ちょうど五目達成で今夏の北海道はこれで勘弁しといたろっ

ちょうど五目達成で今夏の北海道はこれで勘弁しといたろっ!!北海道釣行2014の最終日。朝から船に乗って夜の便で東京まで帰ろうという強行スケジュール。ターゲットは北海道五目。アオゾイをメインにタラやヤナギノマイが針数コイノボリで剛竿をひん曲げてくれる釣りというより漁体験を希望していたんだけど、北海道でも不漁を呼ぶ男…なのか!?

ちょうど五目達成で今夏の北海道はこれで勘弁しといたろっ!!船は最近アオゾイ絶好調の釧路・繁栄丸。出船時間は4時だったので、少しでもいい席を確保しようと、3時に釧路川岸壁の啄木碑前へ。北海道の師匠に右舷の舳を譲ってもらい、右舷舳がへた釣り、右舷2番が北海道の師匠と並んで釣ることになった。船は定刻に出航する。気温は12度。船が走り出すと少々肌寒い。東京湾だと11月とか12月の感じかな? 出航時間が早かったので、遠いポイントに行くと予想していたのだが、船長からのアナウンスは「反応が見つかり次第やるから仕掛けはちゃんと準備しといてよ」。
ちょうど五目達成で今夏の北海道はこれで勘弁しといたろっ!!ちょうど五目達成で今夏の北海道はこれで勘弁しといたろっ!!

■タタリじゃぁ~、ヤナギノマイのタタリじゃぁ~でアオゾイどこ?

ちょうど五目達成で今夏の北海道はこれで勘弁しといたろっ!!船は30分ほど走って、急に速度を落とす。釧路の沖は潮が早いので、船長の合図と同時に仕掛けを投入しなくてはならない。胴突きのバルーンサビキ8本針仕掛けの先に付けた250号の錘を握って合図を待つ。仕掛けは北海道の師匠お勧めの「北海五目 D-611 18号」。仕掛けを買いに行くと「クーラー釣り超実績」なるシールが貼ってあった。竿(ディープゲーム)もリール(フォースマスター3000MK)も北海道の師匠とおそろい。死角はない……はず。腕の差があるってことはあえて考えないことにする。
ちょうど五目達成で今夏の北海道はこれで勘弁しといたろっ!!ちょうど五目達成で今夏の北海道はこれで勘弁しといたろっ!!

ちょうど五目達成で今夏の北海道はこれで勘弁しといたろっ!!仕掛けを着底させ、50センチ~1メートルくらい底を切ってフワフワとスローな誘いを入れる。すぐに魚信がある。ただし、魚信の後の引き込みと重量感はさほどでもない。北海道五目では針数つくか船長から回収の合図があるまで巻き上げずに我慢する。追い食いの気配もない。船長からの回収合図を待って巻き上げてみると、ヤナギノマイが1匹。次のポイントではなんとか3匹付けてヤナギノマイ2匹+スケソウダラ1匹。オッといういい引き込みがあったのだが60センチくらいのマダラ。その後は釣れども釣れどもヤノギノマイだらけ。アオゾイはなかなか姿を見せてくれない。タタリじゃぁ~、ヤナギノマイのタタリじゃぁ~!
ちょうど五目達成で今夏の北海道はこれで勘弁しといたろっ!!ちょうど五目達成で今夏の北海道はこれで勘弁しといたろっ!!

■アオゾイ釣れねぇ~~~。クロソイのおかげで溜飲を下げたが……

ちょうど五目達成で今夏の北海道はこれで勘弁しといたろっ!!繁栄丸の船長の特徴は、釣れないととにかく走り回ること。霧のせいで陸地がはっきりとは見えないのでポイントを把握しにくいのだが、昆布森沖→尻羽岬沖→大黒島沖と移動してとうとう霧多布沖への大遠征となる。ただし、釣果の方はあまり上向かない。むしろ釧路から離れれば離れるほど悪くなっていく。北海道の師匠はそれでもアオゾイをポツポツと釣り上げる。へた釣りはタタられているのでヤナギノマイばかり釣り続ける。何が違うのか? おそらくタナが微妙に違ってたんだろう。それなりに重量感があるのでアオゾイだとはしゃいでいたらヤナギノマイが4匹だもんなぁ~。
ちょうど五目達成で今夏の北海道はこれで勘弁しといたろっ!!ちょうど五目達成で今夏の北海道はこれで勘弁しといたろっ!!

ちょうど五目達成で今夏の北海道はこれで勘弁しといたろっ!!霧多布沖からの復路は少し陸地寄りの水深が浅めのポイントを攻めながら釧路に戻っていくことに。復路の尻羽岬沖でようやくヤナギノマイ以外の魚が釣れる。北海道ではマゾイと呼ばれるクロソイだった。アオゾイを釣りたいへた釣りにしてみればあ~あ、色違いで残念だったわけだが、道東ではお刺身で食べる最高級魚の1つであるようで、船中にクロソイを取り込むと、「あ! マゾイ!! いいですね」と何人かから声をかけられる。五目釣りではあまり釣れない貴重な魚であるらしい。

■出航してから8時間、終了1時間前にようやく会えたよ、アオゾイに

ちょうど五目達成で今夏の北海道はこれで勘弁しといたろっ!!沖上がりの時間が迫っている。アオゾイはボウズで終わりかなぁと半ば諦めかけていた。水深は40メートルくらいのポイント。仕掛けが着底し、底を少し切って誘い始めた瞬間に竿先がガッガッガッ。少し巻き上げて針掛かりを確定させる。ヤナギノマイとは明らかに違う重量感を感じて、ニヤニヤ。さらにもう一度大きな引き込みがあって追い食いも成功。バレたら惜しい手ごたえに針数なんて欲張らずに巻き上げる。いた! いたよ、アオゾイ!! 会いたかったよ!!! 出航してから8時間目、終了1時間前にようやく手にしたアオゾイだった。

ちょうど五目達成で今夏の北海道はこれで勘弁しといたろっ!!その後、昆布森沖まで戻ってヤナギノマイを何匹が追加して、沖上がり。特大クーラー何個なんて釣果になることもあるので、クーラー半分くらいで喜んではいけないのかもしれないが、アオゾイ×2、クロソイ×1、マダラ×1、ヤナギノマイ×多数という釣果はへた釣りにとっては十分すぎるほどの好漁。リリースしたスケソウダラを入れれば五目釣りも達成できたしね♪ 港に戻って、アオゾイとクロソイを手にドヤ顔しちゃったよ。



Twitter

2014年07月29日 23:59

« 本日中日。虹別にて小1時間オショロコマ&ニジマスと戯れる | メイン | クロソイ改めタヌキ? キツネ? 北海道の釣魚のお勉強だ »

最近の釣りに行った記事

佳肴求めて鴨川沖へ。クエ・クロムツ・アカハタでえっへん♪
プルルと魚信るが掛からない!? でも44匹でキス天食べ放題
40センチのデカイワリ含む5匹で夏の美酒佳肴作戦は大成功
気難しベイブリアジに翻弄され二人で83匹。釣りデート成功
【番外編】妻と釣りじゃないデートで大阪食い&呑みだおれ
猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹

著者: へた釣り