ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと

ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと釣って帰ると子供たちが大喜びして食べてくれるため再入門中なのがシロギス釣り。9月か10月に束が狙えるXデーが来るという情報を信じて腕を磨いておこうという釣行だったが、シロギスのご機嫌がよろしくなくって大苦戦。竿をフルルと震わせてからの小気味よい引きはほぼ発生せず。

ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと羽田・かみやからショートシロギスへ。夏休みなので小さな子供釣れの釣り客も数組いる和やかな雰囲気の船上。これでシロギスが難しく考えなくてもバンバン魚信ってくれれば言うことなしなのだが、船上が和やかなときは海中は厳しいことが多い気がする。しゃちょう船長は昨日も少々苦戦されたようで、シロギスの主戦場になる木更津沖などのポイントへは行かずにとっておきのポイントへ連れて行ってくれた。定刻に船は桟橋を離れる。船長からのアナウンスは「20分ほど走ります」だった。木更津沖より近いポイント?

■鶴見沖のマニアックポイントでゴロタとキスの違いが分からず悩む

ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと多摩川を出た船は大きく右に舵をきり川崎の運河のような水路を通って鶴見つばさ橋の辺りで減速する。初めてきたポイントだが、マダコなどを狙えるポイントであるらしい。水深6メートル。軽くキャストして引いてくると、根掛かりが頻発するほどではないが、底はゴロタ場でオモリが石を擦る感触とキスの前魚信がよく似ている気がして紛らわしい、シロギスといえば砂浜にいる魚なので、こんな場所にいるの?と思ったが、船長が魚のいない場所に連れて行くわけない、舳でダブルが発生し、続いてへた釣りにも魚信あり。本日も小ぶりではあるがダブルで幸先よくスタート。今日もキス天食べ放題かな?と思ったのだが……。
ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっとゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと

ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっとゴロタ場でのシロギス釣りで、魚信と根をこする感触が紛らわしいという以上にやっかいだったのが、石に針が引っかかってエサのイソメがズレてしまうこと。真っすぐ付けたはずのイソメが海中でクルクル回るような状態になっていてはシロギスは釣れない。尺ギスと思ったらベラだったりしつつしばし沈黙。キャストしてからのズル引きでは石に針が掛かるのでオモリを少し浮かせながら手前に移動させてくるという誘いに変更する。シロギスがいる所に仕掛けが入ればポツポツとは釣れるようになるが、石に擦っただけと思ったらシロギスが付いていたりなんてことも。10匹ほど釣ったあたりで木更津沖への移動のアナウンス。
ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっとゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと

■木更津沖でゴロタから解放されたら今度はフグが邪魔してくる

ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと木更津沖へ移動すればシロギスの魚信と石との接触を識別するという手感度の悪さに自信があるへた釣りにとっての苦行から解放される。少しはペースアップするかなと考えていたが、ペースアップできるならしゃちょう船長も最初から木更津沖に来ているわけで…シロギスの活性は正直よろしくない。頑張って誘って誘って魚信がやっと出る感じ。元気のないシロギスに代わって元気だったのがフグ。仕掛けを動かしてないとフグの餌食になるが、あまり早く仕掛けを動かすとシロギスの魚信が遠のくというジレンマに頭を抱える。連発したかと思えば沈黙。魚信がほしくて食わせの間をとると、仕掛けを回収してみると針がなくなっいる。
ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっとゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと

ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと最後まで大きく盛り上がることはなく、かといって全く釣れなくなるということもなく、シロギスらしく淡々としたペースで釣り続ける。この日のシロギスは小さな魚信は出すものの竿先をキュンと持っていくような分かりやすい魚信はなかなか出さない。シロギス釣りの醍醐味である小気味よい引きはあまり味わえていないことが少し不満。お昼になると少し風が強くなってきた。キャスト後の糸ふけに注意が必要になったが、魚信の頻度は変わらず。釣果は22匹と報告したが、数えてみると24匹だった。サイズが小ぶりなのでキス天食べ放題にはとどいていない感じだ。桟橋でN塚名人からいただいたマダコ2杯も天ぷらにして、キス・タコ天食べ放題にする。
ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっとゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと


Twitter

2022年08月27日 18:50

« スプリットリング超苦手が「#00から対応」であっさり解消 | メイン | 【動画】一生上達しないのではと不安になるシロギス動画 »

最近の釣りに行った記事

萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん
小サバ湧いてカイワリお留守。カンパチはいてくれたよ~
新山下デビュー戦は美味しいサイズのベイブリアジ17匹♪
25cmが小さく見える尺超え×2で夏カイワリ攻略の糸口!?
ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと
タコを釣ったらキャーキャー騒ぐへたれなおっさんが8杯♪
本日、大人はウィリーにおさわり禁止…カイワリほげたぞ
居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹
天秤&仕掛けを和彦丸SPにしてシロギス58匹でにんまり
アカムツどころか魚信が一度もなく城ヶ島沖で大撃ち~ん
暑さとサバに無口になるも船長冴えててカイワリを9匹!!
あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう

著者: へた釣り