釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!魚だって命がけ、甘く見ていると予期せぬ大惨敗をくらう。2月1日に開幕した東京湾奥のメバル。釣れる日の条件を吟味して釣行するのが楽しいが、昨年は熟考しすぎてやらず仕舞いに。本日はベストな条件ではないが、爆釣は無理でも釣りにはなるだろうと釣行を決断したが…轟沈。

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!今年は海水温が高いままなので水温に関しては不安なし。潮回りは中潮だが明日から小潮になるので緩んではきているはず。天気は曇り予報ではあるが日中は日差しありとのこと。最高ではないが釣れない条件ではないと判断し、羽田・かみやからメバルカサゴへ。この釣りは1年半ぶりだが胴付き仕掛けで根歩きする釣りなので、水深もオモリの重さも1/10になってはいるが、アカムツとやることは変わらない。アカムツだって釣れたんだからメバルならばと甘くみた。目標は25センチ超の熟メバルを家族分の4匹。冬の東京湾随一の癒しの釣りを楽しむつもりだったのだが……。

■1年半ぶりのメバル釣り。太極拳の根歩き誘いで良型ゲットのはずが…

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!なぜかメバルの仕掛けは自作しない。江戸前エビメバルを使った。捨て糸が60センチあるのはさすがに長すぎると判断し15センチほど詰めて45センチにする。狙いはメバルなので一番下の針が海底に着かないようにする。餌はモエビで、暖冬&高水温の影響かこの時期のモエビにしては大きなサイズのものが混じってくれているのがうれしい。顔だけw怖い船長から「30分ほど走る」とのアナウンスがある。凪はよさそうだが予報通り日が差し始めた。空が明るいとメバルが底から離れなくなってメバルカサゴの泳層が同じになり釣り分けが困難になる。ここで初めて苦戦の予感。
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!最初のポイントは海ほたる周辺だった。3本針それぞれに尾を切ったモエビを装餌して、振り込むようにして投入する。オモリが着底したら軽く穂先がおじぎするように糸ふけを取ってしばらく待機。10秒くらい待ったらオモリを30センチくらい持ち上げて置きなおして根歩きする。勝負が早い魚なので食い気のある魚がいれば置き直したらすぐに魚信がでる…はずなのだが、でない。何度か根歩きしたら大きく竿を持ち上げてゆっくり下げていく。上から落ちてくる餌を意識しているメバルにモエビの存在をアピールする。顔だけw怖い船長が背後で「これは厳しいな」とぽつりともらす。このポイントで釣れたのはカサゴが2匹だけ。両方手乗りサイズだったので海面にたたきつけてリリース。
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!

■メバルは最大20センチ。カサゴは最大18センチでどうもならーーん

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!海ほたるのポイントはすぐに見切りをつけて「本牧に向かいます」とのアナウンス。数が釣れる主戦場的なポイントだ。まずは魚をクーラーに入れて一安心してからという作戦だったと思われる。本牧沖での何か所めかのポイントで、ようやくちょっとこましな魚信がある。巻き上げ中にも引く。20センチとぎりぎりキープサイズのメバル。続いてこれまた20センチくらいのアジが釣れて取りあえずキープ魚2匹目。メバルは18センチ以上をキープと決めている。残念なことにこの日釣れたキープサイズのメバルは最初の1尾だけ。ほかに10センチ、16センチが釣れた。16センチは持ち帰ろうかと悩んだが食べられる身の量を考えるとかわいそうなのでリリースした。
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!釣果報告に「メバル欲しさで中型カサゴまでリリ-ス」と書かれてしまったが、熟メバルが本命のへた釣りにとってカサゴはあくまでもゲストという位置づけ。美味しそうなサイズに満たないものはいらない。22、3センチくらいからキープと決めている。この日は釣れども釣れども手のひらに乗せられるようなサイズのカサゴばかり。ほぼ全部悩むことなくリリースした。2匹だけ持ち帰る魚がなくなるのを恐れてバケツに放したが…クーラーに入れる前に大きさを計測してみると18センチと16センチ。本日最大のカサゴである18センチのものは弱っていたのでお持ち帰りし、16センチはエア抜きすると立ち直ったのでお帰りいただいた。というわけで2020年のメバル開幕戦は2匹とド貧果に沈む。1年半ぶりなので釣り方を忘れてしまったのか、それともどうにもならない日だったのか……。
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!


Twitter

2020年02月29日 20:22

« 新型肺炎禍の中釣りに行っていい? かみやメバカサかな | メイン | 【動画】これがかみや推奨のカサゴのリリース法なのです »

最近の釣りに行った記事

シマアジは俺のこと大嫌いみたいだ。コマいのが1匹だけ
妻ノーピクで闇墜ち&僕もカイワリ2匹だけでデート失敗
庄吉丸の下に15匹目のオニカサゴ…でも16匹目はおあずけ
萬栄丸半夜クロムツで自己最多を27匹&最大を38センチに
山下丸アマダイ初挑戦は良型獲れずも5匹釣れてまずまず
久里浜ウィリー五目…ワラサとサバフグに邪魔され大苦戦
バラシ多数で大苦戦。でも25センチ級カイワリ2匹を独占
悲願の妻アジ30匹チャレンジは42匹でクリア…ど、同数!!?
海堡で順調→竹岡砂漠→海堡に戻りカワハギ開幕戦は11匹
…………………………………………………ノーピクだった
萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん
小サバ湧いてカイワリお留守。カンパチはいてくれたよ~
新山下デビュー戦は美味しいサイズのベイブリアジ17匹♪
25cmが小さく見える尺超え×2で夏カイワリ攻略の糸口!?
ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと
タコを釣ったらキャーキャー騒ぐへたれなおっさんが8杯♪
本日、大人はウィリーにおさわり禁止…カイワリほげたぞ
居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹
天秤&仕掛けを和彦丸SPにしてシロギス58匹でにんまり
アカムツどころか魚信が一度もなく城ヶ島沖で大撃ち~ん
暑さとサバに無口になるも船長冴えててカイワリを9匹!!
あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然

著者: へた釣り