23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね

23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね金沢八景・一之瀬丸のエビメバル最終戦。プチ時化の予報だったし、メバルはイワシメバルでもう1戦する予定があるので別の釣り物をと考えていたが、別の釣り物がなかなか出船確定せず焦れてメバルに行くことに。23・22・20センチのトリプルを決めるもメバル釣りは凪の日に限るね。

23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るねウネリ残りで東京湾奥限定で釣り物を選ぶ。湾奥も凪ではないと承知していた。海が少し掻き回されたぐらいの方が活性が上がるのがアジなので、ショートアジに乗ろうとしていたが、前日昼になっても予約者0で出船が確定しない。一之瀬丸の午前アジに転進とも考えたが、午前メバルは今季最終出船。どうせ、金沢八景まで行くなら来年4月までできないエビメバルに行っちゃおうと勢いだけで釣り物を決めた。後悔はしていないと言いたいところだが、朝家を出るとすぐに後悔した。思ったより風が吹いている。予報通りではあるが…この風で返し波のあるメバル釣りはつらいかもと気づく。

■波高くオモリ着底しか選択肢なし。ミニカサゴばかり釣ることに

23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るねメバル釣りの名残を惜しむ人たちというわけではないだろうが、メバル船は片舷8人くらいと結構混んでいる。貸し竿の人が多く西村船長もこれはマズいと考えたようで、モエビとは別に身エサ(へた釣りはもらえなかった)が配られた。最悪、カサゴでお土産を確保してほしいという戦略だ。一番下の針だけ身エサをと指示が出る。海は予想以上に悪く、波を被りながら港を出る。メンバー的にも返し波のあるポイントは無理と判断したようで、追浜方面に南下し、入り江になっていて波が高くないポイントで釣り開始となる。このポイントが苦手…カサゴが優勢だし、フグにもよくエビを齧られてメバルの魚信をなかなか出せない。

23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね根がきついポイントが多いのでオモリを着底させたら20秒待って少し持ち上げてと細かく根歩きしてメバルの群れにあたるのを待つが…いい確率でミニカサゴが先に食ってきてしまう。カサゴを避けるためにオモリを底から離すと波風で仕掛けが不自然に動いてしまうようで魚信が全くでなくなる。こういうとき用に捨て糸をあと2~30センチ長くした仕掛けを用意してもいいかも。船中メバルはポツンポツンとは上がっていたが、へた釣りの竿にはメバルの魚信は一度も訪れず。カサゴはリリースできるものはリリース。持ち帰ってもいいかなというサイズは1匹だけだった。

■今季初の猿島沖で超久々の3本針にメバル3匹パーフェクト決める

23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね10時少し前に移動の合図があり追浜沖の入り江を出る。途端に波が高くなり飛沫を被りながら向かったのは猿島沖の水深20メートル。一投目の回収の合図とほぼ同時に魚信があり、やっと本日1匹目のメバル。20センチくらいの東京湾レギュラーサイズだが、メバルボウズの可能性もゼロじゃないかもと内心焦っていたので素直にうれしい。続いて竿先フルルなメバルらしい前魚信はあったもののきゅんとはならない魚信があり15センチくらいの小メバルを追加。猿島ならいい型のメバルが出るはずなのに…。波のせいでオモリを底に着けるしかなくミニカサゴに邪魔され続けるのもつらい。
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね

23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るねこのまま何事もなく…というほど、釣りの神様は冷たくない。この日唯一の悪くない型のメバルの魚信。竿が大きく曲がるので曲がった分持ち上げて待つ。追い食いの手応えがありさらに竿がしなる。竿を持ち上げるだけでは追い付かずリールを少し巻いて、待つとさらに重量感が増した。ドラグを滑らせながらゆっくり巻いてくる。ハリスは0.8号なので魚が抵抗している間はほとんど巻き取れないくらいでいい。魚影が3つ。23センチ、22センチ、20センチのメバルが3本針に3匹。本日の見せ場はここのみ。その後、メバルの魚信は訪れず、ミニカサゴが釣れただけだった。メバル5匹とカサゴ2匹をキープ。
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね


Twitter

2022年05月15日 16:42

« 妻のLTアジ手返し向上のために第一精工マルチスタンド130 | メイン | 【動画】見どころあってよかった~それ以外何もないけど… »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り