次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!

次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!サドンデス宣言したのは、釣れる気がしていたから。オニカサゴはそんなに甘い魚じゃないってことを思い知らされてしょんぼり。途中から全く釣れる気がしなくなって、次にオニカサゴが釣れるのは4年後かもなぁなんてことを考えてたもんね。赤い魚は3匹いるけどオニカサゴはボウズorz。

次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!明日は羽田・かみやオニカサゴ釣りプチ大会。2隻出しで40人近くがこれに参加するはずであるから、その前日は空いているに違いないと予想しての釣行。予想は当たった。釣り客は6人でなぜか右舷の舳が空いていたのでそこに釣り座を決める。潮先がどこか調べてなかったのでデカッw船長に「舳はダメな席?」と確認したが、「そんなことはない」とのこと。オニカサゴで四隅に座れたのはこれが人生初かも。大いに気をよくしての出船だったが…ご機嫌だったのはポイントに着くまでだけだったかも。

■釣れる気がする釣り方だったが……魚信を全く出せずに釣れる気が…

次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!剣崎沖と洲の崎沖の境目あたりがポイントだった。約2時間かけて辿りつく。親子サルカンなしの軽量仕掛けで誘って誘って魚信を出していくという作戦。魚には動いているエサほどよく見えるはずと信じて、ゆっくり誘い上げて、底を1メートル切ったら今度はゆっくり誘い下げて底を取り直す。120号のオモリをぶら下げてこの動作を繰り返すのであるからいい筋トレになる。モゾモゾというオニカサゴを含むカサゴ系ではない魚信は何度かあるが針掛かりせず。1時間過ぎ、1時間半が過ぎ…さすがにちょっと飽いてきていたら、デカッw船長がブログのネタに困らないようにと、左舷で釣れたナヌカザメを持ってきてくれる。触り心地はぬいぐるみみたいにフカフカだが目つきは凶悪。

次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!やっと魚が掛かった手応えがあったのは釣り開始して2時間近く経った11時少し前。オモリの着底と同時に食ってきたが引かないどころか、本当に魚が付いてる? 竿を持ち上げると微妙に重みがあるので巻いてみると、ピンクのルージュと体側に鮮やかな黄斑が並ぶアカトラギス。自分と大きさがさほど変わらないサバ短に食いついてくるのであるから見かけによらず獰猛な魚である。針掛かりしないモゾモゾの正体はこいつかな? この辺りで今日はダメかもって気がしてくる。一度もカサゴらしい魚信がない。活性が低いのにエサを動かしすぎてるのかも?と釣り方を修正する。

■活性が低いので底を大きく切らずに誘う。赤い魚は釣れたんだけど…

次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!新しい釣り方は底が駆け下がっているときは30センチだけオモリを持ち上げて、5秒に一度底を取り直すという忙しい釣り方。とにかく仕掛けがオニカサゴの食ってくる層を離れないことを意識して底を取り直す。仕掛けの動きは大きくはないが、底にオモリが着いたときにフワリと動くはずなので誘いにはなるはず。すぐに魚信。カサゴっぽいガツガツという手応えがあり、竿を立てると重みが乗った。ただし、重いだけであまり引かない。海面に現れたのは朱色のシルエット。キープサイズは十分あったがオニカサゴではなくヒオドシ。釣ったのはこれで二度目だ。淡白で美味しい白身魚ではあるが同じサイズのオニカサゴほどには脂が乗らない。ここでトラブル……水深が250メートルを超えると糸が足りなくなった。しばらく休憩せざるを得なくなる。
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!

次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!底が駆け上がっているときは底から電動リールで超スローペースで巻き上げてみた。天秤を常時上方向に持ち上げることで仕掛けを張り、アンカー効果でエサを下方向に動かすことを狙った。こちらも魚信はすぐにあったが、小ぶりのウッカリカサゴ(カンコ)。赤い魚は釣れているのだが、オニカサゴは混ざってくれない。そろそろ沖上がりという時間にもう一度だけカサゴっぽい魚信があって、今度はフサカサゴ(背びれに黒斑があるので雄)で本日終了。サドンデス宣言しちゃったので本日だけでなく今季終了かな? 赤い魚3種でお鍋はできるが……不甲斐ないし寂しいぞ。
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!



Twitter

2018年01月20日 19:01

« ボウズくらうまでサドンデス・オニカサゴを楽しむことにする | メイン | まだ250mはあるけれど…こういうときみんなどうしてるの? »

最近の釣りに行った記事

気難しベイブリアジに翻弄され二人で83匹。釣りデート成功
【番外編】妻と釣りじゃないデートで大阪食い&呑みだおれ
猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす

著者: へた釣り