釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!魚だって命がけ、甘く見ていると予期せぬ大惨敗をくらう。2月1日に開幕した東京湾奥のメバル。釣れる日の条件を吟味して釣行するのが楽しいが、昨年は熟考しすぎてやらず仕舞いに。本日はベストな条件ではないが、爆釣は無理でも釣りにはなるだろうと釣行を決断したが…轟沈。

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!今年は海水温が高いままなので水温に関しては不安なし。潮回りは中潮だが明日から小潮になるので緩んではきているはず。天気は曇り予報ではあるが日中は日差しありとのこと。最高ではないが釣れない条件ではないと判断し、羽田・かみやからメバルカサゴへ。この釣りは1年半ぶりだが胴付き仕掛けで根歩きする釣りなので、水深もオモリの重さも1/10になってはいるが、アカムツとやることは変わらない。アカムツだって釣れたんだからメバルならばと甘くみた。目標は25センチ超の熟メバルを家族分の4匹。冬の東京湾随一の癒しの釣りを楽しむつもりだったのだが……。

■1年半ぶりのメバル釣り。太極拳の根歩き誘いで良型ゲットのはずが…

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!なぜかメバルの仕掛けは自作しない。江戸前エビメバルを使った。捨て糸が60センチあるのはさすがに長すぎると判断し15センチほど詰めて45センチにする。狙いはメバルなので一番下の針が海底に着かないようにする。餌はモエビで、暖冬&高水温の影響かこの時期のモエビにしては大きなサイズのものが混じってくれているのがうれしい。顔だけw怖い船長から「30分ほど走る」とのアナウンスがある。凪はよさそうだが予報通り日が差し始めた。空が明るいとメバルが底から離れなくなってメバルカサゴの泳層が同じになり釣り分けが困難になる。ここで初めて苦戦の予感。
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!最初のポイントは海ほたる周辺だった。3本針それぞれに尾を切ったモエビを装餌して、振り込むようにして投入する。オモリが着底したら軽く穂先がおじぎするように糸ふけを取ってしばらく待機。10秒くらい待ったらオモリを30センチくらい持ち上げて置きなおして根歩きする。勝負が早い魚なので食い気のある魚がいれば置き直したらすぐに魚信がでる…はずなのだが、でない。何度か根歩きしたら大きく竿を持ち上げてゆっくり下げていく。上から落ちてくる餌を意識しているメバルにモエビの存在をアピールする。顔だけw怖い船長が背後で「これは厳しいな」とぽつりともらす。このポイントで釣れたのはカサゴが2匹だけ。両方手乗りサイズだったので海面にたたきつけてリリース。
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!

■メバルは最大20センチ。カサゴは最大18センチでどうもならーーん

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!海ほたるのポイントはすぐに見切りをつけて「本牧に向かいます」とのアナウンス。数が釣れる主戦場的なポイントだ。まずは魚をクーラーに入れて一安心してからという作戦だったと思われる。本牧沖での何か所めかのポイントで、ようやくちょっとこましな魚信がある。巻き上げ中にも引く。20センチとぎりぎりキープサイズのメバル。続いてこれまた20センチくらいのアジが釣れて取りあえずキープ魚2匹目。メバルは18センチ以上をキープと決めている。残念なことにこの日釣れたキープサイズのメバルは最初の1尾だけ。ほかに10センチ、16センチが釣れた。16センチは持ち帰ろうかと悩んだが食べられる身の量を考えるとかわいそうなのでリリースした。
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!釣果報告に「メバル欲しさで中型カサゴまでリリ-ス」と書かれてしまったが、熟メバルが本命のへた釣りにとってカサゴはあくまでもゲストという位置づけ。美味しそうなサイズに満たないものはいらない。22、3センチくらいからキープと決めている。この日は釣れども釣れども手のひらに乗せられるようなサイズのカサゴばかり。ほぼ全部悩むことなくリリースした。2匹だけ持ち帰る魚がなくなるのを恐れてバケツに放したが…クーラーに入れる前に大きさを計測してみると18センチと16センチ。本日最大のカサゴである18センチのものは弱っていたのでお持ち帰りし、16センチはエア抜きすると立ち直ったのでお帰りいただいた。というわけで2020年のメバル開幕戦は2匹とド貧果に沈む。1年半ぶりなので釣り方を忘れてしまったのか、それともどうにもならない日だったのか……。
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!


Twitter

2020年02月29日 20:22

« 新型肺炎禍の中釣りに行っていい? かみやメバカサかな | メイン | 【動画】これがかみや推奨のカサゴのリリース法なのです »

最近の釣りに行った記事

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた
イサキ開幕戦は尺級5匹込み23匹。でも剣崎は撃ちーん!
復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…
【コロナで自粛】試行錯誤で美味しく! 日田風焼きそば開店
【コロナで自粛】大阪の居酒屋の味を求め串揚げやさん開店
【コロナで散財】美味い乾麺のそば番外編。ほうじ茶蕎麦編
【コロナで自粛】大阪の匂いに包まれお好み焼き屋さん開店
【コロナで自粛】子供1号バイト先より肉着弾し焼肉屋開店!!
【コロナで散財】一番美味い乾麺のそばを探す。天狗そば編
【コロナで自粛】陽気がよいので玄関先で焼き鳥屋さん開店
【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!

著者: へた釣り