れて、本日唯一の釣果であるオショロコマをゲット。昨日も大きなカレイを釣り上げていたし、姪2号は釣りの神様に愛されている。



Twitter

2018年07月30日 07:51

« 標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に | メイン | ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!! »

最近の釣りに行った記事

佳肴求めて鴨川沖へ。クエ・クロムツ・アカハタでえっへん♪
プルルと魚信るが掛からない!? でも44匹でキス天食べ放題
40センチのデカイワリ含む5匹で夏の美酒佳肴作戦は大成功
気難しベイブリアジに翻弄され二人で83匹。釣りデート成功
【番外編】妻と釣りじゃないデートで大阪食い&呑みだおれ
猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹

著者: へた釣り