三度目の正直オニカサゴは魚信いっぱい。サメ釣りに開眼

三度目の正直オニカサゴは魚信いっぱい。サメ釣りに開眼狂っている。オニカサゴはへた釣りのエサだけ避けているとしか思えない。何が狂っているのか? 修正点を見いだせないまま、2015年三度目のオニカサゴ釣行は終わってしまった。8回、ドラグが滑るいい魚信があった。でも全部、サメ。サメはへた釣りの垂らしたエサが大好きだったみたい。

三度目の正直オニカサゴは魚信いっぱい。サメ釣りに開眼1匹も釣れねぇ~、釣れねぇ~と騒いでいるせいで、「今日は釣れますよ」「そろそろじゃないですかぁ~」と、いろんな人に気を遣ってもらう。羽田・かみやから2015年三度目のオニカサゴ昨年も3戦目でキープサイズのオニカサゴを手にしているので、自分でも「そろそろ釣れる…はず」と思っていたりした。桟橋にて異次元O塚さんから「チョンチョンと誘って、ピタッと止めて待つ。待つのは45秒。底にオモリを着けて待ってもいい」とアドバイスをいただく。待ち時間が短かったのかなぁ~と反省。なんだか釣れる気がしてきた。

■洲崎沖への遠征オニカサゴ。波、風に苦しめられるがなんとかなる?

三度目の正直オニカサゴは魚信いっぱい。サメ釣りに開眼席は左舷の前から2番目。片舷4人だったのでオマツリを恐れずに釣ることができる。デカッw船長からのアナウンスは「海の状況を見ながらですが、洲崎沖に向かいます」。沖のウィリー五目で何度もいい目に遭っているので洲崎沖=釣れるポイントと刷り込まれている。ただし、海の状況はあまりよろしくない。中ノ瀬あたりから船が揺れ始め、観音崎、剣崎と進むほどに波が高くなっていく。いつ船が止まって洲崎遠征断念になってもおかしくない感じだった。

三度目の正直オニカサゴは魚信いっぱい。サメ釣りに開眼2時間くらいかかってなんとか洲崎沖に到着。船が止まると恐ろしく風が強いし、波も高い。ときどき飛沫を被るような状況だったので、こんなんで魚信を取れるのかなと不安になる。一流し目で本命が釣れたとのアナウンスがあり、さすが洲崎と思ったのだが、へた釣りの竿にはちっとも魚信がない。エサがそのままの状態で1時間が経過し、ようやく微妙な魚信があった。本命ではない。ヒオドシという20センチくらいのカサゴの仲間だった。海は悪いが魚信が取れることは確認できた。
三度目の正直オニカサゴは魚信いっぱい。サメ釣りに開眼三度目の正直オニカサゴは魚信いっぱい。サメ釣りに開眼

■釣れども釣れども、サメ? サメ!! サメ!? サメ! サメorz

三度目の正直オニカサゴは魚信いっぱい。サメ釣りに開眼この日のエサは、カツオのハラモSUPERいかたんBig(グローパール&イカゴロMAX)。良型狙いで、幅2センチくらい、長さ15センチくらいにしてある。2度目の魚信は明確に竿を大きく引きこんだ。オニカサゴ!? オニカサゴの魚信なんてすっかり忘れてしまっているので、強い引きがあれば全部オニカサゴだと思っていた。……電動リールが空転したままちっとも巻き取れない。オニカサゴなら70センチ以下ってことは絶対にない。ただし、70センチのオニカサゴは絶対にいない。仕掛けが切れた。すぐに同じような魚信があり、70センチ級オニカサゴの正体を確認できた。ツノザメだった。

三度目の正直オニカサゴは魚信いっぱい。サメ釣りに開眼その後も釣れども釣れどもサメ。都合8回、竿がミシミシと悲鳴をあげるいい引きを楽しませてくれる。SUPERいかたんBig グローパールを付けた針にサメが食いついてくることは分かったのだが、海中でのアピール力が強い証拠と信じてそのまま釣り続ける。時間はどんどん経って行く。次第に海は凪いできて釣りやすくはなったが、へた釣りの竿に伝わってくるのはサメの魚信だけ。三度目のボウズが見えてきた。しょんぼりモードになってしまう。「ミドリフサアンコウ釣れましたよぉ~。写真撮りますかぁ?」。デカッw船長にも気を遣われてしまった。



Twitter

2015年02月28日 20:34

« 三度目の正直で2015年初のオニカサゴを手にしたいのだが | メイン | ミドリフサアンコウはあんな姿形をしてるのにとっても美味!? »

最近の釣りに行った記事

気難しベイブリアジに翻弄され二人で83匹。釣りデート成功
【番外編】妻と釣りじゃないデートで大阪食い&呑みだおれ
猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす

著者: へた釣り