ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹

ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹魚のご機嫌がいいことを前提にタイラバ・カイワリリレーが面白そうと釣行したが大きな間違いだった。両方そう簡単にはいかない難問。限られた時間で難問2問は解けなかった。ほぼ初体験のタイラバはいいとこなしでタツノオトシゴが引っかかったのが見せ場? カイワリも小型2匹。

ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹コロナ禍のせいで宇佐美へのプチ遠征は3月7日以来だから約5カ月ぶり。Go To キャンペーンの影響で、電車が混まなければいいなと考えていたがガラガラだった。2人掛けの座席に座ったが熱海に着くまで隣に人は座らなかった。自身の感染リスクだけに絞れば首都圏の船宿に行くよりも安全かも。宇佐美駅に到着する。伊豆の空気はすっかり夏になっていたのがうれしかった。ビーチにはちらほらと海水浴客の姿も。そんな様子を撮影しながら港まで徒歩で。午前はカイワリで出船していた治久丸は既に港に帰ってきていた。

■タイラバはできることが限られている? ホウボウでボウズ解除

ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹釣り座は右舷の舳。艫にはNob名人の姿も。まずはタイラバで深いところからやっていくとのことだったので120グラムのオレンジ色のタイラバを付ける。ポイントはカイワリとほぼ同じで初島沖の水深90メートルくらい。底が取れるかなと心配だったが120グラムといえば約30号なので底は問題なく取れた。底にオモリが着いたらすぐに巻き上げた方がよいと教わっていたので間髪いれずに巻き上げ始める。巻くスピードが大事らしいので、1秒でハンドル1回転くらいを目安に少し早めと少し遅めを試してみたが…何も起こらない。タイラバが悪いのかもと次から次へと新しいのを試してみたが変化なし。カワハギには効果絶大のラバマックスを投入するも何も起きず。
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹

ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹できることがすごく限られている釣りというのがタイラバに対する感想。一定の速度で巻くだけで魚信があっても食い込むまで巻き続ける。約2時間リールを少しだけ速さを変えて巻き続けていた。Nob名人が大きなキダイを釣った以外に船中魚信なし、水深30メートルくらいの浅いポイントに移動してようやく、へた釣りのタイラバにも魚信が。コツコツと魚がタイラバを咥えた感触があり、そのまま巻いてくるとすぐに穂先を引き込んだ。マダイでないのは引きで分かる。ホウボウだった。ボウズだけは免れた。そのあとタイラバにくっ付いてきた魚がもう1匹。タツノオトシゴの赤ちゃん。タイラバでホウボウとタツノオトシゴが釣れることは確認できた。
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹

■30メートル以浅でカイワリ2匹。今日はイケると思ったけれど……

ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹15時くらいからカイワリにリレーする。タイラバと同じく水深30メートルくらいから。船長から「7メートルくらいまでシャクって」と指示が出る。カイワリを釣りたいので高速でシャクリ倒すという作戦。最初の魚信は底を仕掛けの長さ分切って数シャクリで出た。カイワリのキュンと引き込む魚信ではなく、グーッと穂先を持っていく魚信。ホウボウだった。タイラバで2時間半かけて手にした釣果に開始早々並んだ。コマセは偉大だ。お次はカイワリよりも重量感のある引きでチダイが釣れる。3度目の正直でようやくカイワリ。サイズは20センチと小型だが浅場で掛けたカイワリの引きは強烈で面白い。ボウズだけは回避した。5カ月ぶりに最強のお刺身を食べられる。
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹

ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹その10分後にキュンと穂先を持っていく小気味よい魚信があって2匹目のカイワリ。立て続けに釣れたのでこのままコンスタントに釣れてくれるかもと期待したが次の魚信はまたもホウボウ。ホウボウってカイワリ同様、速いシャクリに反応する魚なのかも……。3匹目のホウボウを釣って以降、沈黙する。「漁礁に行ってみましょう」というアナウンスがあり、泳がせでカンパチを狙う漁礁のポイントへ。このポイント魚種豊富で楽しいのだが、カイワリが釣れたという記憶…数えるほどしかない。まずはベラ、イサキ、マルアジ、サクラダイ、そしてマアジが釣れる。マアジは早いシャクリにはついてこれないのでかわせるが、最後だけはスティ時間を長くして5匹だけお土産にキープした。
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹


Twitter

2020年08月01日 23:32

« 明日はほぼ人生初のタイラバ。準備したけど不安しかない | メイン | 【動画】無心に巻くってのが邪心だらけの俺にはすごく困難 »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り