ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹

ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹魚のご機嫌がいいことを前提にタイラバ・カイワリリレーが面白そうと釣行したが大きな間違いだった。両方そう簡単にはいかない難問。限られた時間で難問2問は解けなかった。ほぼ初体験のタイラバはいいとこなしでタツノオトシゴが引っかかったのが見せ場? カイワリも小型2匹。

ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹コロナ禍のせいで宇佐美へのプチ遠征は3月7日以来だから約5カ月ぶり。Go To キャンペーンの影響で、電車が混まなければいいなと考えていたがガラガラだった。2人掛けの座席に座ったが熱海に着くまで隣に人は座らなかった。自身の感染リスクだけに絞れば首都圏の船宿に行くよりも安全かも。宇佐美駅に到着する。伊豆の空気はすっかり夏になっていたのがうれしかった。ビーチにはちらほらと海水浴客の姿も。そんな様子を撮影しながら港まで徒歩で。午前はカイワリで出船していた治久丸は既に港に帰ってきていた。

■タイラバはできることが限られている? ホウボウでボウズ解除

ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹釣り座は右舷の舳。艫にはNob名人の姿も。まずはタイラバで深いところからやっていくとのことだったので120グラムのオレンジ色のタイラバを付ける。ポイントはカイワリとほぼ同じで初島沖の水深90メートルくらい。底が取れるかなと心配だったが120グラムといえば約30号なので底は問題なく取れた。底にオモリが着いたらすぐに巻き上げた方がよいと教わっていたので間髪いれずに巻き上げ始める。巻くスピードが大事らしいので、1秒でハンドル1回転くらいを目安に少し早めと少し遅めを試してみたが…何も起こらない。タイラバが悪いのかもと次から次へと新しいのを試してみたが変化なし。カワハギには効果絶大のラバマックスを投入するも何も起きず。
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹

ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹できることがすごく限られている釣りというのがタイラバに対する感想。一定の速度で巻くだけで魚信があっても食い込むまで巻き続ける。約2時間リールを少しだけ速さを変えて巻き続けていた。Nob名人が大きなキダイを釣った以外に船中魚信なし、水深30メートルくらいの浅いポイントに移動してようやく、へた釣りのタイラバにも魚信が。コツコツと魚がタイラバを咥えた感触があり、そのまま巻いてくるとすぐに穂先を引き込んだ。マダイでないのは引きで分かる。ホウボウだった。ボウズだけは免れた。そのあとタイラバにくっ付いてきた魚がもう1匹。タツノオトシゴの赤ちゃん。タイラバでホウボウとタツノオトシゴが釣れることは確認できた。
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹

■30メートル以浅でカイワリ2匹。今日はイケると思ったけれど……

ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹15時くらいからカイワリにリレーする。タイラバと同じく水深30メートルくらいから。船長から「7メートルくらいまでシャクって」と指示が出る。カイワリを釣りたいので高速でシャクリ倒すという作戦。最初の魚信は底を仕掛けの長さ分切って数シャクリで出た。カイワリのキュンと引き込む魚信ではなく、グーッと穂先を持っていく魚信。ホウボウだった。タイラバで2時間半かけて手にした釣果に開始早々並んだ。コマセは偉大だ。お次はカイワリよりも重量感のある引きでチダイが釣れる。3度目の正直でようやくカイワリ。サイズは20センチと小型だが浅場で掛けたカイワリの引きは強烈で面白い。ボウズだけは回避した。5カ月ぶりに最強のお刺身を食べられる。
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹

ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹その10分後にキュンと穂先を持っていく小気味よい魚信があって2匹目のカイワリ。立て続けに釣れたのでこのままコンスタントに釣れてくれるかもと期待したが次の魚信はまたもホウボウ。ホウボウってカイワリ同様、速いシャクリに反応する魚なのかも……。3匹目のホウボウを釣って以降、沈黙する。「漁礁に行ってみましょう」というアナウンスがあり、泳がせでカンパチを狙う漁礁のポイントへ。このポイント魚種豊富で楽しいのだが、カイワリが釣れたという記憶…数えるほどしかない。まずはベラ、イサキ、マルアジ、サクラダイ、そしてマアジが釣れる。マアジは早いシャクリにはついてこれないのでかわせるが、最後だけはスティ時間を長くして5匹だけお土産にキープした。
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹


Twitter

2020年08月01日 23:32

« 明日はほぼ人生初のタイラバ。準備したけど不安しかない | メイン | 【動画】無心に巻くってのが邪心だらけの俺にはすごく困難 »

最近の釣りに行った記事

ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹
気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄されるのもいと嬉しで35匹♪
自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪
A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功
推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた
イサキ開幕戦は尺級5匹込み23匹。でも剣崎は撃ちーん!
復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…
【コロナで自粛】試行錯誤で美味しく! 日田風焼きそば開店
【コロナで自粛】大阪の居酒屋の味を求め串揚げやさん開店
【コロナで散財】美味い乾麺のそば番外編。ほうじ茶蕎麦編
【コロナで自粛】大阪の匂いに包まれお好み焼き屋さん開店
【コロナで自粛】子供1号バイト先より肉着弾し焼肉屋開店!!
【コロナで散財】一番美味い乾麺のそばを探す。天狗そば編
【コロナで自粛】陽気がよいので玄関先で焼き鳥屋さん開店
【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです

著者: へた釣り