あと1センチ……時化でも大満足な一之瀬丸LTイサキ7戦目

イサキ1匹でいいから30センチ超の縦縞の消えたイサキを釣るというのが今年のテーマなのだが……金沢八景・一之瀬丸のLTイサキ船に通い続けること7回。ひょっとしたら目標クリア?と思ったのだが……計ってみると1センチ足りなかった。でも、中型混じりの釣果に大満足なのだ。

金沢八景・一之瀬丸台風6号が去って、この日から多くの船宿が通常通りの営業を開始したのであるが、朝起きて外に出てみると……風が強いし、半袖では肌寒い。ひょっとして出船中止になるかもという予感を抱きながら、始発に乗って、金沢八景へ。風の強い日の定石通り、釣座は後ろから埋まっている。と、そこに通りかかったのが、イサキ船の瀧本船長。「今日は一番前が空いてますよ~」。オマツリを気にせずに済む舳にすべきか、海が荒れるのが怖いから胴の間にすべきか。「今日は揺れますよね?」と確認すると、「まぁ、それなりに」とのお答え。胴の間の席札を取った。

■時化後じゃないぞ……時化真っ最中の剣崎沖に風裏なし
金沢八景・一之瀬丸出船して何分もしないうちに胴の間にしといてよかったぁ~ってほどに船は揺れ始める。船が走っているので、風の強さは分からないが、飛沫を浴びて、釣る前から全身ビッショリ。白波を乗り越え、乗り越え、剣崎沖にようやく到着し、船が速度を落とすと……恐ろしく強い風が吹いていることに気づく。仕掛けをスプールから外しているうちに風のせいで手前マツリ……これは釣りにならないかも。剣崎沖は海のど真ん中……風裏に逃げることはできない。

金沢八景・一之瀬丸その日の釣りのテーマが「生きて帰る」になったのは、昨年のカワハギ船に続いて2度目。船は波の上をジャンプしまくり、目の前にいる別の船の船べりが波で見えなくなるほどにウネリまくる。自分が乗っている船だと分かりにくいが、ほかの船を見ていると、沈没するんじゃない?ってほどに波に揉まれて傾きまくっている。一之瀬丸も一度波に舳先を飲み込まれて舳の人は大水害に遭っていた。本当に胴の間にしといてよかったw

■シャクるの無理。タナを決め打ちしてフワフワ誘うと!!
金沢八景・一之瀬丸船がウネリで2メートルくらい上下するので、シャクるのがとても難しい。波の上に乗っているときは勝手にシャクっていることになるし、タナは勝手に2メートルほど上がっている。波を降りているときはシャクってもコマセが出ない。これまで学習してきたことが全く生かせないし、シャクるために船上で立っているだけで一苦労。指示ダナを広く探るのは諦めて、タナを決め打ちして釣ることに(波のおかげで2メートル上下するし、これなら座って釣れるしね)。

イサキ指示ダナの一番底(20メートル)の辺りで波に合わせて竿をシャクっていると、コッという魚信。風のせいで魚信は取りにくいのだが、魚に食い気はある様子。魚信があったと思しき水深でコマセがポロポロこぼれるように、フワフワと誘うと、針掛かりし始める。コマセシャクリっぽくない釣り方なのだが、こんな日に限って、釣れてくる魚は型がよい。

■あと1センチでステージクリアだったのにぃぃぃぃ
イサキ27センチのイサキサイズが立て続けに2匹。竿先をグーンと引きこんで「これは30センチ超えたでしょ!」と喜んだら、上がってきたのは残念なことに28センチのメジナ。その後も20センチ以上の大型ウリンボが釣れ続き、釣果は、
イサキ(25センチ~)×4匹
大ウリンボ(20センチ~)×4匹
ウリンボ(~19センチ)×11匹で19匹。

イサキ船の上では長さを計測する余裕がなかったので、帰ってから体長を計ると……一番大きなイサキは29センチ。あと1センチくらいなんとかならんかと尻尾を引っ張ってみたり、氷でしめて体が曲がっているのを伸ばしてみたりしたのだが……何回計っても29センチ。あと1センチでステージクリアだったのにぃぃぃぃ!!


より大きな地図で 2011-0-7-23 一之瀬丸 イサキ を表示



Twitter

2011年07月23日 20:00

« 釧路沖で130センチ・30キロのオヒョウって……マジッすか? | メイン | アジの釣り方…忘れたw 品川・中金のLTアジ・キスリレー »

最近の釣りに行った記事

佳肴求めて鴨川沖へ。クエ・クロムツ・アカハタでえっへん♪
プルルと魚信るが掛からない!? でも44匹でキス天食べ放題
40センチのデカイワリ含む5匹で夏の美酒佳肴作戦は大成功
気難しベイブリアジに翻弄され二人で83匹。釣りデート成功
【番外編】妻と釣りじゃないデートで大阪食い&呑みだおれ
猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹

著者: へた釣り